* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.08.17

[石垣島]「ミルミル本舗」
大満足のパノラマとジェラート

writer : 光森裕樹

石垣島では夕陽を楽しめるスポットが数多くあります。御神崎や平久保崎などの岬や、各種ビーチに展望台…それぞれに異なる景色があり、甲乙がつけがたいものがあります。でも、市街地から遠いと辿り着くまでに思わぬ時間が掛かり、日没の時刻に間に合わないことも。また、幼い子どもがいると、夕暮れ時の岬や高台は危なっかしく、そもそも夕陽を見て楽しむにはちょっと早い年齢かもしれませんね。そんなときには、市街地からさっと行くことができ、美味しいジェラートやハンバーガーも一緒に楽しめるいもり牧場のジェラート店「石垣島ミルミル本舗」がおすすめです。

市街地のすぐそこにあるパノラマ風景

ミルミル本舗外観
「ミルミル本舗」は、フサキビーチを見おろす小高い丘の上にあります。市街地から行く場合には79号線で新川川(あらかわがわ)を越えたのち、ボーリング場「あやぱにモール」を過ぎたあたりで左に折れるルートが一般的です。ピンク色のお店の案内看板が各所にあり、目印になります。大きな電波塔が3基見えてくると、お店は間近。市街地から車で10〜15分であっさりと到着します。
ミルミル本舗店内
ミルミル本舗店内からの眺め
開放感のある店内からは、広がる草地とその先の海が一望できます。涼しい店内、見晴らしのいいテラス席、そして屋上。どこで食べようかと考えながら、ジェラートのショーケースを覗きます。

12種類のジェラート。一番人気は「ミルク」

ミルミル本舗のジェラート
ジェラートは全部で12種類あり、二つを組み合わせて320円(マンゴーはプラス100円)。カップ容器かコーンかを選べます。一番人気は、いもり牧場でその朝しぼった生乳を使用した「ミルク」。口に入れると濃厚な味がいっきに広がり、そのあと、すっと爽やかな風味に変わるのが特徴で、暑いときほどいっそう食べたくなりますね。「ミルク」との組み合わせに選ばれるのは、旅行者の方は、色が目を引く「マンゴー」や「紅芋」、地元の方は、地元で愛される乳酸菌飲料「ゲンキクール」だそうです。店長の伊盛さんにイチオシをお聞きすると、「実はこれが一番甘いんですよ」と「塩黒糖」を勧めてくださいました。石垣の塩が黒糖の甘さをぐっと引き立てます。
ミルミル本舗の塩黒糖ジェラート
12種類もあるので、選ぶのに時間が掛かりましたが旅行者気分に立ち返って「ミルク」×「紅芋」を選択。家族やお友達と相談しつつ、いろんな味を楽しみたいですね。

がっつり食べたいときは牧場の牛を使った肉料理

いもり牧場が運営するお店ですので生乳を用いたミルクジェラートはもちろん、牛肉料理にも力が入っています。
ミルミル本舗いもり牧場の牛丼
牧場で育った石垣島生まれの牛を使った牛丼やタコライスなども注文できるので、ジェラートだけでは物足りない!という方も大満足。
ミルミル本舗のバーガー
おすすめは、250gの肉が挟まれた「ミルミルバーガー」(470円)。島で大切に育てられた牛の、肉本来が持つ旨味を引き出すために、味付けが最小限に抑えられてるのがポイントです。
ミルミル本舗のミルク
牧場なので、もちろん牛乳も飲むことができます。こちらも濃厚な口当たりに、さっぱりとした後味です。

パノラマ風景を眺めつつ、夕暮れを待ちます

ミルミル本舗眺め
青空の下でジェラートやバーガーを楽しむのも気持ちいいものです。せっかくの見晴らしですから、夕陽を見に来てみましょう。「ミルミル本舗」の閉店時刻は、「日没」(の時刻)となっています。沖縄らしいのんびりさが感じられて、なんとも面白いですね。あらかじめ日没の時間をしっかり調べたうえで、その30分ほど前には、お店に着くのがベストです。
ミルミル本舗からの夕日
ゆっくりと暮れてゆく空の色に合わせて、虫の声がだんだん大きくなってきます。草の薫りをのせた風も、少し涼しくなってきました。
ミルミル本舗からの夕日
五官を満足させる、そんな牧場のジェラート屋さんのご紹介でした。

スマートポイント

  • 石垣空港内には「ミルミル本舗」の空港店があります。空港店限定のジェラートが何種類かありますので、石垣島からお帰りの際にはぜひチェックしてみてください。
  • 石垣島は日本の西部に位置するため、日没の時刻も遅めです。いつもの感覚でいると夕暮れを待ちぼうけてしまうので、日没時刻を事前に確かめておきましょう。
  • 海に向かって右手に見えるのは島ではなく、御神崎のある崎枝半島です。左手には西表・竹富島などの離島が見えます。風景を楽しみながら、行った場所を振り返ったり、これから行く場所を想像してみるのも楽しいです。

ライターのおすすめ

旅先ではお腹がすきがちですので、お肉たっぷりの「ミルミルバーガー」がおすすめ。ジェラートとは違い、暑さで溶けることもないので、屋外で食べるときもゆっくり楽しめます。お好みで「チーズバーガー」も選択可。

光森裕樹

歌人。様々な土地を旅する中で石垣島に惹かれて移住。のんびりとした豊かな時間を感じるための情報をお届けします。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0