* menu
閉じる

沖縄おもしろ情報沖縄おもしろ情報

2015.11.17

栄町市場でしっとりと飲む
Cocoジャスミンの音楽と夜

writer : Hinata

ギネスとレコード
賑やかな栄町市場の夜。

狭い市場の細道の所々に小さな店が密集している。
簡易イスやテーブルが並べられた店頭に
所狭しと座って飲む姿は、とても楽しそうだ。

そんな栄町市場の喧騒から離れて細道を奥に進むと
ポツンと一軒、小さなバーがある。
看板
外観
「Cocoジャスミン」。
カウンター席に、小さなテーブル席がひとつ。
しっとりしたJazzが流れる店内は飾り気がなくてとてもシンプル。

棚にはウィスキーや泡盛が並び、
その下にはレコードのコレクションが置いてある。

オーナーのヘンスリさんは音楽好きで、
特にレコードの持つ独特な音の雰囲気をこよなく愛している。

そんな彼女の店「Cocoジャスミン」には、さまざまな人がやってくる。
ゆっくりと落ち着いて静かにお酒と音楽を楽しめる空間。
栄町市場のあちこちで賑やかに飲んで食べた後
最後に寄ってから家に帰る、そんなお店だ。
カウンター
レコード棚

レアな黒ビール

ウィスキー
泡盛
棚にズラリと並ぶウィスキーは20種類ほどあり、
泡盛は沖縄本島と八重山のものが取りそろえられ、
その半分は古酒というこだわりっぷりだ。

そして珍しいのがドイツの黒ビール。
有名な「ギネス」とともに、「ケストリッツアー」が置いてある。
200年以上の歴史あるビールで、ギネスよりも飲みやすいのが特徴。
ケストリッツアー
ノンアルカクテルの「バージンブリーズ」は、
グレープフルーツをそのまま絞った生絞りジュースに
クランベリージュースが混ざっている贅沢なノンアルカクテル。
グレープフルーツのフレッシュ感がたまらなくおいしい。
グレープフルーツ
バージンブリーズ
ここでは、飲めない人でもノンアルカクテルで楽しく時間を過ごせる。
しかもバーなのに店内禁煙なので、喫煙しない人への心配りがうれしい。

誰もが心地良い場所

このお店のコンセプトは「無個性」。
いろんな人が集まり、誰もが入りやすいお店であるためには、
自分のカラーや店の個性を出さないことが大切だとヘンスリさんはいう。

「オープン当初はミュージックバーをやろうと思ったけど、
やっていくうちにそうではないほうがいいという答えに達しました。
だから今は、この人は音楽好きなのか、おしゃべりを楽しみたいのかなど
お客さんのようすや、雰囲気を見ながら空間を作り上げています」
ヘンスリさん
沖縄観光のリピーターの人がよく来るというこのお店。
「リピーターの人は、どこに行けば沖縄の人に会えるか知っています。
だから昔ながらの沖縄が味わえる栄町市場に来て楽しんで、
ここにも寄ってくれるんです」

週末などは少し賑やかになり、お客さんも地元も観光客も混じって
チャンプルー状態になるという「Cocoジャスミン」。
栄町市場でのイベント時には音楽好きやダンス好きが集い、
賑やかに盛り上がってお店がディスコ状態になる日もあるとか。

そうやって、その日ごとにお店の雰囲気は変わるけれども、
居心地のいいお店であることには変わりがない。
そういう店でありたいと、ヘンスリさんは思っている。
お酒とフルーツ

リピートしたくなる良さ

栄町市場には「屋台祭り」というイベントがある。
6月〜11月までの毎月最終土曜日に行われ、
この小さな地域に400名ものお客さんが集まるというビッグイベントだ。

ヘンスリさんは実は、「栄町ダンサーズ」という名前でフリースタイルの
エンターテインメントダンスを踊るダンサーでもある。
屋台祭りのステージでも、ヘンスリさん達のダンスを見ることができる。
ちなみに栄町ダンサーズの原型は、スリー・ディグリーズだ。
スリー・ディグリーズ
とにかく個性的な人達やお店が集まっている栄町市場。

「まずこの街に来てほしい、
そして最後にCocoジャスミンに寄ってほしい。
そうしたら何となく良さがわかるはず。
何だかわからないけど、リピートしたくなるそんな良さが」

ヘンスリさんは、
そういってお気に入りのレコードをかけてくれた。
レコード

スマートポイント

  • ドイツビールの「ケストリッツアー」が、700円という安価で飲める。
  • ハイボールは20種類あるウィスキーの中から好きなものを選べる。
  • 人気のモヒートは裏メニュー。ミントのポリュームがすごい!ある時とない時があるので、聞いてみてください。

ライターのおすすめ

レコードの良さをじっくりと味わうことができるお店です。ヘンスリさんに、ぜひリクエストしてみてくださいね。このサイトを見て来た方は、テーブルチャージ300円サービスとスナック菓子プレゼントしてくれるとのこと!

Hinata

神戸出身。西表島の生活を経て沖縄本島へとたどり着く。独自の感性で沖縄の物語を伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+