* menu
閉じる

観光観光

2015.06.22

[伊江島] の象徴といえば!な
“タッチュー”をお気軽登山

writer : 小川研

「沖縄美ら海水族館」などで知られる沖縄本島西北部、本部半島。その西海岸の、遥か海上にぽっかり浮かぶ、“とんがり山”を、沖縄北部経験者なら誰もが一度は目にしことがあるかと思います。本部港から、フェリーでおよそ30分。手軽にいけちゃう「伊江島」で、島のシンボル、“タッチュー”に登ってみませんか?
伊江島1

正式名称は「城山」で“タッチュー”は島外の愛称

沖縄本島北部の北西9kmにある伊江島。島のシンボルは、何と言ってもタッチューの名で親しまれる「城山(ぐすくやま)」です。タッチューとは、琉球の方言で“垂直上方に伸びている様”を表します。その姿かたち通り、“とんがっている”という意味ですが、これは実は、島外からの愛称であり、島民からは、一般に「グスク」、もしくは「グスクヤマ」と呼ばれています。島のほぼ中央付近に位置する標高172.2m、島のどこにいても見られる、独特な頂きは、見る角度で形が変わるので、チェックしてみましょう。
伊江島2

頂上から広がるダイナミックなパノラマ!

中腹部までは、クルマや自転車などでアクセス簡単。また、登山口の前には、トイレや商店もあるので、安心です。
伊江島3
最初、密林に伸びる登山道も、少し進めばコンクリートの階段が整備されているので、子どもやご年配の方でもトライできます。ただし、全体的に道幅は狭く、勾配もかなり急です。時期によっては、かなり混み合うので、ご留意を。
伊江島4
歩くこと10~15分…。生い茂る木々が少なくなり、突然目の前に開ける、青い空。頂上です!
伊江島5
足元から広がる雄大な視野は、まさに360度の大パノラマ! 伊江島全体を悠々と見下ろせるので、何だか島を、いや、世界を手中に収めたかのような、そんな大きな気になります(笑)
伊江島6
東の方角には、沖縄本島のダイナミックな島影が広がり、とりまく周辺の島々が景観にアクセントをもたらします。南東には水納島に瀬底島。天気が良く、空気が済んでいれば、東方に古宇利島、そして北東には、伊是名・伊平屋の各島も。さらにその先の与論島まで拝めるかもしれません。
伊江島7

目印であり聖地であり地質学的にも貴重な存在

沖縄本島北部や東シナ海の海上からもよく見えることから、古く航海の目印ともされてきたタッチューは、沖縄の聖地「御嶽(うたき)」の一つでもあります。さらに、実は地質学的にも貴重とされているのをご存知でしょうか。「城山は、島より7千年も古く、世界でも珍しいオフスクレープ現象(古い岩盤が新らしい岩盤に潜りこむ中で一部が剥がれて新しい岩盤の上に乗る現象)によって形づくられました。この現象は、理論として語られていたが実際に見るのは世界でも伊江島しかありません。」と、村のホームページに記されています。そんな豆知識を頭に入れて登ってみると、広がる風景も、またひと味違うかもしれませんね。
伊江島8

小川研

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+