* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.09.07

首里人が愛する定番カレー
創業30余年のポケットマーニー

writer : 阿久津彩子

ポケットマーニーのカレー
今回は観光に手を付けず、ローカル目線の首里を案内。首里高校の裏手にある「ポケットマーニー」は親子2代続く老舗のカレー専門店です。創業から変わらぬ味をしっかり守り、多くの地元ファンが通っています。

親から子へ受け継がれる想い

ポケットマーニー外観
カレーの専門店が珍しかった時代に首里で生まれたポケットマーニー。モットーは日常使いで食べられる、安くてうまいカレーライス。個性的な店名には「誰でも気軽にポケットマネーで食べられるように」との思いが込められています。
店内
初代の意志を受け継ぎ、現在お店を切り盛りしているのは息子の野原朝博(のはら ともひろ)さん。どんなお客様が多いですか?と聞くと「9割、いやほぼ100%地元ですね」そう答える野原さん。「近くに首里高校があるので昼休みだとか部活後に立ち寄る子が多いです。あそこは昔から一時外出OKなんですよ」
野原さん
そのルールを知る野原さんもまた首里高校の卒業生です。昼休みになるとほぼ毎日へ戻ってきては、お父さんの作るカレーを食べて育ちました。
カレー
ポケットマーニーのレシピは父の味であり、学生時代の青春の味。そしてなにより自分が一番好きな味。厨房で大切にしている思いを聞くと「変わらないこと」だと野原さんは話します。「首里高生だった子が大人になってまたカレーを食べに来る。そこで懐かしさを感じてもらえたらうれしいです」

注文用紙でメニューをオーダー

注文用紙にカレーと辛さを記入する様子
心温まる話にほっこりしながら、私も注文することに。手ごろな価格で提供するため、ポケットマーニーではセルフサービスを採用しています。まずはテーブルにある注文用紙にカレーと辛さを記入。今回はインド風チキンカレー(550円)を8倍の辛さ(+50円)にしてみました。
スタッフさん
数分後、スタッフさんに呼ばれたらカウンターへ。すべてのカレーはアイスコーヒーやウーロン茶などのドリンク付き。さらに数量限定でサラダもサービスしています。

優しいおいしさのインド風チキンカレー

一番人気のインド風チキンカレー
一番人気のインド風チキンカレーは秘伝のスパイスに漬け込んだお肉がポイント。ニンニクと一緒に炒めて香ばしさを出したら、玉ねぎと人参をたっぷり加えた自家製ルーに合わせます。
カレーがかかったライス
軟らかなチキンがゴロゴロ入ってボリューム満点。8倍の辛さにしましたが、刺激はそこまで強くありません。スパイスでぐいぐい押すというよりも、どこか懐かしいような優しい味わい。家庭的だけれど家庭ではできないプロの味です。

最高レベルの辛さにすると…

辛さ15倍を食べた時の顔
ちなみに最高レベルの辛さ15倍を食べるとこんな顔に。ひと口目はイケるんですが、次から火を噴くほど辛い…いや痛い…。チリパウダーが本性を現し、ひたすら汗が吹き出します。ただ、この辛さじゃなきゃイヤ!という猛者もいるらしく、毎日数人は頼むのだとか!

ガッツリ食べたい時はトッピング追加!

カツカレー(530円)+チーズ(120円)
メニューはオーソドックスなビーフカレーから、変わりダネのさんまフライカレーまで種類豊富。トッピングも色々あるので、写真のカツカレー(530円)+チーズ(120円)のようにアレンジを楽しむのもおすすめです。
野原さんとスタッフさん

スポット名:ポケットマーニー首里店
ジャンル:グルメ
住所:沖縄県那覇市寒川町1-4
電話番号:098-886-5211
料金:ビーフカレー430円、インド風チキンカレー550円
営業時間:月~金曜日11時~21時(LO.20時30分)
土曜日11時~17時30分(LO.17時)
定休日:日曜日・第4月曜日
駐車場:なし
HP:http://pocketmoney.slowly.jp/

スポット名:ポケットマーニー宜野湾店
ジャンル:グルメ
住所:沖縄県宜野湾市佐真下54
電話番号:098-898-8288
料金:ビーフカレー430円、インド風チキンカレー550円
営業時間:月曜~金曜日11時~20時、土曜日11時~17時
定休日:日曜日
駐車場:あり
HP:http://pocketmoney.slowly.jp/

スポット名:ポケットマーニー名護店
ジャンル:グルメ
住所:沖縄県名護市宇茂佐913-7
電話番号:0980-53-5030
料金:ビーフカレー430円、インド風チキンカレー550円
営業時間:11時~21時(LO.20時30分)
定休日:日曜日
駐車場:なし
HP:http://pocketmoney.slowly.jp/

スマートポイント

  • 首里城に近いので観光後のランチにぴったり。ガッツリ食べてパワーチャージ。
  • 学生さんならご飯の大盛り+50円。自己申告でいいそうです。
  • さんまのフライは沖縄ならでは。意外に思いますが、ジューシーでgood。

ライターのおすすめ

観光地にありながら地元率高し。素朴で飾らない雰囲気に和みつつ、懐かしの学生時代を思い出しました。無性にユーミンが聴きたい気分。

阿久津彩子

得意ジャンルは食・人・体当たり。沖縄の旬を味わえるおいしいお店から本当は秘密にしたい穴場スポットまで幅広くご紹介します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+