* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.07.02

沖縄の家族土産の定番!
ブエノチキン浦添

writer : Hinata

No_001
回転するチキン。

オレンジ色のライトに照らされたこんがりキツネ色のチキンは、一匹丸ごとをジュワッと肉汁を垂らしながら、そのつるりとした肌をさらに香ばしく焼き上げていく。

店内にはニンニクとチキンを焼く匂いが充満していて、今すぐかぶりつきたい!という欲求を抑えつつ、焼き上がりを想像しながら待つ時間が何ともいい。

常連さんが店長のコウエイさんと楽しくお喋りしながら、出来立てほやほやのチキンが入った紙袋を抱えてはお家へと帰っていく。

ここでの日常の光景は、もう何十年もこうして続いている。
ブエノチキン

沖縄のソウルフード

アルゼンチンのブエノスアイレスが店名の由来となっているチキンの丸焼き専門店「ブエノチキン浦添」は、今年で33年目を迎える。

沖縄からアルゼンチンに移民していた人が家庭料理のレシピを持ち帰りアレンジしたこの「ブエノチキン」は、そういった沖縄移民の歴史的背景とからまり合い深みを持った、他では味わうことのできない情緒ある味だ。

沖縄を少しの間離れて、戻った際には「沖縄ソバ」と「ブエノチキン」を食べてようやく沖縄に帰ってきたって思う…そう言って買いに来る常連さんもいるほどに、沖縄の文化にしっかりと根を張った「ブエノチキン」。

その味は長く地元民に愛され続け、今やもう沖縄のソウルフードと言っても過言ではない。
ブエノチキン

我慢できなくって…

「ブエノチキン」がこの春、イートインできる「ブエノキッチン」をオープンした。

お店のすぐ隣にある黄色い入り口。そこから中に入るとBGMのラテン音楽が流れ、南国の夏の昼下がりを思わせる広い空間が現れる。
ブエノチキン
ブエノチキン
この店は3年前からお店を継いだ看板娘、ブエコちゃんが友人たちと今春に手がけたお店だ。

ここではブエノチキンや県産野菜のサラダ、スープ、パンなどもあり、オリオン瓶ビールや地ビール「ニヘデビール」なども味わえる。

「グルメな観光客の人達がよく買いに来てくれて。持ち帰ってホテルで食べる人もいるけど、我慢できなくて近くの公園や、車の中で食べちゃったっていう話もよくあって。笑
ここですぐに食べれる場所があったらいいなって思ってたんです。地元の人も、お昼時なんかに気軽に食べに来れるし。」

素敵な笑顔のブエコちゃん。
彼女はそうやって、色んなアイデアをみんなと楽しみながらここで実践している。
ブエノチキン
ブエノチキン

心も体も満たされて

基本的には営業時間は「ブエノチキン」「ブエノキッチン」共に同じ時間帯のオープン。ただ、クリスマスや母の日、父の日のイベント時などはとにかくお客さんがひっきりなしに来るので、そういった時にはこの「ブエノキッチン」はお休みになる可能性がある。売り切れると平日でも閉店してしまうので、心配な方はご連絡を。
ブエノチキン
あと、夜には「ブエノキッチン」は名前を変え、ブエコちゃんの仲間たちが運営する、お酒を楽しめるバー「ヤシンカ」に早変わりなんてことも。こちらは夜10時から夜中2時まで。

とにかくここの家族・仲間はみんなとっても仲良しで、一緒の空間にいるだけでほんわかする。

ブエノチキンに行くと、心もお腹も満たされること間違いなしです。
ブエノチキン

文章 Hinata
写真 Yoshiaki Ida

スマートポイント

  • 写真のものはチキン丸ごと1匹の単品(3~4人前 1600円) ランチのお得なセットメニューは、只今改訂中です。近日アップします。
  • 記事を見た方はお会計から100円引きしてくれるそうです!スマートマガジン見たよと言ってくださいね。
  • ブエノスマイルはプライスレスです!

ライターのおすすめ

ここで出来立てチキンを味わってから更に、地元にお持ち帰りしたい場合は、本土への発送も行っています。ネットで購入でき、家族に友達に、おみやげとして必ず喜ばれるお取り寄せの逸品です!

Hinata

神戸出身。西表島の生活を経て沖縄本島へとたどり着く。独自の感性で沖縄の物語を伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0