* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.12.31

正統派の生ケーキにひと目ぼれ
昼下がりはKuma caféへ

writer : 阿久津彩子

ケーキセット
タルトにショートケーキ、モンブラン。なめらかなクリームをたっぷりと使い、新鮮なフルーツを重ねたおいしさは午後3時の至福ともいえましょう。今回は沖縄のカフェで意外と少ない、生ケーキをいただける貴重な一軒を紹介します。

一人でのんびり過ごせる隠れ家カフェ

椅子と机
ゆいレール美栄橋駅から徒歩5分、国際通りからほど近い路地の一角。
牧志エリアに位置するkuma caféは、ぱっと目をひく大きな窓がとてもおしゃれ。
外観
店先にはその日のケーキが記されています。訪れた日はイチゴのショートケーキの文字。釣られるように早速店内にお邪魔しました。
店内
シンプルで居心地の良いお店は青と白を効かせた空間です。テーブル四つとやや少なめの席数ですが、ソファ席もありキッチンとのほどよい距離感が落ち着きます。
ベンチ
お客様の傾向を聞くと、おひとり様率が高いのだとか。「ランチタイム以外は基本一人で営業しているのでお客さんも気兼ねなく過ごせるのかもしれません」と店主の森和幸さん。

その数300以上!無数のクマに囲まれて

カウンター
確かにここなら一人旅の方もふらっと入りやすい。朝から夕方まで営業しているので、モーニングにランチにと、いつでも好きな時間帯でおいしい料理をいただけます。
店内全体
食事を待つ間はkuma café名物のBE@RBRICKを観賞しましょう。300体以上のクマ型トイが並ぶようすは、ぼんやり眺めていても飽きません。さらに森さんの自宅には専用のクマ部屋もあるそうです!
クマ型トイ
常連さんはお気付きと思いますが、たまに展示替えをすることも。季節のイベントや気分に合わせて密かに選手交代が行われており、取材時の12月はサンタに扮したメンバーが登場していました。
ジャンボ
国内でこれだけ集めたお店はほぼないため、わざわざ足を運ぶファンも多いそう。腰の高さほどあるBE@RBRICKは1,000%と呼ばれるジャンボサイズです。ほかにもAKBとのコラボや招き猫に扮したシリーズなど、マニア垂涎のお宝が惜しげもなく飾られています。

たっぷりの飲み物と贅沢な生ケーキを

アイスコーヒー
無数のクマに見とれつつ、メニューもお伝えせねばなりません。暑い日にうれしいアイスコーヒー(430円、ブラックの場合は420円)はグラス2杯分、たっぷりとデキャンタで。ホットのコーヒーやハーブティーもポットで提供してくれるのでお得感がありますよ。
日替わりの生ケーキ
ここにきたらぜひ食べてほしい日替わりの生ケーキ(450円)は、ドリンクとセットで50円引き。専属のパティシエが作るケーキは、素材選びはもちろん、デコレーションの細部までこだわりが。
見た目の美しさから虜になります。
kuma caféのケーキ
大きめにカットして、クマの自家製クッキーをちょこんと添えて。オープンから7年、数千にも及ぶレパートリーはどれも丁寧に作り込まれた自慢のレシピです。午後3時はここに集合。町歩きの疲れも吹き飛ぶkuma caféのケーキをどうぞ。

スマートポイント

  • 数あるケーキの中でも一番のおすすめはチョコレートタルトやチョコレートムースといったショコラ系のスイーツ。口の中でとろける濃厚チョコがたまりません。
  • 月~土曜日のモーニングは8時~10時30分まで。ドリンクを注文するとトーストが無料で付いてくるサービスも。
  • ランチは11時30分〜15時まで、ドリンク付きで平日800円、日曜750円~。日替わりのお惣菜で彩り良く、味もコスパも大満足です。

ライターのおすすめ

モーニングからティータイムまで使い勝手抜群の老舗カフェ。いつも混んでいるイメージですが、運よく空いているスキマ時間もあるとか。お店におじゃまする時は10~20分前に電話で確認しておくとスムーズに入れます。

阿久津彩子

得意ジャンルは食・人・体当たり。沖縄の旬を味わえるおいしいお店から本当は秘密にしたい穴場スポットまで幅広くご紹介します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0