* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.12.23

体に馴染むコクのスープカレー
老若男女が訪れるカレー食堂心

writer : タカハシアキコ

スープカレーを札幌のソウルフードとして根付かせた先駆者のひとり、開賀津也(ひらき・かつや)さんが2001年にオープンした「カレー食堂 心 札幌本店」。イタリアンやフレンチで学んだ技法を生かした、フォンド・ヴォーのコクと旨み、そしてトマトの甘みと酸味を生かしたスープカレーは、極めてバランスのとれたまろやかなおいしさ。国内外の観光客だけでなく、地元のサラリーマンから小さな子ども連れのファミリーまで、さまざまな人たちに愛されています。
カレー食堂 心のスープカレー
有名人のサインがいっぱい書かれた壁
店内の壁にはゴスペラーズやPerfume(パフューム)、BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)やトレンディエンジェルなど有名人のサインがいっぱい。テレビや雑誌などメディアの取材も多く、海外からも熱い注目を浴びています。さあ、スープカレーが好きな人もそうでない人も、ぜひおすすめの「カレー食堂 心」へGO!

札幌駅からタクシーでワンメーター、スープカレーの老舗

「カレー食堂 心」の札幌本店は、地下鉄南北線さっぽろ駅から麻生方面の電車に乗り、二つ目の北18条駅で降りて徒歩約3分。札幌駅からは、北口でタクシーに乗ればワンメーターほどで到着します。
店舗入口
奥行きのある和モダンテイストの店内
北海道大学の東側にあるこのお店、パッと見た目は小さめですが、奥へと広くなっている造りで約60人が座れます。ちょっと和モダンテイストでシンプルなテーブル席、そして奥に二部屋ある座敷席はテーブル同士のゆとりがあって、小さな子ども連れにも安心。お店の裏には、8台止められる駐車場もあります。
奥にある座敷席

深いコクのフォンド・ヴォー、極めに極めた食材を使用

「カレー食堂 心」の命は、10時間以上かけて取るブイヨン。鶏ガラ、豚骨、牛骨にタマネギやブーケガルニなど、8種類の香味野菜と14種類の食材をじっくりと煮込みます。
10時間以上かけて取るブイヨン
食材の形がなくなるまで煮込み、丁寧に濾(こ)したブイヨンは、コラーゲンもたっぷり。そこに、たっぷりのトマトや、約20種類のスパイスを加えることで、洋食屋さんのシチューのようなコクのあるまろやかさと、爽やかな酸味を持った深みのあるスープが出来上がるのです。
じゃがいもは特別品種の「北海50号」
使う食材も、徹底したこだわりを見せるのが「心」流。人気のジャガイモは、一般では売っていない特別な品種の「北海50号」を採用。共和町の契約農家が、「カレー食堂 心」のためだけに作っているものです。お米は、皇室献上米にも選ばれたことのある、栗山町の後藤農場が育てた極上ななつぼしを使っています。

とり野菜のスープカレーは、あの番組でタモリさんも賞味

おすすめは、ブロッコリーやニンジン、ナス、カボチャなど17種類もの野菜とチキンレッグが入った「とり野菜のスープカレー」1,380円。(ランチタイム1,280円)。NHKのテレビ番組「ブラタモリ」でタモリさんも味わったそうです!
NHKのテレビ番組「ブラタモリ」での取材
「毎日のように食べられて、体に良いこと」をモットーに作っている心のスープカレーのなかでも、とくに栄養バランスに優れた、野菜盛りだくさんの贅沢メニュー。
一人分ずつ小鍋で作るスープカレー
たっぷりの野菜と一緒に注がれるスープカレー
丹念に下ごしらえされた野菜たち
スープカレーは、もちろんシェフが一人分ずつ小鍋で作っています。ゆでたり揚げたりと、それぞれの特徴を生かして丹念に下ごしらえされた野菜たちは、彩りも鮮やかで食べる前からワクワクしてきますよ。

食材の個性を生かしつつ、絶品スープで奏でるハーモニー

心のスープは、洋食店でいただく極上シチューのような深みと味わい。素材から引き出した甘さと旨みが溶け込んでいて、スパイスも主張し過ぎず、何回でも食べたくなるほどの絶妙な調和を保っています。
彩りも鮮やかな仕上がり
下ゆでした後に軽く素揚げしたイモは、スプーンやフォークで割っても崩れることがありません。しっとりとホクホクが両立した特注イモの味わいは、まさに新感覚。つやつやとした硬めのライスは、スープに浸してもベチャッとしないので、かむたびにお米のコシと甘さが際立って感じられます。どちらも、スープカレーによく合う!
ボリュームたっぷりな具材
ほかの具材も、スパイスや油のコクなどに寄りかかることなく、それぞれが本来持っているおいしさが味わえて、スープとの相性も抜群。辛さは1番から10番、追加料金で100番まで選べます。
選択できる辛さレベル
テイクアウトもできますが、「カレー食堂 心」の味を家までお持ち帰りしたい人には、レトルトのスープカレー(780円)も販売しています。
お持ち帰り用レトルトスープカレー
「実は苦手だったけれど、ここのスープカレーは美味しい!」というお客さんが多いのもうなずける「カレー食堂 心 札幌本店」。スープカレー好きさんはもちろん、初めてという人や、ちょっと苦手という人こそ、トライしてみてはいかがでしょうか。

スマートポイント

  • 午前11時30分から午後3時までのランチタイムは、スープカレーがちょっと安めのお値段で食べられます。黒ウーロン茶やアイスコーヒー、アップルジュースなどのセットドリンクもプラス180円で注文できます。
  • 小さな子どもがいる場合は、1杯をシェアして食べてもOK。お願いすれば、スパイスを別の器で出してくれるうれしいサービスもあります。ちなみにライスの大盛りは無料、スープ大盛りはプラス200円です。
  • オープンから午後1時30分ごろまでは混雑するので、待ち時間など余裕を持って行きましょう。この時間帯以降も混む日もあるので、あまり待ちたくない場合はランチタイムを避けて行くのが無難です。

ライターのおすすめ

お店は北海道大学の近くにあるので、スープカレーを食べた後はクラーク像やポプラ並木、北大総合博物館などキャンパス内を散策しながら札幌駅方面へ戻るコースもおすすめ。ヘルシーで爽やかな観光プランはいかが?

タカハシアキコ

北海道移住歴20年。亜熱帯の血を持つ寒がりライター。お手ごろで魅力的なモノやスポットを発掘すべく歩き回っています。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0