* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.12.27

梅田で海鮮料理を食べるなら
活直のカニや魚を「北よし」で

writer : 松田きこ


日本海に面し、豊富な漁場を持つ兵庫県の香住町。冬場のカニをはじめ、
豊かな海の幸がとれることで知られている。朝、香住漁港に水揚げされた魚を生きたまま大阪に運び、その日の夜に提供する店がある。梅田・お初天神のすぐ近く、香住の北由商店直営の「香住 北よし お初天神店」だ。

水槽にはタグ付きブランドガニ


北由商店の創業は明治12年。香住漁港の仲買いで、水産加工会社の老舗だ。2010年6月、大阪・天神橋筋六丁目に直営店を出したところ、新鮮な海鮮をリーズナブルに食べられると、ビジネスマンに大人気となった。そして、2015年12月、第2号店のオープンとなった。「活直(かっちょく)」と表記されているのは、「活きたままのタグ付きブランド蟹を直送!」という意味で、文字を見ただけでおいしそうな料理がイメージできる。

付き出しはセコガニの酢の物。ホロホロとほどけるカニの身に、これから始まるコース料理への期待が高まる。コースは8,100円から、17:00~18:30までは軽めのちょい飲みカニセット3,218円もある。

花が咲いた状態で登場するのは、大阪ではめずらしいカニの刺身。食べる直前にさばかれたカニだから刺身でいける。口の中でとろける身、その甘さはなんともいえない。

香住のカニにとっておきの地酒「香住鶴」


カニに合わせる酒は、香住の地酒「香住鶴」の生もと辛口。蔵から特別に取り寄せるため瓶にラベルはない。温度管理を厳密にした酒は、さらりと飲めるまろやかな味だ。

造りでいけるカニを炭火で焼く贅沢な焼きガニ。軽く火が通って、身がふわっとふくらんだら食べごろだ。一緒に炙った熱々のカニ味噌をつけて食べる。「味噌は少し残して煮詰めてください」と店員さん。このあと、その意味がわかる。

しゃぶしゃぶはカニ味噌で贅沢にいただく


昆布だしのつゆに軽くカニの足をしゃぶしゃぶし、淡く色付いたら先ほどの焼きガニの味噌を付けて食べる。濃厚なカニ味噌と甘みのあるカニがベストマッチ!野菜はできるだけ香住の採れたて、豆腐は店で手作りする濃厚な味。ほんの少しポン酢をつけるだけにして素材の味を楽しみたい。

セコガニを加えたシメの雑炊に大満足


シメの雑炊は地元でも貴重な村岡米。さらに、セコガニの内子と外子を混ぜ込む贅沢さ!カニのエキスをたっぷり吸ったご飯にプチプチした食感と旨みがあふれる。
香住のカニの漁期は長く。冬場の松葉ガニに加えて、紅ずわい蟹は、6、7、8月以外は漁ができ、味もいい。また、伝承された水産加工の技術力もあって、干物や加工品もおすすめだ。北よしでも、新鮮な魚の干物(冷凍)をお土産に買うことができる。

スマートポイント

  • 香住は山陰海岸ジオパークに指定された美しい自然が残る海。そこで育った海鮮類は魚種が多く、味もよい。朝水揚げされたものを生きたまま直送するため、新鮮でおいしい。
  • 香住の紅ズワイ蟹は9月から5月までが漁期で味もよい。冬は松葉ガニ、それ以外は紅ズワイ蟹が味わえる。
  • 新鮮さに加えて、魚を知り尽くした職人が料理するため、素材のもつ旨みを最大限に生かした料理が登場する。

ライターのおすすめ

冬の恒例行事として山陰方面にカニを食べに行く人は多いが、時間がとれないグルメな人にとって、大阪で新鮮なカニが食べられるのはとっても魅力的。さっきまで生きていたカニの味はやっぱり「おいしい」のひと言だ。

松田きこ

おいしいものを食べるのも作るのも大好き、お酒はもっと好き。取材の旅先で酒蔵や温泉を訪ねるのが趣味です。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0