* menu
閉じる

観光観光

2015.12.27

あべのハルカスの人気者
「あべのべあ」に会いに行こう

writer : 田口真由美


日本一の高さを誇るビル、あべのハルカス。
大阪の新名所として、多くの人が訪れる人気スポットですが、
景色を見ておしまい、となっていませんか? 
地上約300mからの絶景はもちろん魅力ですが、
公式キャラクター「あべのべあ」がとってもかわいいんです。
お天気や季節でいろいろな姿に変身し、
おおらかでマイペースな性格だという「あべのべあ」。
いろいろな場所で出会うことができるので、
ぜひ「あべのべあ」探しを楽しんでみてください!

大阪阿部野橋駅、天王寺駅から直接連絡

あべのハルカスは、百貨店や美術館、ホテル、レストランなど
さまざまな施設が集まった複合ビルです。近鉄大阪阿部野橋駅、JR・地下鉄天王寺駅からすぐという、とても便利なロケーションにあります。
「あべのべあ」に会えるのは「ハルカス300」と呼ばれる展望台。
当日券で入場する場合は、まずエントランスがある16階へ向かいます。

地上約300mからの絶景が広がる「ハルカス300」

チケットを購入したら専用の高速エレベーターで一気に地上60階の
展望フロア「ハルカス300」へ。エレベーターを降りると
一面ガラス張りになっていて、360度パノラマの景色が広がっています。
「ハルカス300」は回廊になっているので、空中散歩をしているような気分になれます。窓にはどの方向にどんな建物があるのかを案内する表示もあり、大阪城や神戸港のほか、天気がよければ淡路島や明石海峡大橋まで見渡すこともできますよ。


場所によっては、足元から真下が見えるこんな場所も。
大丈夫だとはいえ、足がすくみます。

いつもとはちょっと違う「あべのべあ」を発見!

「あべのべあ」は地上300メートルの空に生息する、「空もよう」のくま。ときどき「ハルカス300」にお散歩にやってきます。
歩き方もゆっくりで、動きものっそり。
見つけたら記念写真は撮影しやすいかもしれません。
10月にはハロウィンの衣装に身を包んだ「あべのべあ」に会うことができました! クリスマスなど、季節やイベントに合わせたいろんな衣装で出迎えてくれますよ。
「ハルカス300」のサイトに、「あべのべあ」のおでかけスケジュールが載っているのでチェックしておきましょう。

「あべのべあ」がおいしいスイーツに♪

「ハルカス300」の展望カフェ「スカイガーデン300」では、
「あべのべあ」をイメージして作ったというここでしか食べられない限定スイーツを発見しました!
「スカイブルーラテ(ラムネ)」はキレイな空色のソースとクリームで空に浮かぶ「あべのべあ」をイメージ。
「あべのべあ」そっくりのチョコとマシュマロがのった「あべのプリン」は雲の上に「あべのべあ」が浮かんでいるようです。

17階のイタリアンカフェ「カフェ チャオプレッソ」にも
「あべのべあ」が描かれたラテアートのカプチーノとパンケーキがあります。食べるのがもったいないほどですね。

お土産も、もちろん「あべのべあ」がいっぱい

お土産もので一番人気なのが、「ハルカス300」のショップでしか買えないという、パペットになる「あべのべあ」のぬいぐるみ。
ねむそうな表情がかわいいので、なかなか寝付かない子どもをあやすのにいいかもしれません。
ほかにも夕暮れや曇り、星空など空模様ごとにさまざまな色と模様があるキーホルダーも人気。スマートフォンケースやお菓子、文具など、多彩な「あべのべあ」グッズが揃っています。

雨の日はちょっと特別なイベントが待っていますよ

「ハルカス300」の絶景は晴れている時が一番ですが、
時には雨で景色が見えないこともあります。
そんな日でもちょっとしたお楽しみがあるので気を落とさずに。
雨の日は「あべのべあ」も、体の模様が変わり、雨の雫柄。
景色が見えない分、カラフルな絵を窓に描いて
楽しんじゃおうということで、
この日は窓に自由にお絵かきすることができるのです。
空に絵を描いているような気分になれますよ。

「あべのべあ」がいろいろな姿になって現れる「ハルカス300」。
雨の日も、レアな「あべのべあ」に会うことができる特別な日です。
景色だけじゃない、あべのハルカスの魅力を満喫してみてください。

スマートポイント

  • あべのハルカスへは近鉄、JR、地下鉄で行けますが、地下鉄御堂筋線の天王寺駅改札に出ると便利。そこからあべのハルカス近鉄本店に向かうと右手前にハルカスシャトルエレベーターがあります。
  • 「ハルカス300」ではもトイレもガラス張りになっていて絶景。トイレでも最高の開放感が味わえますよ。
  • 「あべのべあ」の出現情報はホームページをチェック。

ライターのおすすめ

「ハルカス300」へ行く時間帯は日没前~夜がおすすめ。天気がよければ美しい夕日と夕日色に染まる街が眼下に。そのまま夜景へと移り変わる街を楽しめます。

田口真由美

愛知県出身。美味しい食べ物、歴史ある土地や建物、熟成したものが大好きなフリーライター。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0