* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.11.30

天空の庭で絶品タイ料理に舌鼓
アジアン・ハーブレストラン
カフェくるくま

writer : Nao

沖縄本島南部の南城市は、世界遺産にもなっている祈りの場「斎場(セーファー)御嶽」や神の島と呼ばれる「久高島」を有する神秘的なエリア。そんなパワースポットが集中する一帯にカフェくるくまはあります。自家製ハーブを使ったタイ料理と絶景のロケーションを楽しめる海カフェ、くるくまでは、心も体も美しくなれるはず。

地球は丸い!天空の庭でのんびり

店内からの眺望
店内を入るとまず飛び込んでくるのが、美しい眺望。エメラルドグリーンの海に浮かぶのは無人島コマカ島や久高島。海の青さと手つかずの自然が織り成す鮮やかなコントラスト。この絶景に感嘆の声がついつい漏れます。
よく晴れた日の景色
同店サブマネージャー大田ゆかりさんによると「よく晴れた日には水平線がくっきりと見える。地球が丸いのがわかる」とも。
店内
店内にはカウンター席やテラス席も設けられており、美しい景色を眺めながらの食事は海カフェならではの極上の贅沢。おすすめはカウンターだったら中央の席。テーブル席なら4番の席。遮るものもなく景色が堪能できるとあって人気の一角。この場所を指定して予約をする人もいるとか。

辛い、美味い!本場のタイの味に舌鼓

同店でいただけるのはタイ人のシェフが作る本場のタイ料理。季節によっては自社農場で栽培されたフレッシュなバジルやミントなどを使うこともあるそうです。
グリーンカレー
人気はオリジナルのスパイスで煮込まれたグリーンカレー(1,140円)。マイルドなココナッツの味わいの中にジワリジワリと辛さが。毛穴から汗が噴き出るような爽やかな辛味についついスプーンが進みます。たけのこ、パプリカ、きのこなど具もゴロゴロ。
チキンのアップ
なんといっても大きなチキンは簡単にちぎれるほど軟らかく煮込まれています。

ハーブを使った料理で美しさもゲット!

タイ風の焼き鳥ガイヤーン
さらにジューシーな鶏モモ肉2枚がのった、タイ風の焼き鳥ガイヤーン(1,150円)はビールが進むおいしさ。オリジナルのスパイスの入ったタレに漬け込まれた鶏肉を軟らかく焼き上げた料理で、皮はパリパリと香ばしく、ガーリックがよく効いて味の染みた肉はホロホロでジューシー。自家製の甘辛いスイートチリソースとの相性抜群。
他にも自社栽培されたウコン(ターメリック)を使った、ソフトシェルをカレー風味に味付けたプーパッポンカリー(1,550円)やパイナップルチャーハン(1,140円)もおすすめ。
いろいろ食べたい人はポーク(辛口)、ビーフ(中辛)、チキン(甘口)3種類のカレーとガイヤーンの鶏肉が1枚のった「くるくまスペシャル(1,570円)」。食べ応えは十分、この美しい景色もスパイスとなり、ペロリといけちゃいます。
料理の辛さはどれも調整してくれるそうです。タイラーメンやタイのチャーハン、カオパッガイなど辛いのが苦手な人でもおいしく食べられる料理もいくつもあるので安心。また、かぼちゃにココナッツミルクを入れたプリンが入った「夢みるかぼちゃ」や凍らせたマンゴーの食感も楽しめる「マンゴーの森(520円)」などスイーツも充実。
ハイビスカスティー
自社栽培されたハーブを使ったハーブティーもおすすめ。中でも、美容にもいいとされるハイビスカスティーは色合いもきれいで、女子のハートをわしづかみ。絶景の海カフェですから、もちろんテラス席でいただきましょう。甘酸っぱさにリフレッシュもできるはず。
テラス席ではデザートと飲み物のみの利用できるので、ティータイムにはもってこい!

初日の出も見れるかも?元旦から訪れたい

庭園
食後は美しい景色を眺めながら庭園の散策はいかが?
心地良い風に包まれる一角にはブランコも。ここから海を眺めるのもまた一つ。日常のあわただしさなんて吹っ飛ぶこと間違いなし。リラックスするにはぴったりな場所です。
また、くるくまでは毎年元旦早朝6時にテラス席を解放。ここで初日の出を拝むこともできるとか。沖縄で初日の出! たくさんパワーをもらえそうですよ!希望する人は12月に入ってから要確認を!

旅の思い出にお土産も

ティラノサウルスの化石
ショップ
ノニやウコンなど、自社工場で製造された商品を購入できるショップやティラノサウルスなどの化石が展示されたミュージアムなど、食事以外の楽しみ方も出来るのがくるくまの特徴のひとつ。
自家製チリソース
自家製チリソースもお土産にできるんです。
美しい景色
美しい景色とおいしい料理を楽しめば、心も体も健康できれいになれそう。ぜひ一度は訪れたい絶景スポットです。

スマートポイント

  • 素晴らしい眺めは沖縄観光のマスト!!
  • 自家栽培されたハーブを使ってタイ人シェフが作る本場のタイ料理を堪能しよう!
  • 食事と景色だけじゃなくて、お土産も買えるんです。

ライターのおすすめ

何といっても店を入るとすぐに飛び込んでくる絶景。その美しさに目を奪われます。時間を忘れて何時間でも眺められそう。
そんな素晴らしい環境の中でいただく本場のタイ料理は辛さの中に旨みが凝縮。止まらないおいしさです。毛穴から吹き出てくる汗も気持ち良い!! 手間暇かけて調理された料理の数々にリピーターも多いことが頷けました。
心も体もスッキリとリフレッシュされました。

Nao

最強の雨女だけど、心はいつも晴れてます。ノートとペンとカメラを持って西へ東へ。沖縄全土を回ります

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

4+