* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.03.22

しっとり感に大満足!売り
切れ続出のシフォンケーキ

writer : 福田展也

※移転しました

アメリカ人向けのいわゆる外人住宅を上手に改装した雑貨屋さんやカフェ、
レストランが点在する宜野湾市の大山エリアに「しっとり感がたまらない」
と評判になっている小さな焼菓子店があります。

沖縄から世界に広がり始めたシフォンケーキ

お店の中_01
白とこげ茶を基調にしたシンプルな店内に足を踏み入れると、
オーナーの岸本啓子さんがいつもの笑顔で出迎えてくれました。
「最近、嬉しいことがあったんですよ。韓国から観光に来た方が
シフォンケーキを気に入ってくれて。
最初に買って帰ってから2時間くらいして、
『おいしかったからまた来ました』って、来てくれたんです。
そしたら翌日も来てくれて、
『これから韓国に帰るんです。だからおみやげを買いにきました』って」
お店の人
沖縄の人はもちろん、県外や国外にも評判が広がり始めたシフォンケーキ。
プレーン、完熟バナナ、黒糖シナモン、抹茶金時…。
人気の秘密は独特のしっとり感にあります。
元気な卵をやさしく丁寧に泡立てているからでしょうか、
気泡がとっても細かいのです。パサつき感が全く感じられないし、
プルプルしているし、しっとり感がやさしく口の中に広がるのです。
シフォンケーキ

おいしさの秘訣はなんでしょう

「そうですねー、うーん・・・。
しいていえば自分がおいしいと思えるかどうかでしょうか」
実に気取りのない答えが返ってきました。
お店の中_02
この店をオープンさせてからというもの、ずーっと一人でお店を
切り盛りしてきたという啓子さん。
人気が出てきて、売り切れる日が出てきてからも、
人を雇ってたくさんつくりたいとは思わなかったそうです。
お店の中_03
「自分が納得できるものを納得できる状態で
お客さんには食べてほしいし、お客さんとも直接話をしたいから」
ちょっとご年配の女性とは、肌のこと、ホルモンバランスのことなどが
自然と話題になるし、同世代の若いお母さんとは、育児の悩みをどちらから
ともなく打ち明け合う。そういうお客さんとのつながりを、
啓子さんは大切にしているのです。心のこもった手作りのお菓子は
人と人とを結びつけると啓子さんは信じているのでしょう。
いろいろなお菓子

人の心をやさしく包み込む温もりのあるおやつ

学校から帰ると、ひらやーちーやサーターアンダギーといった沖縄の
おやつやカップケーキやカステラなどの焼き菓子が待っていたそうです。
お母さんやおばあちゃんの手作りのおやつ。
優しい記憶として刻み込まれている甘い香りや味わい。
そんな環境に育ったせいで、小学校4年生くらいからは自分でも
クッキーを焼き始めた啓子さん。高校卒業は短大に進み、
栄養学を勉強しました。
エスプレッソビスコッティ
「キラキラまぶしいデザートもいいですけど、
温もりのある素朴なおやつってよくないですか」
体にいいものをおいしく摂ってほしいから、食材そのものの持ち味を
そのまま感じてもらえるように、心を込めて焼き上げているという
コトリ洋菓子店のお菓子はどれも優しげです。
* シフォンケーキは常温だと翌日中には食べてほしいそうです。
外観

福田展也

目下の趣味はサーフィン・沖縄伝統空手・養蜂。心で触れて身体で書けるようになることが10年後の目標。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0