* menu
閉じる

観光観光

2015.09.29

古宇利大橋を渡り古宇利島へ
ジュゴンが恋した絶景島

writer : 伊藤麻由子

古宇利大橋
2005年に古宇利大橋ができてからというもの、観光客はもちろん、うちなーんちゅにも大人気の古宇利島。「古宇利オーシャンタワー」をはじめとする新しいスポットやカフェなどもオープンし、今後、ますます賑わいが増していきそう。でも、変わらぬ沖縄本島屈指の美しいビーチはそのままに、橋で渡れる魅力満載の離島です。

何はともあれ古宇利大橋。

最初の感動の歓声がきける場所
古宇利島へは、沖縄本島から屋我地島を通って行く道と、今帰仁方面からワルミ大橋を渡って行く道と、二通りから行くことができます。そして、「古宇利島」の看板を見つけて道を曲がったら、まずはここで心の準備を。最初の感動の歓声はここで聞こえるはずです。
渡る前の駐車場から
本来ならそのまま橋を渡っていきたいところですが、その気持ちをぐっと押さえて、ちょっと渡る前の駐車場に止めてみましょう。小さい駐車場なので満車になることも多いのですが、観光客の出入りが多いので少し待てば止められる可能性大。実はこの位置からの古宇利大橋もステキなんです。ちなみに、ここはまだ屋我地島です。
いろいろな角度から美しさを楽しめる橋
古宇利大橋はいろいろな角度からその美しさを楽しむことができる橋で、後は、古宇利ビーチに降りて橋の下から眺めたり、駐車場に停めて歩いて渡ったりするのもいいでしょう。どこから見ても本当に美しい橋と海を観光することのできる文字通りのビューティスポットです。

古宇利島の新名所「古宇利オーシャンタワー」を楽しもう!

古宇利オーシャンタワー
古宇利大橋ができるまでは、きれいなビーチとのどかな集落以外、本当に何もなかったこの古宇利島に白亜のタワーが誕生しました。それが、「古宇利オーシャンタワー」。今や島のシンボルです。
自動カートに乗って、展望タワーまで移動
まずは、自動カートに乗って、展望タワーまで移動。だんだん高台に上がっていくコースからは古宇利大橋が見渡せで絶景!カートには数台だけハート柄がついたハートのカートが存在します。それに乗れたらラッキーなことがあるかも!
1万点以上の世界の貝を展示している シェルミュージアム
到着した展望タワーは実は、1万点以上の世界の貝を展示しているシェルミュージアム。珍しい貝や美しい貝など、貝はこんなにもいろいろな種類が存在するのかと、驚くことでしょう。

もうひとつの古宇利大橋

3階からの眺め。美しい古宇利島の景色
貝を見終えたら、エレベーターで3階へ。ここにはまた、息を呑むほどの美しい古宇利島の景色が待っています。2階からも見ることができますが、やはり少しでも高い3階からの眺めが最高!腰を下ろしたら、いつまでもぼーっと眺めていたくなります。
最上階の屋上からの眺め
最上階へは階段で登っていきます。ここからの景色は、屋上なのでガラスがないのでさらにステキ!有料で記念撮影も撮ってくれます。海抜82mゆえに、お天気のいい日には辺戸岬まで見渡すことができるとか。ただし、風の強い日の見学には気をつけてくださいね。
施設内のお土産やとレストラン
施設内には、お土産やさんとレストランもあります。展望タワーから降りてきてひと息つくのもいいでしょう。レストランオーシャンブルーは全席オーシャンビュー。島ダコのカルパッチョや島特産のかぼちゃのスープがおすすめです。古宇利島ならではのお土産はここで買うことができます。

島内をドライブしましょう!

橋の両サイドの古宇利ビーチ
古宇利島は周囲約8kmの丸い島。古宇利大橋のたもとのふれあい広場を起点に、ぐるりと一周することができます。その間、チェックすべきは美しい天然ビーチの数々。管理されていてシャワーのあるビーチベスト3は、橋の両サイドの古宇利ビーチ、嵐が出演していたCMでお馴染みのティーヌ浜(通称・ハートロック)、そして、トケイ浜。
嵐が出演していたCMでお馴染みのティーヌ浜(通称・ハートロック)
トケイ浜
その他には、ジュゴンにまつわる沖縄版アダムとイヴ伝説が残るシラサ岬脇のチヌグ浜。ウンジャミ(海神祭)という島の祭事が行われるとても神聖な場所でもあります。さらに南東にはハヤハンサチといって観光客はほとんど行かない美しいビーチも。お気に入りのプライベートビーチを見つけるのもいいかもしれません。
遠見番所跡。絶景スポット
ちょっと島の中央、つまりは集落の中に入っていくと、遠見番所跡があります。ここの周りはアマジャフバル農村公園と呼ばれていて、古宇利島の中では一番高い標高107m。ビーチとはまた違った絶景がそこにあります。島中に点在する絶景スポット。お気に入りの場所を見つけてくださいね。
島中に点在する絶景スポット

スマートポイント

  • オーシャンタワー3階からの眺めですが、ガラスの向こうの景色は太陽の加減で、古宇利大橋の左サイドの海が美しく見えるのは午前中。午後からは、大橋のサイドの海が美しく見えます。
  • 周遊道路も以前はトケイ浜の先も続いていたのですが、道路事情が変わり現在はトケイ浜の先は行き止まりに。周遊する際にはご注意ください。
  • かつて島のアダムとイヴはジュゴンが恋するさまを見て真似し、人間が反映していったとされています。ゆえに恋島とも呼ばれ、いつしかクイ島となり、古宇利島となったとか。それゆえ島ではジュゴングッズも人気です。

ライターのおすすめ

ここ数年、島にはこだわりのハイレベルのヴィラが増えてきています。ひと組だけとか、せいぜい多くても3組だけのスィートといった感じのタイプです。大きな高級リゾートホテルとはまた違った優雅さが魅力です。

伊藤麻由子

撮影でアフリカを回り、沖縄の離島45をも行き着くす。写真と文章で島の良さを最大限に惹きだす。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

7+