* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.12.27

黒門市場で長年愛され続ける
名店グルメのフルコースを紹介

writer : 田口真由美


大阪随一の繁華街・難波からも歩いていけるほど街中にある黒門市場は、くいだおれの街を支えてきた歴史ある市場。もともとは魚市場だったので鮮魚店が多いですが、創業120年以上の漬物店やフルーツショップなど、さまざまなお店が200店近く軒を連ねています。最近では海外の観光客からも注目を集め連日にぎやかですが、今回は特に地元の人に愛され続ける不動の人気グルメをフルコースでご案内します!

ふわふわの出汁巻きのような玉子サンド

まずは黒門市場北側、千日前通から入ってすぐのところにある喫茶店「コーヒーサンドイッチ おいで」の玉子サンドをご紹介。
ご夫婦で営む小さな喫茶店ですが、サンドイッチは商店街の人々も朝食やおやつに買っていきます。

その特徴は、なんといっても玉子の厚み。パンよりも分厚くてふわふわです。ちょっぴり塗られたマヨネーズとケチャップが玉子の甘味を引き立てます。コーヒーとセットで750円です。

肉屋ご自慢の揚げたてメンチカツ

次は全国から厳選した和肉を仕入れ、飲食店からも厚い信頼を寄せられている精肉店「黒門坂本」へ。こちらの名物はオーダーを受けてから揚げてもらえる、自家製のコロッケやミンチカツ。近所の主婦もおかずの足しに買っていきます。サクサク&ホクホクのコロッケは1個64円。ほんのりカレー風味で食欲をそそる味です。

マグロやふぐの専門店も! 新鮮な魚はもちろん充実

市場の中でも一番目を引くのが店頭に並ぶ新鮮な魚介類。観光客向けにいろいろな魚介類を小分けにした刺身や1個単位で焼きたてを楽しめる貝類など、その場ですぐに食べられるようにしている店も。

そのなかでも大阪ならではといえるのが、ふぐの専門店。「みな美」ではテッサやテッチリがその場で楽しめますよ。

手作りのお惣菜やあつあつおでんはほっとする味

ご飯によくあう煮物や和え物など、多彩な惣菜が並ぶのは「石黒食品」。40年以上守り続ける、おふくろの味が人気です。各お惣菜をご飯とセットにしたお弁当も500円ほどで販売しています。

よく味の染みた大根や玉子が湯気を立てるおでん鍋は、夏場以外はいつもあるとか。出汁がしっかり染みていて、大阪では関東煮(かんとだき)と呼ぶのがおなじみです。

老舗でしか出せない漬物の味を堪能

黒門市場で一番の老舗といわれる漬物店が明治30年創業の「伊勢屋本店」。代々受け継がれた糠床で仕込む糠漬けや粕漬け、浅漬けが並んでいます。

どれも旬の野菜を使い、寒い時期にはべったら漬け、みずみずしい茄子が取れる夏場には浅漬けと、季節感も大切にしています。利尻昆布などを使って自然の旨みで漬け込み、野菜の味わいも活かした味です。

ジュースやお菓子も“ほんまもん”が味わえます

市場には八百屋も何軒か軒を連ねていますが、高級クラウンメロンなど全国から厳選した旬のフルーツが充実しているのが「なべじ」。この店の人気は、食べごろの果物を使ったフレッシュジュースです。ほとんどのフルーツはすぐに食べられるようにその場でカットも可能です。

できたてのお餅や赤飯、和菓子が並ぶ「三都屋」は、黒門市場でかつて愛されていたお団子を復活させ「くろもんだんご」として販売。きな粉たっぷりの素朴な味です。

ほかにも天ぷら、カレー、ラーメンなど、ほんとうにさまざまなグルメが楽しめる黒門市場。舌の肥えた大阪の人々に愛され続ける歴史ある店には、やっぱり“ほんまもん”の味がありました。

スマートポイント

  • 市場の一角にはトイレが2ヵ所あります。無料休憩所もあるので、購入した食べ物はそこでゆっくり食べることができます。
  • 難波からも徒歩5分ほどと近いので、ミナミエリアの散策途中に立ち寄るのがおすすめ。
  • 以前は日曜定休の店ばかりでしたが、観光客に合わせて営業する店が多くなっています。土曜日が混み合いますが、平日でも海外の観光客でかなり混雑することも。平日の14時以降が比較的ゆったりと買い物できます。

ライターのおすすめ

フルーツショップ「なべじ」のフレッシュジュースは、商店街の人々も休憩時に買っていくほど。特にミックスジュースは、ゴールデンピーチやパイナップルなどフルーツ配合が絶妙で、老若男女問わず愛される味です。

田口真由美

愛知県出身。美味しい食べ物、歴史ある土地や建物、熟成したものが大好きなフリーライター。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0