* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.12.27

蔵を改装したおしゃれな空間で
野菜を味わう創作和食

writer : 松田きこ


昭和初期に建てられた蔵をリノベーションしたダイニング&イベントスペース。百余年の歴史と佇まいそのままに感じられるおしゃれな空間で、有機野菜や新鮮な魚介を使った創作和食が楽しめる。日本酒、焼酎、ワインの種類も多く、料理とお酒を味わいながら、さりげなく飾られた古い調度類を話しのタネに仲間と語り合うひととき。1階はテーブル席、2階は座敷、カウンターもあるので一人でも大勢でも便利に利用できる。裁判所に近く、界隈に弁護士事務所が多いため、弁護士さんやビジネスマンが隠れ家風に利用する店でもある。ステージのあるイベントスペースでは音楽ライブのほか、酵素ジュース作りのワークショップなど、食にまつわるセミナーも開催。

昔ながらの蔵が建ち並ぶ菅原町

店があるのは、大阪天満宮のお膝元、菅原町だ。地下鉄谷町線の東梅田駅から1駅、南森町駅から歩いて行けるこのエリアは「天満地区」と呼ばれ、その昔、川沿いに乾物業、酒造業、ガラス工業など、多くの問屋が並んでいた。今も町家や長屋、蔵など、伝統的な建物が残る情緒あるエリアだ。

民家にまぎれて、うっかり見過ごしてしまいそうな正面入口は小さな看板が目印。路地のような細い通路に店への期待が高まる。イベントスペース「雲州堂」側の入口には「株式会社雲州堂倉庫」と書かれた古い看板が今も残り、かつて、そろばん屋の蔵だったことを物語っている。

蔵の趣そのままに。レトロモダンな空間に心落ち着く


当時の梁や土壁がそのまま残された「雲州堂」。昼間はランチ席に、夜はイベントスペースに利用されている。ステージイベントでは音楽ライブが多く、芝居や落語などが催されることもある。古い蔵の音響効果と間近で見る舞台はぐんぐん心に響いてくる。

店続きになっている隣の蔵が「ダイニングIO?RI(イオリ)」。こちらは元は洋カラシ屋の蔵だった。天気のいい日は吹き抜けの空間にやわらかな日差しが差し込み、夜はやわらかい色の照明が灯る。アンティーク家具や小物が置かれた店内は、懐かしさを感じるレトロモダンな雰囲気だ。

ダイニングの2階は畳敷き。わざとむき出しにした梁が、いい具合に周りの席との隔たりを作っている。靴を脱いでゆっくり食事を味わおう。

作家手作りのタジン鍋で、地野菜の蒸し料理を堪能


野菜を使ったメニューが豊富なイオリで人気なのが、地野菜のタジン蒸しバーニャカウダソース(780円)。野菜は、もちろん季節によって変わり、大阪や兵庫など近郊の農家から直接仕入れた無農薬や減農薬のもの。この日は今話題のマコモ茸や、ズッキーニ、小カブ、バターナッツかぼちゃなどがおいしい温野菜に。色とりどりの野菜を特製のバーニャカウダソースでいただく。

実はこのタジン鍋、店横の陶芸教室で作られたオリジナル。ほどよく圧力がかかり、蒸気が中で対流することで素材の味が凝縮されるのだ。実用性だけでなく、ぽってりと可愛らしい見た目にも心が和む。タジン鍋のほか、器や酒器も手作りのものなので注目してみよう。

イオリ名物、和風ダシのおいしさがしみた鯛めし


イオリに来たら、必ずコレ!というリピーター続出のメニューが、鯛めし~タジン風土鍋炊き~(1,200円)。大きな鯛の頭がドーンと入った贅沢なメニューだ。見た目のインパクトに驚き、鯛と昆布のダシだけで炊いた土鍋ごはんは、和食の粋を表現したとってもやさしい味わい。

和食に合い、女性が喜ぶ果実酒が豊富


アルコールメニューも豊富で、なかでも果実酒のラインナップは女性好みだ。6種類の梅酒のほか、野菜と梅酒のお酒、じゃばら酒、りんご酒など試してみたくなるものがいっぱい。
レトロモダンでおしゃれな空間に、和食を中心としたおいしい料理という、女性のツボを心得た店。梅田からも近く、天満界隈の街並みを楽しむのと合わせて訪れたい。イベントに参加したい場合は、前もってHPからスケジュールをチェックしていこう。

スマートポイント

  • 実際に倉庫として使われていた昭和初期の蔵を、そのレトロな雰囲気を残してモダンにリノベーション。ぬくもりがある、おしゃれな創作ダイニングとしてよみがえった。
  • 料理は野菜中心の創作和食。季節の野菜や魚が、様々な調理法と味付けで登場する。同店で行われる陶芸教室の先生が作ったオリジナルの鍋や器にも注目したい。
  • ステージがあるイベントスペースでは、音楽ライブ、芝居、トークショーなどが開催され、大いに盛り上がる。
    開催予定は事前にチェックを。

ライターのおすすめ

むき出しの梁、太い柱、といった古い建物特有のレトロな雰囲気が素敵。味はもちろん、料理のコスパがよく、グループで行くならコース料理がおすすめ。最後のデザートまで満足のメニューが続く。

松田きこ

おいしいものを食べるのも作るのも大好き、お酒はもっと好き。取材の旅先で酒蔵や温泉を訪ねるのが趣味です。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0