* menu
閉じる

沖縄おもしろ情報沖縄おもしろ情報

2015.09.16

赤瓦の古民家宿で過ごす島時間
座間味島『癒しの宿 久志』

writer : 小川研

座間味港からクルマでおよそ10分。島の東北側に位置する、古き良き沖縄情緒の残る阿佐地区は、風光明媚な阿護ノ浦(あごのうら)に面した素朴な集落です。樹齢300年以上というフクギ並木のすーじぐゎー(小路)を一本入ると、ひっそりと姿を現す琉球伝統の赤瓦家屋。座間味島でも珍しい古民家タイプの素泊まり宿『癒しの宿 久志(くし)』は、まるでそこだけ時が止まったかのような佇まい。リピーターが絶えないこの宿の魅力は、その建屋のみならず、手作りのヒノキのお風呂も見逃せません。さらに、夕陽のBBQに自家製のフルーツなど、オーナーの想いが篭もった、さまざまなサービスにも理由があります。。
琉球伝統の赤瓦家屋

伝統的な造りもさることながらヒノキのお風呂にも注目

築58年。スギ材による木造家屋は、縁側が情緒味溢れます。屋根は個性的なシーサーが鎮座する伝統的な漆喰&赤瓦。100年程前の沖縄では、庶民のスタンダードであった素朴な作りです。庭には、ケラマツツジやブーゲンビリアが咲き誇るなど、上から下までまさに画に描いたような古民家です。
伝統的な漆喰&赤瓦
ケラマツツジやブーゲンビリアが咲き誇る
客室は、「一番ジャー」と言う4人部屋(少し広めの6畳)に、1・2人用(3畳)の「三番ジャー」と、大小2つ(一日2組限宿泊)。中央には「ナカメー」と呼ばれるゆんたく(おしゃべり)部屋があり、オーナーや旅人同士の交流も素敵なひとときです。
客室
客室
客室
およそ200坪の敷地に離れが一つ。こちらに、オーナー手製「ヒノキのお風呂」が控えます。特有の温もりと香りが、船旅や海で遊び疲れた心身を優しく癒してくれること請け合いです。
オーナー手製「ヒノキのお風呂」
(写真/癒しの宿 久志)

充実した島時間を約束してくれる各種オプション

久志が愛される理由は、建物や設備だけに留まりません。気の利いたサービスがいくつも用意されています。
中庭
元は、ダイビングのインストラクターであったオーナーによる各種シュノーケルツアーは、初心者から上級者までレベルに応じて楽しめます。穴場ポイントに連れて行ってもらえる他、夜の海探検は3時間もあり、濃密な内容に大満足確実です。アクティブ系以外でのイチオシは「サンセットBBQ」(1名2,000円/要予約)。誰もいない秘密の浜辺で過ごす穏やかな黄昏時…ただただ贅沢の極みです。
秘密の浜辺で過ごす穏やかな黄昏時
(写真/癒しの宿 久志)

そしてもう一つ。メニューには無い隠れサービスが!敷地内に植樹されたシークヮーサーやマンゴー、パパイヤは、収穫時期に熟れて地面に落ちれば、その時の宿泊者に限り、おいしくいただけるそう。こればかりは運次第なので、お口にできた方は本当にラッキーです♪
敷地内に植樹されたシークヮーサーやマンゴー、パパイヤ

「地元の魅力を多くの人に伝えたい」と2006年にオープン

“久志パパ”。屈託のない笑顔と素朴な人柄で親しまれるオーナー・高江洲 正秀(たかえす まさひで)さんは、もちろん地元の阿佐出身です。
屈託のない笑顔と素朴な人柄で親しまれるオーナー久志パパ
「ここは元は祖父母の実家で、30年程前におじいが亡くなってからは、ずっと空き家でした。その後2004年の台風で屋根が飛ばされちゃって、そのタイミングで、ばあちゃんが住めるように改築しました」と、現在もご祖母が在住しつつ管理しています。「私は本土での生活が長かったこともあって、自分の地元がいかに素晴らしいかということに気づきました。これを一人でも多くの県外の方に伝えたい」と、2006年に民宿としてオープンしました。
穏やかな時が流れる

オーナーが抱く島への想いと特別なこだわり

「やっぱり座間味島一番の魅力である夕陽を、たっぷり味わってもらいたいんです。なので、夕飯との被りを避けるために、素泊まり宿なんです。オプションで設けている『サンセットBBQ』も、夕陽が最も美しいとっておきの浜辺にお連れします。BBQをされないお客様にも他の夕陽スポットにご案内しますし、その後、お食事処への送迎もばっちりですので、ご安心を」

徹底したこだわりから、そこはかとない島への愛と、宿泊客へのさりげない心遣いが、伝わってきます。
ゆるやかな時が流れる
もちろん夕陽の後は、「ばーちゃんを薪で温めたい一心で手作りした」という自慢のヒノキのお風呂へ直行です。ゆるりと浸かれば、旅の疲れも一気に吹き飛ぶでしょう。
赤瓦のうえのシーサー
身も心も癒される、思い出の離島ステイ…。座間味島に来たら必ず泊まる、“定番の宿”、見つけちゃいました。
身も心も癒される、思い出の離島ステイに

スマートポイント

  • 紹介した宿泊者&期間限定サービスの他にも、無料サービスが沢山! オーナーのてほどきによる「三線体験」、「星空・夜光虫」観察、「山モモ酒作り」(期間限定)など、どれも“ならでは”の魅力で一杯です。
  • 1泊料金は、大人1名のみ4,500円(税込。以下同)、2名の場合1名(以下同)4,000円、3名だと3,500円、4名以上は3,000円と、数人で泊まるのがオトクです。
  • 港や街、ビーチへの送迎などもお願いできるので、レンタカー、レンタバイクなど利用せずともOKです。但し、集落には売店などは無いので、ご留意を。

ライターのおすすめ

阿佐集落から1km程北にある『チシ展望台』は、かなりの絶景ですので、ぜひとも足を運んでみてください!

小川研

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0