* menu
閉じる

観光観光

2016.10.10

大雪山系を望む最高に美しい庭
「大雪 森のガーデン」

writer : 石渡裕美

北海道ガーデン街道のなかで一番新しく、2014年4月にグランドオープンした「大雪 森のガーデン」。700品種以上の草花が咲く「森の花園」、自然のままの地形と木々を活かした「森の迎賓館」の2エリアからなります。世界的なフレンチの巨匠・三國清三シェフが地元食材を生かしてプロデュースするグルメも見逃せません!
大雪 森のガーデン

上野砂由紀さんプロデュース。四季折々に美しい「森の花園」

旭川市街から層雲峡方面に向かって車で約1時間、美しく雄大な大雪山連峰を望む丘陵地帯に造られた庭が「大雪 森のガーデン」です。センターハウスで受付を済ませてガーデン内に入ると、パーッと開けた視界がお出迎え。人気ガーデナー・上野砂由紀さんがプロデュースし、700品種以上もの草花が植えられた「森の花園」です。ここは5つのテーマガーデンに分かれています。
森の花園
まずは春が見ごろのエゾエンゴサクや初夏が見ごろのエゾスカシユリなど、大雪山で見られる高山植物や北海道自生種に出合える「大雪な庭」へ。素朴で可憐な花々に心を癒やされます。
エゾエンゴサク
その奥にはあるのは「四季のすみか」。春・夏・秋、それぞれの季節を司る妖精が住んでいるイメージをふくらませてデザインされ、春のプルモナリア、夏のカンパニュラ、秋のアステルなどが入れ代わり立ち代わりに見ごろを迎えて、シーズンごとにまったく異なる表情です。毎月訪れたくなりますね!
四季のすみか

見て触れて香りを感じて楽しむ、神々が遊ぶ花園

葉や花が地面をはうように育つ「花の泉」を抜け、「親しみの庭」でローマンカモミールの香りをかいだり、ふわふわのラムズイヤーに触れて楽しんだ後は、フィリペンヅラやエキナケアなどダイナミックな大型植物やハーブ、野草、グラス類で構成される「カムイミンタラ」へ!
カムイミンタラとはアイヌ語で「神々が遊ぶ庭」の意味。色鮮やかで華やかな花々が咲き乱れる風景を眺めるのは、まさに天国の花畑のいるような夢見心地の気分です。
神々が遊ぶ庭
色鮮やかで華やかな花々が咲き乱れる風景

落ち着いた雰囲気の中で時を忘れてくつろげる森林も

森の花園奥の小道を抜けると「森の迎賓館」です。ここは花園とはうってかわった落ち着いた雰囲気。起伏に富んだ地形をそのままに活かした緑豊かな森で、「森のゲートウェイ」「森の絨毯」など、こちらも5つのテーマガーデンに分かれていて、ところどころにベンチや休憩コーナーも設けられています。澄んだ空気のなかで森林浴を楽しみ、疲れたら休憩。最高の幸せですね!
森の花園奥の小道
森の迎賓館
エンレイソウ、シラネアオイ、エゾリンドウなど北海道の自生種約70種を集めた「森の博物園」は、ナチュラルな雰囲気でほっと心が和み多ます。木陰のテラスから遠くのびやかに広がる田園風景を一望する「癒やしの谷」のデッキチェアでくつろげば、いつまでも動きたくなくなりますよ。
木陰のテラス

地元食材を使った極上グルメも楽しめます!

グルメも楽しみです。フレンチの世界的巨匠・三國清三氏と、北海道イタリアンの先導者・堀川秀樹氏がタッグを組んだ「フラッテロ・ディ・ミクニ」では、大きな窓から大雪山連峰の絶景を眺めながら地元食材をふんだんにつかった料理を味わえて、最高に優雅な気分。宿泊可能な「ヴィラ」もあります。レストラン横からの大雪山系の眺望も最高! ほかの場所では味わえない開放感です。
フラッテロ・ディ・ミクニ
大雪山連峰の絶景
ガーデンのセンターハウス横には「フラッテロ・ディ・ミクニ」がプロデュースする「森のガーデンカフェ」もあり、「上川発北海道スープカレー」(1600円)などの食事や、北海道牛乳を使ったソフトクリーム(300円)、ジェラートが楽しめます。
上川発北海道スープカレー
北海道牛乳を使ったソフトクリーム
美しい草花と北海道の大自然、地元食材を活かした絶品グルメが楽しめるこのガーデン。「大雪山系で最も美しい風景のなかに描かれた庭」とも称されるとっておきの空間で、忘れられない一日を過ごしてみませんか。
美しい草花
大自然と美しい草花

スマートポイント

  • 「森の花園」の「カムイミンタラ」は夕方がオススメ。西日が当たると、いっそう美しさを増します。雨上がりにはさらにしっとりと趣を増します。
  • 「癒やしの谷」も夕方がベスト! 木々の隙間から広がる畑と山々の景色が楽しめます。閉園間際の時間帯になると人も少なく、夕陽のなかで絶景の独り占めができますよ。
  • ショップやレストランのみ利用の場合、入園料は不要です。ショップにはお土産にも最適なオリジナルグッズ、ガーデニンググッズが揃っています。

ライターのおすすめ

「野草」の美しさをしみじみ感じられるのがこのガーデンの魅力。まずは入り口すぐの「大雪の庭」をじっくり見てみて! 華やかさはなくても可憐な花々に、やさしい気持ちになれますよ。

石渡裕美

東京下町から札幌に移住して早20年。北海道LOVE、特に日高・十勝・函館が大好きです。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0