* menu
閉じる

観光観光

2015.09.30

那覇空港に一番近い離島
新名所でにぎわう「瀬長島」

writer : 阿久津彩子

那覇空港から一番ちかい離島
那覇空港から車でわずか15分。滑走路の延長線上に見える小さな島が「瀬長島」です。東シナ海を望む絶景はもちろん、島を飛び越えて降り立つ飛行機に出合えるのはここだけのとっておき。島には天然ビーチや絶景の露天風呂、2015年夏には話題のテラスモール「ウミカジテラス」がオープンしてさらなる魅力を発信しています。
島には天然ビーチや絶景の露天風呂が!

ここだけの特別なロケーション

瀬長島は一周するのに車で5分もかからないほどの小さな島。空港に近すぎるのでかえって目立たない存在ですが、昔から風光明媚な場所として知られています。
海中道路上を飛行機が飛び交う様子は迫力満点
島への行き方はとても簡単。空港から豊見城方面に車を走らせ、瀬長島海中道路へ。本島からはこの橋でつながっているので、徒歩でも自転車でも行けてしまえます。海中道路といっても本家本元、うるま市の海中道路に比べるとかなり小こぶり。とはいえこの橋上を1時間に何機もの飛行機が飛び交う様子は迫力満点です。
飛行機ファンでなくとも必見
おなじみの国内線からちょっと珍しい海外の旅客機まで、思わず口を開けてぼーっと眺めてしまいます。那覇空港は世界的に珍しい軍民共用空港なので、爆音を響かせて戦闘機や軍用ヘリも出没。飛行機ファンでなくともこの特別な景色は必見です。

瀬長島ウミカジテラスが誕生

さて、海中道路を道なりに進んでいくと島の反対側に現れるのが白亜の街並み。「瀬長島ウミカジテラス」は2015年夏にオープンした話題のニュースポットです。
「瀬長島ウミカジテラス」
傾斜地をそのまま利用した施設はサントリーニ島やアマルフィといったリゾート地がイメージコンセプト。慶良間諸島を見渡せるオーシャンビューを背景に、グルメありショッピングあり、多彩なお店が並んでいます。
地平線に沈む夕日に感動
一日中絶景を楽しめる場所ですが、特に地平線に沈む夕日は感動モノ。三十路ながらムードばっちりなシチュエーションにきゅんきゅんします!

パイロット気分で空の旅を!

飛行体験アミューズメントの 「トライエア」
沖縄県内の注目ショップがそろう中、この島らしいお店として注目したいのが飛行体験アミューズメントの「トライエア」。訓練用に使用される本格シュミレーターを使い、世界中の空港から大空の旅へと出発。企画営業本部の林田さんによると「最初は小型機で練習してゆくゆくはジャンボ機や難しい飛行ルートに挑戦できます」。お手軽フライトは500円~、小さなお子様でもOKなのでファミリーの思い出作りにひと役買ってくれそうです。
「SunRoom Sweets」のマンゴースイーツや「Vorale」の量り売りピザ
「SunRoom Sweets」のマンゴースイーツや「Vorale」の量り売りピザなどドライブのお供にしたい絶品グルメも盛りだくさん。迷路のように続く白い路地を散策すれば、きっとステキな出会いが待っています。

癒しのパワーあふれる琉球温泉

「子宝岩」
神秘的な美しさから琉球の時代には聖地として崇められていた島。戦後米軍に接収された経緯で今は住む人がいませんが、かつての面影が至る所に残されています。最近復元された「子宝岩」もそのひとつ。子宝・安産祈願を祈って県内各地から多くの夫婦が訪れたそうです。
高台に建つ琉球温泉・瀬長島ホテル
そうそう、最後に忘れてはいけない場所を紹介します。島の高台に建つ琉球温泉・瀬長島ホテル内の「龍神の湯」。県内では貴重な天然温泉であり、良好な泉質は保温効果が高く、美肌の湯・子宝の湯と呼ばれるほど。
「龍神の湯」県内では貴重な天然温泉
那覇空港から飛び立つ飛行機、慶良間諸島まで見通す海、そして新名所のウミカジテラス。こちらでは前述したすべての景色を思う存分堪能できます。日帰り入浴もできるので、旅の最終日に立ち寄るのがおすすめ。空港すぐのリゾートアイランドで最後の最後まで癒されますよ♪

スマートポイント

  • 飛行機の離着陸は大迫力!滑走路が点灯する夜はさらに幻想的なシーンに変わります。
  • 遊泳可能な瀬長ビーチは本島南部では貴重な天然ビーチ。最後にひと泳ぎできますよ♪(更衣室やハブクラゲネットはないので各自で管理をお願いします)
  • 南国で温泉?と思うかもしれませんが、龍神の湯から見る景色は最高!かけ流しで泉質も良く、まさに全身で癒されます♪

ライターのおすすめ

オーシャンビューの絶景、癒しの温泉、話題のニュースポット…沖縄の魅力がぎゅっと詰まった小さな島に目が離せません!

阿久津彩子

得意ジャンルは食・人・体当たり。沖縄の旬を味わえるおいしいお店から本当は秘密にしたい穴場スポットまで幅広くご紹介します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0