* menu
閉じる

観光観光

2015.11.11

知られざる首里城公園内の
パワースポットで運気を上げる

writer : 平良竜次

首里城
首里城といえば、沖縄観光における定番中の定番ですが、
実は沖縄屈指のパワースポットが集中する場所でもあるのです。
周辺の史跡
現在は周辺の史跡も含めて「首里城公園」として整備されていますが、
敷地のいたる所に、
古(いにしえ)より語り継がれる霊力が込められた場所が点在します。
そこで今回は首里城で歴史ガイドをしている方々や
地元の人々に教えてもらった
運気の上がるパワースポットをご紹介します。

「城」は、人々が祈りを捧げる「御嶽」

首里城入ってすぐの階段
「城」(ぐすく)といえば、権力者の住居や
政治・軍事の拠点としてのイメージが思い浮かびますが、
首里城はそれに加えて、もう一つの重要な役割を担っていました。
それは「祈りの場」。
王国における霊的権力者である聞得大君(きこえおおきみ)
および、家臣である神女=ノロ達は、
島の繁栄と人々の安寧を願って、さまざまな儀式を執り行いました。
沖縄の各地には「御嶽」(うたき)と呼ばれる聖域が多数存在し、
今もなお、人々の信仰の対象として崇められています。
首里城とその周辺にある御嶽は、特に格式が高いとされているのです。

安全祈願にご利益あり。園比屋武御獄石門

園比屋武御獄石門
まず訪れるのは園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)。
2千円札に描かれている守礼門を抜けた先の左手にある
石造りの礼拝所です。
「園比屋武御嶽」とはこの石門の裏手に広がっていた森を指し、
王家ゆかりの島、伊平屋(いへや)より迎えた神が祭られています。
道中安全祈願にご利益があるとされており、
国王が城を出て巡礼する際に必ずここで礼拝しました。
現在も地元の方々による御拝が絶えないご利益スポットなのです。
楽しい旅の始まりや、沖縄を離れる前に訪れると良いかもしれませんね。

首里城より古い!?神の聖地。首里森御嶽

下之御庭
続いては、首里城正殿に向かいましょう。
いくつかの門をくぐり、最後に「奉神門」をくぐると、
そこに正殿が鎮座していますが、ちょっと待って。
奉神門の手前に広がる広場「下之御庭」(しちゃぬうなー)に
すごい御嶽があるのです。
首里森御嶽
その名は「首里森御嶽」(すいむいうたき)。
天上の神が最初に降り立ったとされる場所で、
ここを中心に、首里城が形成されたと考えられています。
城内にある十カ所の御嶽「十嶽(とたけ)」のうちのひとつで、
中でも最も重要とされている聖地なのです。
首里城における力の源が秘められているこの御嶽。
その強烈なパワーにあやかりたいところです。

首里城正殿で、幸せになれる「彩雲」を探そう

首里城正殿
さあ、ついに首里城正殿にやって来ました。
竜宮城のような、真っ赤な漆に彩られた正殿と、
真っ青な空のコントラストがなんとも印象的です。
正殿の派手な装飾、よくよく目をこらして見てください。
正殿に描かれた彩雲
いたる所に五色に輝く雲が描かれているのがわかりますか?
これは「彩雲」。
「瑞雲」とも呼ばれ、見た者に吉兆が訪れるとされています。
雲は屋外だけにとどまらず、正殿の中の柱にも描かれています。
首里城正殿は、幸福を届ける雲に包まれた御殿なのです。
正殿の中の柱

霊力が充満する、首里城最強のパワスポ「京の内」

石垣に囲まれた京の内
最後にご紹介するのは、
城内で最も高い場所に建てられている「京の内」。
石垣に囲まれた敷地の中に建物は一つもなく、
遊歩道と草木が生い茂っているだけ。訪れる人がほとんどいません。
残念なことに、先の大戦で破壊されてしまい、
どのような御嶽があったのか不明な点も多いのですが、
王国時代にはここで神女=ノロ達が、
天井の神々との交信を行うために、さまざまな祭祀を行ったといいます。
京の内の遊歩道
かつてこの敷地内には、十獄(とたけ)のうちの
少なくとも四〜五カ所が存在したそうで、
首里城最大の霊力が秘められているといわれています。
十獄
中でも「真玉森御嶽」(まだまむいうたき)と呼ばれる洞穴には、
王妃と王子の聖骨があるとされ、雨乞いの儀式が行われたそうです。
まるでここだけ時間が止まったような「京の内」ですが、
ただ佇むだけで、エネルギーが充満していくような気持ちにさせられます。
真玉森御嶽
ここで紹介したのは序の口。
首里城公園の敷地内には、
他にもパワースポットが盛りだくさん。
敷地はとても広いので、じっくり時間をかけて探してくださいね。
とても広い首里城公園の敷地

スマートポイント

  • 「首里城公園」有料区域は正殿のみ。それ以外の史跡はすべて無料で楽しめますよ。
  • 「首里城公園」の敷地は広く、キャリーバッグを引いて回るのは大変。レストセンターに無料のコインロッカーがあるので、利用しない手はないですね。
  • 毎朝8時25分より、首里城正殿前では「御開門(うけーじょー)」の儀式が行われます。朝日を浴びながら銅鑼が打ち鳴らされる様は迫力じゅうぶんです。

ライターのおすすめ

お子様連れの方は無料のスタンプラリーに挑戦してみてはいかがでしょうか。
公園内の25箇所もの史跡に置かれたスタンプを集めるこのゲーム。大人でも楽しめると好評です。11つ以上集めると、レストセンターでシールがもらえますよ。

平良竜次

沖縄県内現役最古の映画サークル(NPO法人)の代表。独自の切り口で他では知れないディープな沖縄を紹介していく。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

7+