* menu
閉じる

お土産お土産

2016.12.25

オリジナルから厳選のものまで
キュートな鹿グッズならココ

writer : 磯本歌見

オシャレな鹿小物、オリジナルの鹿商品、目利きの店主が仕入れた小道具を扱う奈良の雑貨店「je et nous(ジュエヌ)」。2014年、旧東大寺境内の依水園近くの水門町へ引越し、土地柄外国人客も増えたそう。2016年8月には、2号店「PaPiER+(パピエブリュス)」がオープンし、ますますパワーアップしました。

鹿モチーフの雑貨ならおまかせ

雑貨店「je et nous(ジュエヌ)」店内
鹿モチーフの雑貨がたくさんあるジュエヌ
もともと鹿が大好きだったという店主の説田賀予さん。「ジュエヌ」には、オリジナルデザインのもの、各地から選りすぐった鹿モチーフの雑貨がたくさんあります。やすらぎの道沿いの雑居ビル4階にお店があったころから扱っていた吉野杉を使った鹿ハンガーや小鹿ハンガー、鹿のオブジェなどロングセラーの定番品は不動の人気。バッジ、ヘアピン、ボールペンなど修学旅行生に人気のリーズナブルなものから、大人の女性が好むペンダントやリング、ピアスなどのアクセサリーまで豊富に揃います。

主張しない鹿グッズが多い

鹿グッズ
鹿キーホルダー
商品の並ぶ棚
鹿といえば奈良、奈良といえば鹿だけど、観光地にはあんまりかわいい鹿グッズがない。雑貨好きな人たちにお土産用として、おしゃれな奈良の鹿グッズを提供したいと思ったのが、説田さんが鹿に特化したきっかけでした。説田さんが目指すのは「普段使い」。自分へのお土産に、さりげない奈良土産として、というのもコンセプトです。だから、ジュエヌの商品は、アピールしない鹿、[よく見たら鹿]的なものが多いのも特徴です。

昔懐かしい古道具も健在

古道具とポストカード
懐かしいもの
雑居ビルの4階から東大寺近くに引越ししたことで、お客さんの層が変わったそうです。店名がフランス語だということもあり、旅行シーズンにはフランス人をはじめとする外国人客で、日本語がほぼ聞こえない日もあるとか。外国人客に人気があるのは、やはり古道具とポストカードだそう。昔からジュエヌが大切にしてきた「懐かしいもの」も、商品バリエーションのひとつとして健在です。

オリジナルマップもかわいい

オリジナルマップ
店舗入り口
説田さんが大切にしてる思いは「奈良のよさをわかってほしい」ということ。鉄板の観光地はもちろん、例えば「東大寺は大仏もいいけど、二月堂、三月堂まで足をのばしてほしい」とか「県庁の屋上から見る奈良の景色は最高」だったり。自分なりのインフォメーションを入れたオリジナルマップを外国人向けにサービスしているそうです。かわいい鹿がたくさんちりばめられていておしゃれなイラストマップなので、額に入れて飾っておきたい感じです。

近鉄奈良駅構内に2号店がオープン

ジュエヌの2号店
かわいい鹿モチーフの雑貨
店の一角
2016年8月にジュエヌの2号店がオープンしました。場所は近鉄奈良駅の地下1階、東改札近くの「Time’s Place奈良」の一角です。バッジ、マグネット、ボールペンなど、かわいい鹿モチーフの雑貨がリーズナブルに提供されているので、お土産にぜひお求めを。また、こちらはオリジナルのポストカードやレターセットなど紙ものを充実させたお店として展開していくのだとか。店の一角には素敵な机があるので、このスペースを利用して旅先からお便りを出してほしいそう。粋な仕掛けですよね。

スマートポイント

  • 古道具はもちろんアクセサリーなどは一点モノも多いので、出合ったときが買い時。ぜひお求めを。
  • ラッピングもかわいいので、感激するはず。お楽しみに。

ライターのおすすめ

リーズナブルなものから少し高価なものまで、かわいいものからシックなものまで、いろいろな鹿グッズがそろいます。見るだけでもワクワクするし、店主・説田さんとのお話も楽しくて。超おすすめの雑貨屋さんです。

磯本歌見

関西最西端・忠臣蔵の故郷「赤穂」に住みながら、フットワークの軽さを活かして京阪神・奈良まで取材へ。仏像ガールでご朱印女子。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0