* menu
閉じる

観光観光

2021.08.18

「訪れたい坂日本一」に輝いた
函館湾を見渡す八幡坂の景色

writer : 金子 美里

北海道函館市は「坂の街」とも呼ばれ、元町エリアをベイエリアに向かって直線に走る数々の坂は、海と街を見渡す景色が楽しめる観光地として知られています。なかでも知名度NO.1といえば、八幡坂(はちまんざか)です。

八幡坂からの景色

眼下には、函館湾の景色。かつては青函連絡船として活躍して、現在は保存・展示がされている「函館市青函連絡船記念館摩周丸」もよく見えます。
さらに、周囲を見渡せば異国情緒あふれる元町の教会群、見上げれば函館山。函館市の観光地をまるごと楽しめるロケーションは、贅沢そのもの。その美しい光景を写真に収めようと、季節や時間を問わず多くの観光客がカメラ片手に訪れます。人気の観光地を、ゆっくりお散歩しませんか?

国内旅行はジェイトリップ

※こちらは、公開日が2016年6月16日の記事となります。更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

ベイエリアをまっすぐにのびる、観光名所の坂

数ある観光地として有名な函館市の坂のなかでも、ぜひ訪れたいのが八幡坂。日本経済新聞の「なんでもランキング」で、訪れたい坂日本一にも選ばれるほど、景色や雰囲気が抜群の観光地です。

坂の途中

赤レンガの倉庫が並ぶベイエリアから海に沿って西へ向かうと、目の前に一直線にのびているのが、八幡坂です。目線を上げると、その先には函館山が。

坂の標識

元町エリアへ続く八幡坂は、その名の通りかつては函館八幡宮に繋がっていました。1880(明治13)年、大火によってお宮は移設されましたが、坂の名称だけは残されています。
全長270mの道路には、石畳が敷き詰められてレトロでお洒落な雰囲気。両脇の歩道も石の階段になっていて、景色にアクセントを加えます。

街並みと海を堪能できる絶景に酔いしれよう

一番の見どころは、なんといっても坂の上からの風景。函館湾までまっすぐ、さえぎるもののない爽快な眺めが楽しめます。道幅中央に立つと、ちょうど目線の先には、青函連絡船として活躍した摩周丸が。海を挟んで向こうには、函館市の市街地が広がります。

坂からの海の景色

晴れれば遠くの山々までくっきりと見え、すがすがしい気持ちに。坂は電車通りと交差しているので、趣ある市電の車両がのんびり横切れば、さらに旅情をかきたててくれること間違いなし。

印象的な八幡坂は、函館市の観光PRポスターやガイドブック、映画やドラマなどのロケ地としても使われています。
なかでも、食器用洗剤のCMのロケを行ったことはとくに有名。その影響で、八幡坂の知名度が一気に全国区になり、一時は「チャーミーグリーンの坂」と呼ばれていたことも。
函館市は坂が多いので、函館市民でも坂の名前は覚えきれない…今でも「八幡坂」という正式名称よりも、「チャーミーグリーン坂」の方がすぐにピンとくる方が多いくらいです。

八幡坂

爽やかな眺めは、記念撮影スポットとしてもぴったり。昼だけでなく、夜景もかなり魅力的です。
また、冬の夜は深々と降る雪とイルミネーションがとても幻想的。
昼夜、四季で表情を変えるので何度でも訪れたくなります。

国内旅行はジェイトリップ

周囲には観光スポット満載。寄り道しながら楽しめる

観光地が集中する元町エリアに繋がる道のため、周囲には見どころがいっぱい。坂の上から、ロープウェイ山麓駅のある西へ進めば、風見鶏の屋根飾りが印象的な元町カトリック教会はじめ、異国情緒あふれる教会群が。
函館の教会
異国風の建物
逆に東に足を向けると、旧函館区公会堂や元町公園もあります。元町公園から続く坂は「基坂」。八幡坂から見下ろす景色とはまた異なった港町の風景は、見ごたえ十分です。
元町珈琲店
元町珈琲店内
さらに坂の途中には、元町の雰囲気に溶け込むおしゃれなショップが点在。深入りにこだわった自家焙煎のコーヒーを味わわせてくれる元町珈琲店など、レトロで落ち着けるカフェもあるので、歩き疲れたときのひと休みに、立ち寄ってみては? 
元町珈琲の一杯
ただ景色を楽しむだけでなく、気持ちのおもむくままに寄り道しながら、のんびり散策するのもいいですね。

国内旅行はジェイトリップ

さらにひと足伸ばして、道内最古の神社へ

この坂の頂上にある函館西高校を左手に、さらに細い坂を上っていくと、大きな鳥居が見えてきます。さらに進むと石の階段の先に、木々に囲まれた趣きある船魂(ふなだま)神社の社殿が。ここは北海道最古の神社と呼ばれ、800年を超える歴史を持つ、隠れた名所です。
船魂神社鳥居
船魂神社境内
起源は、平安時代の1135(保延元)年。船の安全や大漁祈願などを願う神社として「ふなだまさん」の愛称で、地元の漁師などに長く親しまれてきました。
神社水呑場
なんと、源義経が兄の頼朝から逃れ、ここに上陸したという伝説もあります。境内には、のどの渇き切った義経一行に、水の湧く場所を示した童子が立ったという童子岩も。
船魂神社からの眺め
境内からは函館湾全体が見渡せる、晴れやかな風景。坂道を上った疲れもいっぺんで吹き飛びます。

雰囲気も景色も満点、見どころもいっぱいの八幡坂。ゆっくり休み休み歩きながら、坂の周辺や函館の街並みを楽しむには、ぴったりの名所ですよ。

国内旅行はジェイトリップ

スマートポイント

  • 視界の開ける昼だけでなく、夕方や夜の眺めもそれぞれに魅力的。また、晴れた日はもちろん、雨に濡れた石畳のつやめきや雪景色も趣があります。天候や時間、季節によって違った眺めを楽しもう。
  • 12月のクリスマスファンタジーの期間中は、街路樹にイルミネーションが施され、いっそう幻想的な夜景に。道路はロードヒーティングになっているので、冬でも路面に雪がなく安心して上れます。
  • ベイエリアや元町教会群など、さまざまな観光名所へのアクセスも抜群。ストロークの長い坂ではありますが、途中にお洒落な店もあるので、散策しつつ眺めを満喫して。

ライターのおすすめ

坂のさらに上にある船魂神社は、神社仏閣好きならぜひぜひ訪れてほしい名所です。歴史の深さが感じられて、パワーをもらえそう。 ちなみに、神社と隣り合う函館西高校は、演歌歌手の北島三郎さんや、作家でミュージシャンの辻仁成さんの母校でもあります。

金子 美里

フリーランスライター。地元情報誌の編集として勤めたのち独立。現在は観光情報誌や旅行雑誌などに執筆。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
15+