* menu
閉じる

観光観光

2015.06.20

離島ならではの静粛…
人影もまばらな秘密の海岸

writer : 小川研

伊江ビーチ1
沖縄本島北部、本部半島の北西9kmにある伊江島は、“タッチュー”の名で親しまれる城山がシンボルの離島です。初夏に咲き誇るユリの群生や、豊富なダイビングスポットも有名です。この島で、人気No.1ビーチといえば、しっかりと管理された『伊江ビーチ』が筆頭に上がるでしょう。しかし、ガイドブックにもあまり出ていない、手付かずの美しい白浜があるのを、ご存知でしょうか?

本当は教えたくない秘密の浜辺…

伊江ビーチ2
伊江島港の西側へ車で数分。島の南岸およそ100mに渡って広がる、通称『GIビーチ』は、今日、沖縄本島ではあまりお目にかかれなくなった天然のロングビーチです。看板はもちろん、駐車場やシャワー、売店といった人工物は、一切ありません。きめ細かいサラサラの白砂と、水辺の小さな生物達を育むイノー(沖縄の方言で、サンゴ礁に囲まれた浅い海。礁池)が、ただただ静かに広がっています。初夏とはいえ、浅瀬で地元の漁師が数人、素潜り漁をしているくらいで、人影もまばら…。素朴という言葉がぴったりな、離島ならではの時が、流れています。 はっきりとした入口があるわけでもないのですが、海岸沿いの小さな道を進むと、いくつか降りていける場所が見つかります。
伊江3

お隣のパワースポットもチェック

伊江4
GIビーチに来たら、せっかくなので 、浜の西側に隣接する名所『ニャティヤ洞』も訪れてみましょう。かつて、漂流民が暮らした洞窟は、パワースポットとしても知られる聖域で、戦時中には多くの島民の防空壕として利用され、その広さから別名「千人洞(せんにんかま)」とも呼ばれています。洞内には、持ち上げると子宝に恵まれるという「力石(ビジルいし)」の他、地元の人々が拝み祈りを捧げる拝所が、いくつかあります。厳かな雰囲気に、心が洗われるような気になります。洞窟の先には、GIビーチ同様の、美ら海が煌々と広がっており、内側との刺激的なコントラストを堪能できます。
伊江6

その名に隠された哀しい歴史…

伊江5
ところで、GIビーチという名称は、かつては島に駐留する米軍の専用ビーチだったことに由来しています。戦時中は「レッドビーチ」と呼ばれていたとも。こうした珍しい名称のビーチがある伊江島は、先の大戦から、今日に至るまで、米軍とは切っても切れない関係があります。戦時中、この島は特に戦闘が激しく4,700人が戦死し、島民の約半数が戦闘や集団自決で亡くなりました。 島を巡ると、戦争廃墟として残存する公益質屋、鍾乳洞の避難壕、米軍側の慰霊碑といった戦争の爪あとが残されています。また、島の中央には定期便の運航されていない伊江島空港があり、その西隣にある旧日本軍による2,100mの滑走路は、米軍の補助飛行場となっているなど、今日なお、島の1/3ほどを米軍演習場が占めているという事実にも、触れておきたいと思います。
伊江7

泳ぐ際は細心の注意を

伊江8
数km先にはこじんまりした水納島、そのさらに向こうには沖縄本島が雄大に横たわり、景観に起伏をもたらす静粛な浜辺…。年間を通して穏やかであり、かつ遠浅の砂地が数百m続く水際には、少なからずリーフも広がり満潮時にはシュノーケリングも楽しめそうです。但し、入水はあくまでも自己責任であることお忘れなく。人工ビーチとは異なり、監視員はもちろんおらず、ハブクラゲ防止ネットもありません。遊泳やシュノーケリングの際は、地元の人に、潮流やその日の波の高さなどをよく聞いた上で、マリンブーツやライフジャケットを着用し、かつ2人以上で行うのが基本です。 安全第一を徹底し、離島の美ら海を満喫してくださいね。
伊江9

スマートポイント

  • 伊江港から徒歩でも行けますが、熱中症などを避けるために、ターミナルのすぐ前にあるレンタサイクルがおすすめです。なお、周囲に売店などは無いため、飲物の持参は忘れずに。もちろんゴミは持ち帰りましょう。 http://www.tamarentapro.com

小川研

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0