* * menu
閉じる

1日

札幌から日帰りで楽しめる!
冬の小樽1日観光プラン

writer:編集部(2018.06.26)

小樽運河
提供写真:小樽観光協会

冬の小樽は、ライトアップイベントや、冬限定グルメなど魅力がいっぱい!札幌市内から車で約45分、札幌駅から快速エアポートに乗って約30分。日帰りで気軽にいける、小樽での1日の過ごし方をご紹介します。

1日目
  • 10:00~
    120分
    おたる水族館

    寒い冬でも海獣ショーは必見!見応えがありますよ

    冬の小樽を楽しむ日帰り観光の始まりです。まずは小樽駅から車で約25分、おたる水族館に行ってみましょう。セイウチやトドなどの迫力満点の海獣ショーも見ることができます。ショーは次々に行われるので、事前に調べてから行くのがオススメ!イベントスケジュールは公式HPから確認できます。

    スポット名 おたる水族館
    住所 北海道小樽市祝津3丁目303番地
    営業時間 2022年 3月12日~10月16日
     9:00~17:00(最終入館 16:30)
    2022年10月17日~11月27日
     9:00~16:00(最終入館 15:30)
    冬期営業
    2021年12月11日~2022年2月23日
     10:00~16:00 (最終入館 15:30) 夜間延長
    2022年7月16日~7月18日、2022年9月17日~9月19日、9月23日~9月25日
     9:00~20:00(最終入館 19:30)
    定休日 2022年2月24日~2022年3月11日
    2022年11月28日~2022年12月16日
    このスポットの詳細を見る
  • 車 20分
    12:20~
    60分
    海鮮食堂澤崎水産

    冬の北海道で鮮度が自慢の海鮮を!

    運河近くにある小樽出抜小路(でぬきこうじ)には、海鮮料理やジンギスカン、スイーツなどのお店が15軒。その中の1軒、澤崎水産は自社工場で加工した自家製イクラや、朝ゆでのカニなど、鮮度抜群の海鮮料理を堪能できる人気の料理店です。全国からのリピーターも多いとか。

    スポット名 海鮮食堂澤崎水産
    住所 北海道小樽市色内1丁目1小樽出抜小路
    営業時間 午前11時〜午後8時00分
    定休日 夏期(5〜10月)無休、冬期(11月〜4月)木曜日
    このスポットの詳細を見る
  • 徒歩 5分
    13:25~
    60分
    小樽出世前広場

    小樽の歴史と北海道の冬の珍味をまとめて堪能

    小樽の寿司屋通りから堺町通りに入ってすぐの場所に、ひときわレトロな雰囲気を醸し出す小樽出世前広場があります。ここは小樽の歴史がギュッと凝縮された場所。タイムスリップしたかのような広場内には、北海道の冬の珍味「たちかま」料理の専門店もあるので、お腹に余裕のある方はぜひお立ち寄りを!

    スポット名 小樽出世前広場
    住所 北海道小樽市堺町2番12号
    営業時間 午前11時~午後9時(惣吉も同じ)
    定休日 なし(年末年始12月31日~翌年1月3日は休業)
    このスポットの詳細を見る
  • 徒歩 10分
    14:35~
    40分
    北一ヴェネツィア美術館

    冬でも心はほっこり 北海道で優雅に貴族タイムを満喫!

    小樽市にある北一ヴェネツィア美術館は、水の都ヴェネツィアの「グラッシィ宮殿」をモデルに作られた、貴族文化を紹介する美術館です。館内には華やかで優雅な貴族の生活様式や、様々なヴェネツィアガラスの作品が展示されています。貴族の衣装を着て記念撮影ができる衣装文化体験コーナーや、カフェもあります。ひとときの貴族タイムを楽しみましょう。

    スポット名 北一ヴェネツィア美術館
    住所 北海道小樽市堺町5番27号
    営業時間 午前8時45分~午後6時(入館は午後5時30分まで)
    定休日 年中無休
    このスポットの詳細を見る
  • 徒歩 5分
    15:20~
    60分
    北一ホール

    ランプの灯りに冬の寒さも忘れる至福の時間

    北一硝子三号館にあるカフェ「北一ホール」。営業中は電気つけず、167個の石油ランプが店内を照らします。そんなロマンあふれる店内ではスイーツやコーヒーなどカフェとして楽しむことができます。まるで映画のようなロマンチックな空間で、まったりしていきませんか。どの席に座ってもランプの美しさを楽しめますが、店内一番奥の中央席が特等席です。

    スポット名 北一ホール
    住所 北海道小樽市堺町7-26北一硝子三号館
    営業時間 10:00〜18:00
    ※最新の営業時間については公式ウェブサイトよりご確認ください
    定休日 なし
    このスポットの詳細を見る
  • 徒歩 15分
    16:35~
    60分
    新南樽市場

    北海道の旅で市場巡りは楽しみのひとつ

    ランプの灯りに癒されたら、次はツウな観光客が足を運ぶ穴場へ移動です。地元客で賑わう新南樽市場では、24店舗のうち、鮮魚店が9店舗、水産加工販売が2店舗と港町らしく魚介類がメイン。冬はカレイやタラなど旬の魚が並びます。地元客が半数を占めるだけあって価格も良心的!市場内をめぐって品ぞろえや価格を比べてみましょう。

    スポット名 新南樽市場
    住所 北海道小樽市築港8番11号
    営業時間 9:00~18:00
    定休日 水曜日
    このスポットの詳細を見る
  • 徒歩 15分
    17:50~
    90分
    小樽ビール 小樽倉庫No.1

    北海道のビアパブでビールを飲み干す

    小樽運河のシンボルとして運河沿いに立ち並ぶ石造りの倉庫群。その一角ある「小樽ビール 小樽倉庫No.1」は、小樽軟石造りの建物を活かしたビアパブ。ドイツビールと一緒に本格的な料理が楽しめます。運がよければ1年に1度しか仕込まない希少な銘柄が飲めるかもしれませんよ。冬の小樽運河沿いは雰囲気満点!最高のロケーションとおいしいビールで北海道の夜を楽しみましょう。(運転する方は我慢ですよ!)

    スポット名 小樽ビール 小樽倉庫No.1
    住所 小樽市港町5-4
    営業時間 午前11時〜午後11時
    定休日 年中無休
    このスポットの詳細を見る
  • 徒歩 5分
    19:25~
    60分
    小樽運河

    冬の小樽運河でロマンチックに包まれる

    提供写真:小樽観光協会

    日帰り観光の最終プランでは、冬でも外せない北海道随一の観光スポットを歩いてみましょう。夕方暗くなってくると運河沿いにある街灯が灯り始める小樽運河。特に冬は雪が街灯に反射するため、さらにきれいに見えます。冬期間限定で開催される小樽ゆき物語や、小樽雪あかりの路などライトアップイベントも開催されているので事前にチェックしてみてくださいね!

    スポット名 小樽運河
    住所 北海道小樽市色内2-8-7
    営業時間 9:30~日没(シーズンにより変動があります)
    定休日 なし
    このスポットの詳細を見る
  • 車 45分
    21:10
    札幌市内のホテル
札幌から日帰りで楽しめる!冬の小樽1日観光プラン
1日 全行程
1日目 10:00 おたる水族館 → 12:20 海鮮食堂澤崎水産 → 13:25 小樽出世前広場 → 14:35 北一ヴェネツィア美術館 → 15:20 北一ホール → 16:35 新南樽市場 → 17:50 小樽ビール 小樽倉庫No.1 → 19:25 小樽運河 → 21:10 札幌市内のホテル

JALで行く!国内ツアーは格安旅行のJ-TRIP

  • Facebookロゴ
  • Twitterロゴ
  • LINEロゴ
  • Pinterestロゴ
  • リンクをコピーする
  • この記事をシェアする
  • Facebookロゴ
  • Twitterロゴ
  • LINEロゴ
  • Pinterestロゴ
  • リンクをコピーする

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

24+