* menu
閉じる

観光観光

2015.09.23

穴場ビーチの最有力候補
地元に愛される渡具知ビーチ

writer : 伊藤麻由子

「この道であってるのかな?」とちょっと不安になりながら、読谷の住宅街を抜けていくと、突如目の前が開けて広い駐車場とともに青い海が目に入ってくる。そこが渡具知ビーチです。海の家やカラフルなマリンスポーツの道具が置かれている賑やかなビーチとは対照的な、とてもナチュラルで素朴な天然ロングビーチ。ここは地元の人からこよなく愛されている、観光客にとっては穴場的スポットといえるでしょう。
ナチュラルで素朴な天然ロングビーチ

華やかさはないけれど、どこか落ち着く普段着のビーチ

ビーチの手前には芝生も広がり、そのグリーンと海と空のブルーのコントラストもとても美しく、さらには、自然が作り出した海の中のノック岩の景色もステキで、のんびり過ごすには最高。西海岸ゆえのサンセットタイムも格別です。
自然が作り出した海の中のノック岩
海は遠浅なので小さな子ども達も十分に楽しめるでしょう。トイレやシャワーも完備されていますが、監視員がいないので、付き添いの注意は必須です。岩場もあるので、磯遊びを楽しむこともできます。
海は遠浅なので小さな子ども達も十分に楽しめる
渡具知ビーチは天然ビーチなのが自慢ですが、実はその長さもまた魅力のひとつ。パッと見た目にはさほど長くはないように思えるのですが、それはビーチを遮る岩のせい。もう終わりかと思うところまで歩いて、その岩を超えてみてください。するとそこには、さらに奥に伸びる海岸線が!!渡具知北ビーチと呼ばれていて、こちらにはあまり地元の人達も足を延ばさないので、プライベートビーチ感たっぷりです。
渡具知北ビーチ

地元を代表する美味しい紅豚料理が食べられる幸せ!

食事をするならビーチに併設している「がんじゅうファーム」がおすすめ!沖縄のおいしいブランド豚「紅豚」、「紅あぐー」の直営レストランで、ここにしかないおいしい豚料理がいろいろ食べられます。東京青山のまい泉と同じ紅豚ロースとんかつ膳が、直営店価格で食べられるのも魅力!畳間もあってくつろげます。
ビーチに併設している「がんじゅうファーム」
そして、沖縄ビーチの定番といえば、ビーチパーティ。そのほとんどがBBQ(バーベキュー)です。がんじゅ―ファームに事前予約をしておけば、一人約2,500円から用意可能。紅豚・紅あぐーを始めとする食材はもちろん、調味料や食器類も万全。飲み物以外は手ぶらで大丈夫です!
沖縄ビーチの定番といえば、ビーチパーティ
BBQができる場所はビーチに連なる東屋や、レストラン前の芝生などなど。海を見ながらおなか一杯になるまで食べて、遊んで、また食べて…。まさに、至福のひとときとなるでしょう。がんじゅうファームhttp://ganjyu.co.jp/
海を見ながらBBQ

ちょっとお散歩すると…

渡具知ビーチには泊城公園が隣接しています。駐車場からのわきには、長い滑り台など遊具もあり、海だけでは飽き足らない子ども達が遊ぶには持ってこい!地元の子ども達もいつもたくさん遊びに来ています。大人達もより楽しむのであれば、遊歩道を歩いて高台まで散歩してみましょう!自然が造り出した洞窟も多々あり、その自然美はお見事。また、高台に登れば東シナ海が見渡せる絶景が目の前に広がります。
がんじゅうファーム

スマートポイント

  • 他のビーチとは比較にならないほど、まだ枝状の姿が残ったサンゴがたくさん打ち上げられています。箸置きやインテリアに使えるものもいっぱい!
  • 公園のすべり台の奥側にも隠れビーチあり。お散歩しながらのぞきに行ってみてください。ちょっと岩も多いけれど文字通りのプライベートビーチになるかも!
  • がんじゅうファームではレストランだけでなく、美味しいお肉や加工品の販売もしています。自宅や友人へのお土産配送もおすすめ!

ライターのおすすめ

買い出しにも困りません。ビーチに来る途中に目に入ったはずの地元のイオン系スーパー「マックスバリュー」。車ならビーチから2~3分。24時間空いているので、心配することなくいろいろなものが調達できます。

伊藤麻由子

撮影でアフリカを回り、沖縄の離島45をも行き着くす。写真と文章で島の良さを最大限に惹きだす。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0