* menu
閉じる

沖縄おもしろ情報沖縄おもしろ情報

2016.03.12

[宮古島]シーサーと展望台
家族で楽しむカママ嶺公園

writer : 砂川葉子

小さなお子様を連れての宮古島観光。だけど風光明媚な景勝地だけでは、案外お子様は退屈してしまうものです。そんな時は、ちょっと気分転換に公園に行ってみませんか?
シーサーの滑り台
宮古島の市内中心地に位置するカママ嶺(かままみね)公園は、朱色の大きなシーサーの滑り台がシンボルの地元の子ども達に人気の公園です。園内の展望台からは、市内や伊良部大橋を一望する眺めを楽しめ、子どもだけでなく大人もなかなか楽しめますよ。お金をかけずに遊べて、景色と沖縄らしさも満喫できるカママ嶺公園で、家族で楽しいひと時を過ごしませんか?

沖縄らしさを感じられるカママ嶺公園

カママ嶺公園といえば、シーサー滑り台というくらい地元の子ども達にも人気のシーサー型の遊具。
シーサーの滑り台(横)
大きな朱色のシーサーは足は滑り台で、胴体の中には梯子状の階段があり、まるで秘密基地ようです。こんな風にシーサーのお口から顔を出して、かわいらしさと沖縄らしさが溢れる1枚を撮ってみるのも、素敵な思い出になりますよ。
シーサー滑り台の顔から除く子供
公園内をお散歩しながら、沖縄らしさを探してみるのもおもしろいですよ。沖縄特有の赤瓦風の東屋やシーサーの形の水飲み場など、随所で沖縄らしさが感じられるものに出合えます。
東屋
シーサーの形の水飲み場
また園内には句碑が点在し、印象的なのが俳人・篠原鳳作氏の句碑です。

「しんしんと 肺碧きまで 海の旅」

沖縄の碧に出合い魅せられたことがある者なら誰もが、この句に心打たれることかと思います。
句碑
この句碑は歩道に面した側が鳳作氏の経歴、裏面に句が記されており、鳳作氏の故郷・鹿児島に向いて建てられています。

カママ嶺公園は隠れた展望スポット

カママ嶺公園のもう一つの魅力は、宮古島の街並みも伊良部大橋も一望できる展望です。
展望台
カママ嶺公園内にある白いピラミッド型の施設は、2012年3月には、大型災害に対応する防災備蓄倉庫を併せる展望台です。1階は備蓄倉庫、2階はデッキスペースになっておりテーブルと椅子もあるので、ここでお弁当をいただくのもいいですね。
テーブルと椅子
展望台からの眺め
さらに上に上がった3階は展望スペースになっています。海抜約40mのこの場所に立つ展望台からは日本一長い無料で渡れる橋、長さ3540mの伊良部大橋も望みます。サンセットタイムには、街並みと伊良部大橋を染めていく夕焼け空に出合えます。
夕焼け空
また、カママ嶺公園のシーサー滑り台あたりは、東側を見下ろしているので朝日が望め、夜には宮古島の小さな夜景が楽しめます。

ちょっとだけ残念なカママ嶺公園でのひとコマ

カママ嶺公園では、毎年行われる宮古島の芸能イベント、クイチャーフェスティバルの会場でもあります。また、園内にはテニスコートやグラウンドゴルフ場や遊歩道がありスポーツを楽しむ姿も見られ、多くの市民から親しまれているスポットです。公園内のトイレ、特に展望台横のトイレは、バリアフリー仕様でとてもきれいですし、すぐ近くには地元スーパーのサンエーがあるので、小腹が空いた時にはとても便利です。
公園
地元からも愛される公園で、利便利もよく、家族で安心して楽しめるスポットなのですが、一点だけ残念なことがあります。それは、展望台周辺にゴミが散乱していたことです。近隣の方に聞いてみると、夕方から夜にかけては若者のたまり場になっており、騒音などが問題になっていたこともあるようです。非常に残念な宮古島の一面ではありますが、それもちょっとお心にとどめて、旅の合間にちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

スマートポイント

  • カママ嶺公園は、朱色のシーサー型の滑り台と白いピラミッド型の展望台がシンボルの、地元からも愛されている公園です。
  • カママ嶺公園は、市内の中心地にあり、近隣にはスーパーもあり利便性が高く、駐車場も広いのでちょっと立ち寄るのに便利なスポットです。
  • カママ嶺公園内にある白いピラミッド型の展望台は、伊良部大橋や市内を一望することができます。

ライターのおすすめ

沖縄の公園には、沖縄らしいものがモチーフになった遊具のある公園があり、そのひとつがカママ嶺公園です。本土ではお目にかかれないような遊具は、なかなかおもしろいものですよ。

砂川葉子

岐阜県出身、宮古島諸島のどこかの小さな島に在住。農業と民宿業、島興し業と並行してライター業にも携わる。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0