* menu
閉じる

二条市場

新鮮、美味な食材が集まる
札幌中心街の二条市場

writer:編集部(2017.05.09)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

二条市場は、テレビ塔や大通公園も近い札幌のど真ん中にある市場。中心街にあってアクセスもいいことから、気軽に足を運べる観光名所として知られていて、いつも活気いっぱい。カニや鮭をはじめ道内各地の魚介を中心に、青果、お土産品、お菓子を扱っている店が軒を連ねます。ほかにも、海鮮をリーズナブルに味わえる食堂などがあるほか、個性的な酒場がそろうのれん横丁も。昼と夜違った楽しみ方もできるスポットです。

Point1

札幌を見守ってきた老舗の市場

札幌を東西に分ける創成川沿いにある二条市場は、気軽に立ち寄れるアクセスのいい場所にあるため、多くの観光客が足を運ぶ市場です。レトロでノスタルジックな雰囲気があるこの市場のはじまりは、なんと明治初期。当初は石狩の漁師が自分たちのとったものを販売していましたが、そのうち評判が広がり少しずつ店舗が増え、いまのような姿に。二条市場は、街の真ん中で札幌の発展とともに歩み続けてきた歴史ある市場なのです。

Point2

海鮮からお菓子までお土産いっぱい

二条市場の一番の魅力は品ぞろえのよさ。店頭には、道内各地でとれた旬の食材がずらりと並んで、観光客の目を楽しませてくれます。とくにカニは、毛ガニやタラバガニなどの種類がそろっていて試食も可能。手軽に食べられる貝類はその場でお刺身にしたり、炭火焼きして食べさせてくれる店も。海鮮だけじゃなく水産加工品や珍味、旬の果物に野菜、さらにはお菓子など、お土産品がバラエティー豊かにそろって、市場歩きをするだけでも楽しいです。

Point3

買い物だけじゃなくグルメも

二条市場では、お土産品だけじゃなく、市場グルメもいろいろそろっています。鮮魚店や青果店などに人が訪れる昼間の時間帯には、海鮮丼が満喫できる食堂や人気の老舗ラーメン店で、北海道らしい味覚を満喫。日が暮れると、のれん横丁や市場と向かいあって立つ商業ビルのM’s二条横丁やM‘s EASTに入った個性的な飲食店に灯りがともって、昼のにぎわいから一転、ちょっぴり怪しく大人な雰囲気に。お酒とおいしい肴を味わって、楽しい時間を過ごせます。

スポット詳細

アクセス

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0