* menu
閉じる

観光観光

2015.11.03

[伊良部島]白いパウダー状の
美しい砂浜が続く渡口の浜

writer : ほりかわくみ

サラサラとしたパウダー状の砂浜が特徴的なビーチ
伊良部大橋から約5km。

伊良部島と下地島の間に位置する渡口の浜は青い海の美しさももちろんのこと白く細かいサラサラとしたパウダー状の砂浜が特徴的なビーチです。

東西に800mほどの長さがあり宮古島や来間島を見渡すことができます。

売店をはじめ、駐車場、シャワー、トイレも完備され夏場は観光客で賑わう伊良部島の中でも人気の観光スポットです。

前浜にも負けない美しさ

沖縄・宮古島を代表するビーチといえば、前浜ビーチを思い出す人が多いと思いますが、この前浜にも勝るとも劣らないのが、この渡口の浜です。
波打ち際
見てください、このクリアな海水と真っ白な砂浜を!

この海が日本にあるなんて信じられないと思いますがあるんです、ここ伊良部島に。

お天気が良いと一段とグラデーションが青く美しく輝きます。

泳ぐ際は自己責任で、よく注意してください

白い砂浜青い海
この日も観光客が海水浴を楽しんでいましたが実は渡口の浜は海水浴場として公には認められていません。
渡口の浜にある看板
このような看板が設置されている通り「海水浴場」ではありません。と書かれてありますので遊ぶ際は自己責任でということになります。

監視員なども居らず、波が高い時などは危険ですのでくれぐれも気をつけてください。

自己判断が難しい場合は地元の方で海のことを良く知っている人に必ず聞くようにしてください。

お腹が空いたら食堂へ

渡口の浜は東と西の端に、それぞれ食堂とシャワー施設があります。
東側にある駐車場と食堂
東側にある駐車場と食堂。
西側にあるシャワーとトイレ施設
西側にあるシャワーとトイレ施設。

どちらの食堂も地元の方が営業されていて宮古そばなどのメニューがあります。

それぞれ個性のある、おいしいそばを食べることができるのでお腹が空いた時は、ぜひ立ち寄ってみてください。

ちなみに、こんな楽しみ方もおすすめです

ここの海はサンゴ礁などもなく、魚もあまり泳いでいないのでシュノーケリングをするには物足りなさがあります。

なので海に入るよりもピクニックがオススメです。
木陰で一休み
沖縄の海岸でよく自生している大きなモンパノキがありちょうど良い木陰になっています。

気軽に持ち運べるハンモックなどもネットなどで販売しているので持ち込んでゆっくり休むのも良いと思います。

もちろん砂浜にそのまま寝転んで昼寝や読書をするのも贅沢な過ごし方のひとつですね。
木陰からの海
木陰から写真を撮るのもおすすめです。

海はすぐそこ、徒歩約10秒!

ビーチからすぐそこに駐車場
写真を見て、わかると思いますが車を停めて徒歩約10秒。すぐそこにビーチがあります。

本土で人気のあるビーチでは遠い駐車場に車を停めて重い荷物を持って歩いてと、苦労が多いですがここでは海まで歩いてすぐ、混雑することはほとんどないのでストレスはフリーです。

島までの移動距離や時間のことはこの素晴らしい景色を見れば、きっと忘れるでしょう。
岩の看板
観光地巡りで、慌ただしく写真だけ撮って行ってしまう人も多いですができれば1日たっぷり時間を使って過ごしてほしい、そんなスポットです。

スマートポイント

  • 沖縄の夏の日差しは本土の1.5〜2倍の強さがあると言われています。何もしないで30分、太陽の下にいるだけで肌が火傷したかのように焼けるので対策が必要です。
  • 徒歩圏内にスーパーや商店がないので、必要な場合はあらかじめ飲み物や食べ物を買って、準備してから遊びに行きましょう。
  • シャワー施設は一部有料になっているので、あらかじめ小銭の準備を。

ライターのおすすめ

台風前や後はかなり波が高くなり非常に危険です。残念な事に事故も起きていますので、泳ぐ際は必ず地元の方に安全かどうか確かめてから海へ入るようにしてください。

ほりかわくみ

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+