* menu
閉じる

観光観光

2016.02.26

歴史を感じながらさっぱり銭湯
サービス充実のスーパー温泉

writer : くばのり

新宿の早朝風景
深夜バスを利用して東京着が早朝になってしまった。また、友人との飲み会やカラオケでつい明け方まで盛り上がってしまった。そういう経験、いちどはあるのでは?始発にはまだ時間があるけれど、どこかでゆっくりリフレッシュしたい。そんなときに便利なのが、早朝から利用できる銭湯や温泉施設です。歴史ある銭湯から24時間のスーパー銭湯まで、のんびりできる場所をご紹介しましょう。

朝6時から開いている!羽田空港からアクセス抜群の銭湯

東京で早朝から開いている銭湯は少ないのですが、大田区にある「幸の湯」は朝6時から営業。しかも、薄い茶褐色の天然温泉の銭湯!温泉の他にも、サウナ(有料)や電気風呂、気泡風呂、ジェットバスに露天風呂など、バリエーションも豊富です。中でも女性におすすめなのがアロマサウナ。日替わりでハーブの香りを楽しめます。手ぶらで行ってもお風呂を楽しめる“手ぶらセット”も販売しています。幸の湯は京浜急行空港線の「糀谷駅」より徒歩5分。羽田空港への通り道でもあります。

京浜急行「平和島駅」からワンコインバスで3分の天然温泉

24時間営業の「天然温泉平和島」は、1日150t湧出する都内屈指の天然温泉。食塩泉で保湿効果が高く入浴後は肌がしっとりすべすべに。大浴場のほか、高濃度炭酸泉などバラエティ豊かな浴槽もあり、24時間いつでも楽しい温泉タイムが味わえます。
天然温泉平和島 エントランス
天然温泉平和島 温泉画像

東京観光の始まりや終わりはお風呂でスッキリ

天然温泉平和島では多彩なメニューが用意されています。3,500円の深夜パックは、羽田空港への夜間の送迎バスが付いた「Welcomeコース」と「Flightコース」、予約不要で20時〜翌朝10時まで滞在できて朝食が付く「Stayコース」の3種類。ニーズに合わせて便利に使えそうですね。
HP:http://www.heiwajima-onsen.jp
天然温泉平和島 送迎バス

21時間営業!?仮眠もとれるスーパー銭湯

長旅で疲れているけれどホテルを取るほどではないし、漫画喫茶では疲れがとれないし。そんな時便利なのがスーパー銭湯。深夜から翌朝まで過ごせて仮眠室やサウナなど、充実した施設でリラックスできます。

都心のスーパー銭湯は駅からのアクセス抜群!

「神田アクアハウス江戸遊」は秋葉原、御茶ノ水駅より徒歩5分のスーパー銭湯。女性専用のラウンジもあり、女性も安心して仮眠が取れます。レンタル毛布で冬も暖か。コンセント席も用意してあります。お風呂のみの利用は3時間460円のお手頃さが嬉しいですね。深夜利用は、6時間サウナコースで1,780円。お風呂の他に食事処もあるので快適に過ごせます。
神田江戸遊外観
神田江戸遊ラウンジ

お風呂の後はゆっくり睡眠が取れるカプセルホテル

御徒町にある「スパリゾートプレジデント」は、カプセルホテルとサウナと大浴場を兼ね備えた施設。宿泊できるキャビンタイプのお部屋は、ベッドが210cmと大きく、ゆったりとくつろげます。
スパリゾートプレジデント 浴場
スパリゾートプレジデント カプセルホテル
入場料金のみで利用できるリラクゼーションルームでは、フルフラットシートにそれぞれ液晶テレビ付き!横になれる仮眠ルームもあり、リーズナブルな価格でゆとりのひとときが味わえます。東京観光で疲れた体を癒すのにいかがでしょう。
HP:http://spa-resort-president.jimdo.com
スパリゾートプレジデント フラットシート

ほかにもあります、都心でリラックスできるお風呂

新宿、秋葉原、新橋の駅至近の「安心お宿」は男性専用のカプセルホテル。スペースも広く、無料で利用できるサービスがたくさんあります。
安心お宿外観正面口
安心お宿人工温泉

スマートポイント

  • スパリゾートプレジデントでは、宿泊前の荷物預かりもフロントでしていただけます。人気のフットマッサージは予約するのが安心です。
  • スーパー銭湯やカプセルホテルは駅から近くにあります。パソコンや漫画が置いてあるところも多いので、リラックスするなら漫画喫茶よりもオススメです。
  • 旅行は疲れが溜まっては楽しめません!ぜひ銭湯や温泉でリフレッシュして観光に出かけてください。

ライターのおすすめ

お一人様に人気のカプセルホテル。男性用のホテルが多く、女性は敬遠しがちですが、最近では完全分煙や女性専用ラウンジが設置され、より利用しやすくなっています。アメニティも充実。女性でマッサージや大浴場などが好きな人でしたら、ビジネスホテルより快適に過ごせるかも。

くばのり

福岡出身。ディズニーを愛する上京して4年目の女子大生。人気店へは並んででも行きたい!休日は友人達と食べ歩きやお買い物へ繰り出しています。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0