* menu
閉じる

お土産お土産

2017.07.24

トラベラーズファクトリーの
旅の楽しみ倍増のアイテム達

writer : ハタレイコ

お土産にぴったりのアイテム
「旅するように毎日を過ごすための道具」をテーマにステーショナリーや雑貨などの商品を扱う「トラベラーズファクトリー」。2011年に路地裏の古い建物をリノベーションしてオープンした東京・中目黒のお店は海外からの観光客も多く訪れる人気のショップ。「トラベラーズファクトリー エアポート」(成田空港)に続き、2017年4月27日に東京駅にオープン!ここでしか買えない東京駅限定の商品やお土産にぴったりのアイテムをご紹介します。

JR東京駅構内!悪天候でも安心のアクセス

「トラベラーズファクトリー ステーション」と名付けられたお店があるのは、東京駅構内の「グランスタ丸の内」の中。JR東京駅丸の内地下北口改札を出てすぐ、青いコンテナが目印です。店内には、文字通り旅行中に欲しくなるアイテムがところ狭しと並んでいます。
トラベラーズファクトリー ステーション

まずは、『トラベラーズノート』をチェック!

旅行の思い出って、どのように取っておこう?今の時代、写真はデジタルで残しておけるけど、チケットの半券や感動するほど美味しかったお店のレシートなど、もう使うことはないけれど、なんとなく捨てられないものってありますよね。日記やメモとともにそんな旅の記録を残すのにぴったりなのが、『トラベラーズノート』です。特製の皮のカバーは、使い込むほどに味が出て手に馴染むと人気です。
トラベラーズノート

東京駅限定デザインに胸キュン!

「トラベラーズファクトリー ステーション」限定の『トラベラーズノート STATION EDITION』4,200円(税抜)には、架空の列車「トラベラーズトレイン」のロゴ。同じく、トラベラーズトレインのロゴの入ったレフィル420円に、店頭でオリジナルスタンプを押して、東京駅から旅だけでなく日々の記録を残してみては?
トラベラーズノートとレフィル

東京駅のお土産にぴったりのアイテム

また、2012年10月に復元工事が完了し、1914年に開業した時の姿に戻った東京駅丸の内駅舎をモチーフにした限定商品もいろいろ。『コットンバック』や、『トラベラーズノート レフィル』など、ちょっとしたお土産にいかが?
東京駅丸の内駅舎をモチーフにした限定商品

電車好きにはたまらないJRとのコラボ商品も

ポップで目を引く『ロールシール』は、「あずさ」「白鳥」「はくたか」などの特急列車のヘッドマーク。鉄道ファンでなくとも、欲しくなっちゃいそうですね。手頃なお土産にもぴったり、お父さんなど懐かしいと喜んでくれそうです。
ロールシール

マスキングテープもいろいろ

巷で人気のマスキングテープの品揃えも充実。山手線や東京メトロの駅が順番にプリントされたマスキングテープは全部揃えたくなってしまいます。「トラベラーズファクトリー」のオリジナルマスキングテープは、英語で日本の風物詩を紹介する洒落たトラベルガイドになっています。
オリジナルマスキングテープ

スタンプコーナーで東京旅行の想い出作り

お店の一角にあるスタンプコーナーでは、オリジナルのスタンプを試すことができます。東京駅のスタンプ以外にも全国各地の名物や特産物をモチーフにしたスタンプがあるので、地元のスタンプを探してみては。購入した『トラベラーズノート』に押して想い出に残すことができます。
スタンプコーナー

※ 『トラベラーズノート』は株式会社デザインフィルの登録商標です。
※ JR東日本商品化許諾済
※ JR東海承認済
※ JR西日本商品化許諾済
※ JR九州承認済

スマートポイント

  • 限定品は、品切れになっていることもあるので、欲しいものが決まっている場合は、あらかじめ問い合わせることをおすすめします。
  • 小さなスペースには、他にも役立つグッズがいろいろ。コンケースなどの皮小物もバリエーション豊かです。
  • 封筒も販売されているので、東京駅のスタンプを押して便りをだしてみてはいかがでしょう。東京駅構内丸の内中央口近くのポストから投函すると東京中央郵便局の風景印が教えてもらえます。

ライターのおすすめ

「トラベラーズファクトリー ステーション」は、とにかくどの商品も欲しくなってしまいます。その世界観をもっと体験したい方は、中目黒の「トラベラーズファクトリー」を訪問してみてくださいね。わざわざ行く価値ありですよ!

ハタレイコ

九州出身、食いしん坊部屋。美味しい食べ物とお酒が欠かせない性分のPRコーディネーター。日本の伝統文化に興味があり、少しずつ歴史ある街の散策を始めている。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+