* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.06.24

野菜を食べるカフェダイニング
NORTH SHORE

writer : 並河智子

カウンター席
大阪を中心に青果店を営む「hanafuru」が運営プロデュースするカフェ&ダイニング。その日の朝に市場から仕入れる、新鮮な野菜や果物をふんだんに使ったメニューが女性に人気を集めています。
テラス席
メニューはもとより、人気の理由はそのロケーション。土佐堀川に面したテラス席からは、川と目の前に浮かぶ中之島公園を眺めながら食事を楽しむことができます。梅田駅から地下鉄で1駅という都会にありながら、自然を感じて特別な時間を過ごせるお店です。7時~22時までと営業時間が長いのも、様々なシーンに使えておすすめ。

栄養満点のスーパースプラウトが入ったサンドイッチ

サンドイッチ
7時からのモーニングタイムにも注文できる、スプラウトベジタブルエッグサンド(1,000円~)はたっぷりの野菜をライ麦パンではさんだサンドイッチ。栄養価が高いとされるスーパースプラウトや、にんじん、パプリカ、トマトなどがぎゅうぎゅうにサンドされています。野菜と卵サラダが基本の具材で、チキンやツナ、シュリンプを追加したメニューも。小麦の香りのするライ麦パンは、ライ麦のつぶつぶの食感がアクセントになっています。

13種類以上の生野菜と果物がのるランチプレート

ランチメニュー
ランチメニューは曜日替わりで、土・日・月に食べられるのがフリフリグリルチキン(1,100円)。ガーリックや香草に1日漬け込んでマリネし、グリルでこんがり焼き上げた鶏肉と一緒に盛る野菜と果物は13種類以上というから驚き。ロメインレタスやわさび菜、レッドチコリ、ドラゴンフルーツなど、青果店がプロデュースするからこその珍しくて新鮮な野菜がたっぷり食べられます。ソースは、ケールとパパイアの種を混ぜたシーザードレッシング。メインプレートのほか、玄米ごはんと季節のスープが付きます。

栄養素を壊さず絞る、果汁100%のコールドプレスジュース

プレスジュース
料理のほかにも、手軽に野菜をたっぷり摂りたい人や、食べ過ぎで腸を整えたい人、美容が気になる人におすすめなのがコールドプレスジュース(500ml/1,080円~)。「ノーウォークジューサー」と呼ばれるジューサーを使い、青果をじっくり押し潰すことで、栄養価を壊さず果汁を絞ることができます。ジュースの成分は100%果汁のみで、1ボトルに約1.9kgもの野菜や果物が入っているそうです。ラインナップは、ケールが主素材の「ケールダイエット」や、お肌に嬉しい栄養素が入った「ホワイトニング」など8種類。果物の比率が高い飲みやすいものもあるので、店員さんに聞いてみてくださいね。

平日の午前中か、休日のオープン直後が狙いめ

店内
昼間は毎日のように行列ができるNORTH SHORE。待たずに入るなら「平日のモーニングタイムか、土日のオープン直後なら入りやすい」と店長さん。18時以降は予約ができるので、確実に入りたいなら夜に行くのもあり。2階はテイクアウトの専門店になっているので、気候の良い季節なら、持ち帰りを中之島公園で食べるのもいいですね。

スマートポイント

  • 目の前に土佐堀川と中之島公園を眺めることができ、自然を感じてゆったり過ごすことができる。青果店が運営プロデュースしており、新鮮な野菜や果物をたっぷり使ったメニューが人気を集めている。
  • サンドイッチやプレートメニュー、パンケーキなど、どのメニューにも果物と野菜がふんだんに使われている。栄養素を壊さないジューサーで絞った「コールドプレスジュース」は気軽に栄養が摂れ、おいしく飲めるのがいい。
  • 待たずに入りたいなら、平日のモーニングか土日のオープン直後、または予約してディナータイムに行こう。2階でテイクアウトして、中之島公園でピクニックするのもいい。

ライターのおすすめ

取材にお邪魔した時は中之島公園がバラの最盛期で、2階の窓からとてもきれいに眺められました。料理も体に嬉しく、店内も過ごしやすい雰囲気で、並んででも行きたい店なのがよく分かりました。

並河智子

人を知ること、街を知ること、新たな出会いがおもしろいなぁとライター仕事を満喫中。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0