* menu
閉じる

観光観光

2016.03.15

【沖縄子連れ旅】大自然の中で
家族で楽しむうちなーファーム

writer : 鈴木亜希子

「うちなー」とは沖縄の言葉で「沖縄」のこと。
沖縄本島最南端の糸満市にあるうちなーファームは
那覇空港から車で30分ほどの近い距離にあるのに
自然に囲まれた、時間がゆったりと流れているように感じられる場所。
沖縄ならではの遊ぶ・触れ合う・食べるを、大人から子どもまで
たっぷり楽しめるの家族旅行におすすめの観光地です。
うちなーファーム

うちなーファームの楽しみ方はトラクターバスに乗って知る

受付を抜けると、子どもが思わず走り出してしまいそうな開放感たっぷりの広大な敷地が広がっています。
ガイド付きのトラクターバス
うちなーファームは約8万坪あるそうで、なんと東京ドーム6個分に相当!そんなとにかく広いうちなーファームを楽しむために、
まずはガイド付きのトラクターバスに乗車するのがおすすめ。
園内の所々にバス停
ガタンゴトンと揺れながら進みますが、これがまた楽しくてテンションが上がります!
園内の所々にバス停があるので乗り降りも自由。
またガイドスタッフがうちなーファームを楽しむポイントや豆知識を教えてくれるので聞き逃さないように~。
ガイドスタッフ

水牛車に乗ってのんびり過ごす、うちなーファーム時間

うちなーファームでは11頭の水牛が飼育されており、水牛車を運行して
います。沖縄本島南部ではうちなーファームでしか水牛車に乗ることはできないので、貴重な体験ができますね。
この日は水牛飼育スタッフの種村春香さんと水牛のゆりちゃんペアが担当。
水牛と種村さん
「水牛達がかわいくてしょうがない!」という種村さんの水牛愛たっぷりのトークに引き込まれてながら園内をゆっくり進んでいきます。
園内をゆっくり進む水牛車
さらに進んでいくと園内には水牛のための池があり、水牛車がざぶんざぶんと池の中に入っていく瞬間はドキドキが止まりません!
水牛のための池

うちなーファームで育てられた素材を生かしたランチメニュー

お腹が空いたら園内のレストランへ。
お子様にも大人気メニューというシェフのおまかせピッツァは園内で育てられた野菜やハーブがふんだんに使われています。
おまかせピッツァ
生地はもっちりで食べ応えがあります。
ピッツァを食べる子供
シェフのおまかせランチはスープ・サラダ・自家製フォカッチャ・コーヒーも付いておしゃれなのにボリュームがあり大満足!
シェフのおまかせランチ
もし運転手でなければ、ランチと一緒にこちらもいかがですか?
フルーツワイン
園内にはワイナリーがありパッションフルーツ・アセロラ・マンゴー・
シークヮーサーなどの沖縄の南国果実を使ったフルーツワインを製造しています。レストランではこれらのワインも楽しめるのです。

餌やり体験や乗馬体験でいろいろな動物達と触れ合う

うちなーファームのふれあい広場ではミニブタ・ヤギ・うさぎ・モルモットなどの動物達がみんなを待っています。
ふれあい広場のミニブタ
広場の入り口ではスタッフがザクザクと野菜を切って餌を準備して
いました。
餌の準備
「たくさん餌やりをして動物達と触れ合いたい!」というお子さんにはおやつバスケットセットの購入がおすすめです。
おやつセットとおやつバスケットセット
餌をあげてはいけない動物もいるのでルールを守りながら餌やりを楽しんでくださいね。
餌やりをする子供とミニブタ
そしてシマウマ・ロバ・馬広場では乗馬体験も可能です。
乗馬体験
スタッフが馬を引いて乗馬コースをのんびり歩くので、小さいお子さんでも安心です。

食べごろの野菜や果物を収穫して、その場で味わう!

うちなーファームには農場があり、沖縄の伝統野菜や果物を中心に一年中作物を育てているので、収穫体験ができます。
道具はすべて準備されているので手ぶらで参加できるのはうれしいですね。
今回はさとうきびの収穫に挑戦しました。
まずは使い方や収穫の仕方を教えてもらいます。
収穫体験
沖縄での畑仕事でよく使われる、クバガサ(クバの葉で作った笠)をかぶって雰囲気も盛り上がる中、いよいよ収穫です。
収穫したてのさとうきび
結構力がいるのでぜひ親子で協力して収穫を楽しんでください。
そしてその場で収穫したてのさとうきびが味わえるもの収穫体験ならでは。
さとうきびを食べる子供
さらに搾り機にかかければさとうきびジュースのでき上がりです。
笑顔の子供
想像以上の自然の甘さに思わず笑みがこぼれます。
こんな収穫体験は家族旅行のいい思い出になるはずです。

スマートポイント

  • うちなーファームは糸満市にあり、那覇空港から車で30分ほどの距離にあるので旅行の初めや終わりにも気軽に遊びにくることができます。
  • とにかく広いうちなーファームですが、まずはトラクターバスに乗車してガイドスタッフからおすすめポイントを聞くと滞在時間に合わせて効率よく楽しむことができます。
  • 授乳室やベビーカー・車いすの無料貸し出しがあり(台数に限りあり)、通路(スロープ、手摺り)・トイレ・駐車場はバリアフリー対応なので安心して遊びに行くことができます。

ライターのおすすめ

動きやすい服装や靴を履いて、大自然に囲まれた広い園内を思う存分探検してください。高台にあり、お天気が良くても海風が強いので肌寒く感じることも。上着を持参してくださいね!

鈴木亜希子

2004年沖縄へ移住。看護師をしながら
週末はこどもたちと楽しいことがありそうな場所へのおでかけを楽しんでいます。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+