* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.01.26

行列の先は魅惑の超極太麺
つけめん自家製麺 三竹寿

writer : 阿久津彩子

駐車場のご案内

※那覇市真嘉比から那覇市銘苅へ移転しました。

那覇市新都心エリアの人気店「自家製麺 三竹寿(さんちくじゅ)」。まずは上の写真を見たら、このお店のスゴさを感じていただけると思います。これ、陣地を取るゲームではありません。一見ごく普通のつけ麺店に対して、専用駐車場がこんなにたくさんあるんです。集客力抜群のつけ麺とは、果たしていったいどんなお味?!

まずは入口で食券を購入

三竹寿の看板
車での来店がスムーズなお店はゆいレール古島駅から歩いても5分ほど。免税店「Tギャラリア沖縄」にも近く、那覇市内でお腹が空いたらすぐに行ける距離にあります。
食券販売機
まずは入口の食券販売機で好みのメニューをチェック。といってもこちらでは「つけ麺」か「まぜそば」のシンプルな二択なので行列時でも慌てることなく、テンポよく食券を購入できます。
お客さん
この日は地元のサラリーマンや学生さんと男性陣が多めですが、若い女性のお客さんも増加中。早速人気の秘密を聞いてみると、仲村渠 将土(なかんだかりまさと)店長が持ってきてくれたのは…
25kgの強力粉
ドン!!25kgの強力粉です。こちらは本島中部・恩納村の小麦粉をブレンドし、県内で唯一沖縄製粉に特注して作ったオリジナル。
製麺機
店舗奥には製麺室を設けており、早い時は朝の7時ごろから毎日自家製麺を打っています。つけ麺は麺が命とはいえ、小麦といい製麺機といい、そのこだわりは半端ではありません。

名店・六厘舎の流れを汲む本格つけ麺

三竹寿の店主
それもそのはず三竹寿の店主が修行先に選んだのは、東京の六厘舎。濃厚なつけダレに極太麺を合わせたつけ麺業界の名店です。風味のきいた魚粉を山盛りにのせたトッピングにも特徴がありますよね。
味玉濃厚つけ麺
その味を受け継ぎ、沖縄でさらに進化を遂げたのが一番人気の「味玉濃厚つけ麺」(850円)。長時間煮込んだ魚介豚骨のドロ系スープに、背後にそびえる打ちたての自家製麺。これはもうたまらなくおいしそうなお姿です~!
プリプリの麺
プリプリの麺をひと口噛み締め、スープをごくり。くぅーっ旨味が全身に染み渡る!つけダレは濃いめに設定しているので卓上の割り用スープで調整しながら食べ進めます。
調味料
さらに魚粉やゆずの粉末などの調味料で自分好みの味にカスタマイズするのもおすすめです。さっぱり食べたい時はお酢やフルーツ酢を加えると良いそうですよ。
辛エビ
もっとつけ麺を堪能したい方は、辛エビ(50円)や隠れトッピングの柚子の皮(無料)をオーダーすべし。
ピリ辛風味
辛エビとは、唐辛子と干しエビを炒ったもの。こんな風に振りかけて使うと、濃厚なつけダレにピリ辛風味がきいて魚介の旨みも倍増します。

第二の名物!味の変化が楽しい極上まぜそば

仲村渠店長
「こちらもイチオシ」と仲村渠店長が作ってくれたのは、つけ麺と双璧をなす「極上まぜそば」(680円)。見た目よりもあっさりしているので食べやすいと女性ウケの高い自信作です。
極上まぜそば
厚切りの鶏肉に豚肉、ネギ、岩のり、そして卵黄と、バラエティ豊かな具材が魅力。底に敷かれた特製ダレを全体に行き渡らせるよう、思いっきり混ぜ混ぜ!
ひと口頬張るごとに味の変化を感じて、食べれば食べるほど飽きません!
け麺にまぜそば
つけ麺にまぜそば、この二大名物を目当てに連日、何十台の車が押し寄せるのも納得。土日は終日混雑しますが、平日16時~18時は比較的空いているそうですよ。
スタッフの皆さん
慌ただしい中でもこだわりの一杯を守り、丁寧な接客を心掛けるスタッフの皆さん。写真右の方は福山〇治さんではありませんが、その仕事ぶりに惚れること間違いなし!福山ロスを埋めたい女子もぜひ来店を!

スマートポイント

  • 大食漢に朗報!麺類はすべて並盛(1玉)、中盛(1.5玉)は同一料金です。
  • 学生さんは大盛り(2玉)も同一料金。専門学生でも大学院生でも、何かしらの学生なら皆さんOK!
  • 大食漢にまたまた朗報!平日ランチタイム(11時30分~15時)はライスも無料。食べ終わった後、スープに入れて雑炊風にするのも◎。

ライターのおすすめ

大食漢にまたまた朗報!平日ランチタイム(11時30分~15時)はライスも無料。食べ終わった後、スープに入れて雑炊風にするのも◎。

阿久津彩子

得意ジャンルは食・人・体当たり。沖縄の旬を味わえるおいしいお店から本当は秘密にしたい穴場スポットまで幅広くご紹介します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+