* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.10.31

まるで海賊船に乗ってる気分
サムズアンカーイン国際通り店

writer : 中本岩郎

鉄板焼きのお店が軒を連ねる那覇の国際通りで、系列店を含めて3店舗も展開するサムズグループ。マウイ、セーライン、アンカーイン、バイザシーなど、数ある鉄板焼きの中でもサムズグループのレストランは何が違うのか!?サムズグループの中でもグルメをも唸らす人気のサムズアンカーインにお邪魔してきました!
サムズアンカーインのロゴ入り

国際通りに行ったら抑えておきたい

国際通りの県庁からほど近くにあるサムズアンカーイン国際通り店。ゆいレールの県庁前駅から徒歩2・3分なので、便利な場所です。店内のコンセプトは海賊船というだけあって、木目とアンティークっぽい金属を基調に、海賊を髣髴とさせる装飾。趣向が凝らされている内装を見ていると、エンターテイメント施設に来たような気分で食事を楽しめます。料理の味はもとより、スタッフや店内の雰囲気に人気の理由があるような気がしました。壁に貼られた名刺が人気を物語っています。
海賊を髣髴とさせる装飾
スタッフ
壁に貼られた名刺がびっしり
店内を案内してもらいます。テーブルにはシーサーのカタチをしたグラスが。中身は酸味の利いたトロピカルジュースが氷に覆われていて、箸休めにちょうど良いドリンクです。グラスは持ち帰れるので、お土産にどうぞ。
サムズアンカーイン国際通り店
店内
シーサーのカタチをしたグラス
ワクワクする気持ちを抑えながら席に着くと、早速調理スタート。今回はサーロインステーキミディアムカットを堪能します。内容はサーロインステーキ200g、カレースープ、ガーデンサラダ、季節の温野菜、ポテト、パンorライス。カレースープのクルトンがガーリック仕立てで、ニンニクとカレーの風味がおいしいです。
カレースープのクルトンがガーリック仕立て
調理は目の前で
サーロインステーキ肉

鉄板焼きの醍醐味を堪能

一つのテーブルに担当してくれるシェフがついてくれるので、説明を聞きながらユッタリと食事を楽しめます。鉄板焼きの楽しみは何といっても目の前で行われる調理の実演ですよね。銀色の調理器具を巧みに操る姿を見ると、何気ない動作の一つひとつにも目が奪われてしまいます。
鉄板焼きは目の前で調理見れるのだ醍醐味
目の前で行われる調理の実演
目が釘付けになってしまう、調味料の容器を使ったパフォーマンス。野菜の味付けにも色んな意味でアクセントが効いてます。回しながらも適度な分量を振りかけていく、プロの技を目の当たりにできるのも鉄板焼きの楽しみ。まさしくグルメとアトラクションの融合。
調味料の容器を使ったパフォーマンス
調味料容器を回しながらも適度な分量を振りかけていく

男が一度は憧れる海賊船で肉を食らう

目の前で焼きたての料理がお皿に盛り付けられると、後は食べるだけ。今回は撮影用に全部のメニューを盛り付けてますが、普段は野菜、肉、野菜という順番で、焼き上がり次第食べていくスタイルです。肉を絡める3種類のソースは甘口、カラシ入りの辛口、ジャパニーズステーキソースと、子どもから大人まで楽しめるのがうれしいですね。野菜は強火でサッと焼いているので、新鮮な歯ごたえが感じられます。肉の軟らかさとの相性が抜群ですね。
焼きたてステーキ
焼けた野菜と肉
肉を絡める3種類のソース

サーロインステーキミディアムカット¥2,550(税別)

ジェイトリップスマートマガジン特典
この記事をスマートフォンに表示させて店頭で提示すると、記念品をプレゼント!!

スマートポイント

  • 油の代わりにマーガリンを使用してますが、バターや油でも対応してくれます
  • 夕方6時以降は混み合ってくるので、早めの来店をおススメします。
  • シーフードとのセットも人気があります。

ライターのおすすめ

国際通りにある系列店のマウイとサムズセーラーインは、また違った世界観があって良いです!行くたびに楽しめる、それがサムズです。

中本岩郎

地域の青年会に所属し、エイサーを通し真心溢れる沖縄の人々の虜に。地域に根付く文化の深部を発信する。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0