* menu
閉じる

季節特集季節特集

2017.03.24

華やかにいろどる桜並木を歩き
人気お花見スポットを楽しもう

writer : 高田 洋子

千鳥ヶ淵の桜
『千鳥ヶ淵』は皇居の北西にあるお堀のことです。この一帯にはソメイヨシノや山桜など約260本が植栽され、例年100万人の人出がある東京屈指の人気お花見スポットです。お堀の両岸から水面に向かって伸びる見事な枝ぶりと手漕ぎボートの光景は、テレビでもよく放映されるので、一度は見たことがあるのではないでしょうか? 今回は、開花時期に開催される「千代田のさくらまつり」に焦点を当てご紹介します。

春爛漫!千鳥ヶ淵一帯がピンクに包まれる♪

千鳥ヶ淵緑道を中心に、千代田区は毎年「さくらまつり」を開催しています。2017年は3月28日(火)~4月6日(木)期間中は夜桜観賞ができるようLEDライトアップや、ボートの夜間特別営業を実施。その他、周辺の神社や劇場、大学などで関連イベントが多数開催されます。(開花状況により変更になる場合があります)
夜桜

歩き方は二通り。北から行くか、南から行くか⁈

東京メトロ「九段下」駅を使う方は、緑道の北側入口からスタートします。北側は、お堀にかかる桜やボートを見ることができるあの場所です。東京メトロ「半蔵門」駅を使う方は、南側入口からスタートです。こちらは英国大使館近辺に縦に長く開けている「千鳥ヶ淵公園」があり、約170本の桜が咲き乱れます。
桜の花のアップ

ボートに乗ってみる? 散策してみる?

満開の桜を愛でながら緑道をゆっくり散策するのも良いですが、ボートに乗って、お堀の中から間近に迫る桜を見上げるのも圧巻です。喧騒を離れ、時折散りゆく桜の花びらをのんびりと眺める。風情があって、とても贅沢な時間を過ごせるはずです。
お堀と桜

東京の中心をお花見しながらお勉強

「さくらまつり」では、会期中に無料の「さくらツアー」を開催。千代田区の魅力を「江戸東京ガイドの会」の皆様が教えてくださいます。桜について・見どころ・ベストスポットなど、たくさんの教えを受けることができます。知識があると、お花見が数倍楽しくなると思いますよ。
さくらツアー

© (公財)東京観光財団

春の夜風に誘われて、必見の価値あり!

「さくらまつり」会期中は、千鳥ヶ淵の桜が夜間ライトアップします。漆黒の闇の中、おぼろげに白く光る桜の巨木。日中は生命力あふれる美しい色を見ることができますが、夜間に見る繊細な花ばなの重なりは、ずっと見ていたくなるほどです。
千鳥ヶ淵の桜の夜間ライトアップ

期間限定! 「さくらまつり」でしか手に入らないもの

「さくらまつり」期間中でしか手に入らないグッズは、ボート場近くのグッズ販売屋台、または九段坂の緑道入口にあるグッズ販売ブースの2カ所でのみとり扱い。べっこう飴に桜の花びらを閉じ込めた飴や、江戸城古地図タオル、桜染めハンカチ、などオリジナルな商品が並んでいます。

スマートポイント

  • あまりの人の多さでお花見どころじゃないわ! という方に朗報です。4月1日、2日は桜巡りのできる無料バス『さくらカルガモ号』が運行します。停留場は「千代田区観光協会」など。ぜひご活用ください。
  • 今年のお花見は「和装」で楽しんでみませんか?着物をレンタルできるので手ぶらでOK。詳細はこちら→http://kanko-chiyoda.jp/tabid/3836/Default.aspx
  • 観光案内所には、是非立ち寄ってください。桜や宮内の案内、公式ガイドマップを配布しているので、効率的に皇居・千鳥ヶ淵周辺を楽しむことができますよ。

ライターのおすすめ

皇居・千鳥ヶ淵緑道のすぐ横に位置するインド大使館では、桜の満開・見ごろの時期に合わせて、毎年『さくらフェスティバル』を開催しています。インド料理に舌鼓を打ったり、ステージを楽しむことができますよ。

高田 洋子

ライター、歯科衛生士。みなさんのお口の健康を守って20年。いつの間にやらライターに。日々子育て奮闘中。JAZZとコーヒーをこよなく愛す道産子です。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0