* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.12.27

串カツ、どて焼き、たこやき
ジャンジャン横丁で新世界の味

writer : 松田きこ


新世界の南東部に位置し、南北に延びる南陽通商店街、通称「ジャンジャン横丁」は、戦後間もない頃、道沿いの飲み屋が三味線をジャンジャン鳴らしてお客さんを呼び込んだことからこう呼ばれた、というのが通説だが、実際は諸説ある。昭和レトロが自然に残っている庶民の街として、平成の今、若い人や観光客が増えている。アーケードの左右には、串かつはもちろん、寿司、うどん、食堂、立ち飲み居酒屋など、安くておいしい大衆グルメの店が軒を連ねる活気にあふれた商店街だ。

「新・世界の中心で」愛を叫ぶ!カップル必見スポット


北側のアーケード入り口から、ジャンジャン横丁へと進入。幅約2.5mの狭い通りは、平日の昼間でも行き交う人が多く、土日ともなればさらに観光客でにぎわう。

横丁の塀にハート形にズラリと並んだ南京錠は、恋人同士が互いに愛を誓い合ってかける「誓いの鍵」だ。「新・世界の中心で愛を叫ぶ!」というどこかで聞いたようなキャッチコピーが掲げられている。近くには手作り感あふれる「相性診断機」に、手を口に入れると偽りの心がある者は手が抜けなくなるといわれているローマの「真実の口」をもじって作られた、ビリケンさんの口に手を入れる「真実の愛の口」など、大阪らしいユーモアたっぷりの仕掛けに出合える。

ビール片手にアツアツの串カツグルメを味わおう


新世界で必食のソウルフードといえば串カツ。その数なんと50店舗以上というから驚きの、まさに「串カツの街」だ。「ソースの二度づけお断り」というフレーズは今や全国区となったが、かじった串にソースを付けたい場合は、キャベツでソースをすくってかけるのが本場、新世界の作法だ。

席について好きな串を注文すると、アツアツの揚げたてが運ばれてくる。串ネタの種類や揚げ具合、衣の配合、ソースの甘辛加減など店によって味やウリは様々だ。ビールをひっかけながら、串カツ店をはしごして味比べを楽しむのもいい。

昭和の情緒を感じる、将棋の世界


新世界は、1996年に放送されたNHK連続ドラマ「ふたりっ子」の舞台でもある。幼少期を演じた三倉茉奈・佳奈(マナカナ)が人気を博したことで、今も記憶に残る人は多いだろう。阪田三吉をしのぶ王将碑がある新世界。戦後から営業をスタートし、今も唯一残る将棋クラブ「三桂クラブ」では、たくさんの将棋ファンが集い、昭和の空気を存分に感じることができる。

行き交う人が思わず足をとめ、ガラス越しに対局を見守る光景も昔から変わらない。三桂クラブでは、将棋だけでなく囲碁も打つことができる。一人で来る客がほとんどで、店員さんが腕前を考慮をして相手を組んでくれるので、観光がてら飛び込みで腕試しをしてみるのもいい思い出になりそうだ。

おじさん度が高いジャンジャン横丁だが、様々なものを受け入れてくれる懐の深い街だから、女性やカップルも、ここでしか味わえないディープなグルメと街の雰囲気を体験しよう。

スマートポイント

  • 串カツ屋は行列ができる店もあるが、とにかく店の数が多いので、入りやすい店で数本食べて別の店に行くという、「はしご」をする手もある。値段、味、種類、店の雰囲気がそれぞれ違うのでかなり楽しめる。
  • 午前中、店のオープンと同時にお客さんが入り、串カツとビールを注文するのもこの街では当たり前の光景。かといって深酒するわけでもなく、さらっと食べて店をあとにするのがかっこいいのだ。
  • 将棋や囲碁を詳しく知らなくても、窓越しについ見入ってしまう将棋クラブ。「うまい!」「あかんがな」と、声をもらすギャラリーもいて、店の外でも盛り上がってしまう。

ライターのおすすめ

ジャンジャン横丁を通ったら、必ず立ち寄ってしまうのが串カツの店。ファストフード感覚でビールと共にサッと食べるのが新世界流。寿司やうどんなど、串カツ以外のグルメも充実。店の人が親しみやすいのも魅力だ。

松田きこ

おいしいものを食べるのも作るのも大好き、お酒はもっと好き。取材の旅先で酒蔵や温泉を訪ねるのが趣味です。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0