* menu
閉じる

観光観光

2015.11.01

[伊良部島]巨大な鳥の展望台
フナウサギバナタ展望施設

writer : ほりかわくみ

沖縄・宮古島からは伊良部大橋を渡り、北へ車を走らせる事15分。

かつては宮古島と伊良部島を結ぶフェリーが発着していた佐良浜(さらはま)漁港を通り、さらに5分ほど車で走った所にあるフナウサギバナタ展望施設。
立て看板案内
フナウサギバナタ展望施設と聞いて一度で聞き取るのは、難しい言葉ですがこれはある島の方言が由来しています。

いろんな人がいろんな思いで訪れた場所

フナウサギバナタとは伊良部島の方言で「船を見送る岬」という意味があります。

その昔、この岬で沖縄本島へと旅立つ人や出兵する兵士を見送ったことが由来になっています。

今の時代は飛行機で気軽に行き来することができますが昔は交通手段も発達しておらず、島を出るにはお金も時間もかかりまたすぐに戻るというのは容易なことではなかったと思います。
美しい海を一望
どうか無事でいてください・・・そう願う多くの人々がここから大切な人の船出を見送ったのでしょう。

巨大な鳥の展望台の全貌とは

タイトルにもある通り大きな鳥が展望台そのものになっています。
大きな鳥が展望台そのもの
後ろから見た写真。鳥のお尻にあたる部分が階段で、お腹の部分にある展望スペースへの入り口となっています。
渡り鳥のサシバの形をリアルに再現した展望台
横から見てみると、今にも丘の上から空へと飛び立つような勇ましい姿を見ることができます。

この鳥は実在する「サシバ」と言う鳥を形どっています。サシバとは毎年秋になると島へ飛来する渡り鳥で不思議な事にその大部分が沖縄の中でも伊良部だけにやってくるそうです。

足の先まで実にリアルに再現されているので立ち寄った際はぜひとも全体を確認してみてください。

時がたつのも忘れるほど美しい景色

展望台からは宮古島の狩俣やその周辺の地域をはじめ池間大橋や池間島も望むことができます。

伊良部島周辺はダイビングスポットが点在しているのでポイントを目指して行き交う船の景色なども楽しむことができます。
崖下に広がるエメラルドグリーンの海
もし許されるのなら、ここに椅子とテーブルを置いてゆっくりと過ごしたいと思うほど見ていて飽きない景色が広がっています。

勇気のある人は崖の上へどうぞ

展望台の正面にある断崖絶壁の崖の上からも景色を見下ろすことができます。
帯状に続くサンゴ礁
鮮やかに輝くエメラルド色の海と深い青色との海の間には帯状に続くサンゴ礁があり、まれに海ガメの泳ぐ姿なども確認できます。

サンゴ礁には数年前に座礁した船があり撤去に膨大な費用がかかるため、今もそのままの状態で放置されています。今でも心配した観光客からの通報が絶えないとか。
崖の上から
崖の上は柵などはなく足を滑らせると落ちてしまう可能性があるので気をつけてください。
渡り鳥サシバの形をリアルに再現
駐車場のすぐ目の前が展望台になっているので滞在時間5分もあれば、楽しむことができます。

時間に制限などがあり、観光スポットを手っ取り早く見て回りたいという人におすすめです。

でも時間があるのなら、焦らずゆっくりと堪能し美しい景色を目に焼き付けて欲しいと思います。

スマートポイント

  • トイレなどの施設はいっさいありません。隣の白鳥崎にはトイレがあるので、そちらを利用してください。
  • 伊良部大橋の開通に伴い、観光客が多く訪れるようになりました。しかし小さな展望台でスペースもあまり広くないので、写真撮影をする際は時間をかけずにできるだけ譲り合うようにしてください。
  • 一周道路からフナウサギバナタ展望施設へと入る場所に案内板がありますが、木や葉っぱが覆いかぶさって見えづらくなっている場合があります。通り過ぎてしまった際は安全な場所でUターンしてから戻ってください。

ライターのおすすめ

展望台前の崖からの方が、崖の下の海から遠くの海まで広く見渡すことができるます。できれば写真も崖の上で撮る方がオススメです。くれぐれも夢中になり過ぎて落ちませんように。

ほりかわくみ

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0