* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.06.14

カフェのテーマはビーチハウス
宜野湾市のSlowlife Cafe

writer : miya-nee(みやねえ)

2016年11月、沖縄本島中部の宜野湾市にオープンした「Slowlife Café(スローライフカフェ)」は、北谷町にある人気のカフェ「Mylo plus cafe(マイロプラスカフェ)」の姉妹店になります。

オシャレな店内や料理のビジュアルが、情報感度の高い女子達のInstagramで拡散されてオープン早々人気を呼んでいるカフェ。しかも、深夜2時まで営業しているのです。
お店の外観
住宅街の中にひっそりと佇んでいるので、迷う人も多いよう。場所は、沖縄コンベンションセンター方面、ムーンオーシャン宜野湾ホテル&レジデンスの入り口から徒歩1分です。

カフェのコンセプトは「ビーチハウス」

スタッフさん
スタッフの神里さんに話をうかがいました。ここは、もともとカフェがあった場所で、その内装を活かしたまま、Slowlife Cafeのオーナー自らがDIYしたそう。

椅子やテーブル、椅子のカバーまでもがすべて手作りの店内は、想像以上に居心地が良く、子ども連れのママさんにも人気があるようです。

そんなカフェのコンセプトは、「ビーチハウス」。

百聞は一見に如かず!ということで、まずは店内の写真をご覧ください。
店内1
店内2
カウンター
白いソファー
席ごとに異なる雰囲気なので、どの席にしようか迷いそう。店内はさほど広くはないですが、長椅子の白いソファーは小さな子ども連れにも利用しやすい広さですね。

席予約ができるので、お気に入りの席があるならば、ぜひとも事前予約を。

ディナータイムは、お酒を片手に。人気のガーリックシュリンプを

18時からスタートするディナータイムは、間接照明を活かしたバーのような雰囲気。

自家製タレに漬け込んでから焼き上げる「ガーリックシュリンプ」は、ディナータイムのみ提供している人気の料理です。
ガーリックシュリンプ
ガーリックシュリンプ拡大
香ばしいニンニクが決め手! 食後の感想としては、ただただ病みつきになるおいしさで、ガーリック好きには、たまらん……
カウンター席に座るスタッフさん
ディナータイムなら、カウンター席に座ってお酒を飲むのも心地良さそう。

カフェタイムのスイーツ「モカフレンチトースト」

カフェタイムで人気のスイーツは、「モカフレンチトースト」です。
モカフレンチトースト
まずは、ビジュアルがかわいい。エスプレッソやミルク、卵などを入れたアパレイユにバゲットを漬け込んでフライパンで焼き、チョコレートソースをトッピング。
モカフレンチトースト2
LOVEの文字は、カフェの自家製クッキー。バニラアイスを添えて、ほど良い甘さのモカ風味のフレンチトーストに仕上がっています。

ランチタイムは、全4種類のランチからチョイス!

Today’s ランチは、プレート、パスタ、ボウル、ブレッドの全4種類からチョイスでき、すべて1,080円(税込み)。ボウルにはスープ・ドリンクがセットされ、他の3種類は、サラダ・スープ・ドリンク付きです。
チキンランチプレート
Today’s ランチのプレート。この日のメインは、チキン。
タコライス
Today’s ランチのボウル。この日は、タコライスでした。

全4種類のランチは、定期的にメニュー内容が変わるので、それも楽しみのひとつです。
オリジナルTシャツ
カフェのオリジナルTシャツを販売し、店内にはサーフボードやスケボーも飾られた若者向きのおしゃれカフェ。海は臨められなくとも、ビーチハウス風の店内でリゾート感を味わえます。

6月には、新たなテラスが完成するので、結婚式の二次会や貸切パーティーで利用するのも良さそうですよ。
看板

スマートポイント

  • 駐車場は建物1階のスペースに3台分あり、他にも無料駐車場(6台分)あり
  • ムーンオーシャン宜野湾 ホテル&レジデンス」から徒歩圏内なので、ディナー利用にオススメ。
  • ランチ、カフェタイム、ディナーごとにメニューが変わる。

ライターのおすすめ

どこもかしこも絵になるカフェの店内は、さほど広くはないですが、ビーチハウスをコンセプトにした開放感とカメラ女子好みのビジュアルが人気。

miya-nee(みやねえ)

JTBの元ツアーコンダクター。現在はライターをはじめとして、Web講師、カメラマンなどと多岐にわたる仕事に取組む。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+