* menu
閉じる

観光観光

2017.07.11

夜景とともに楽しもう
東京の夏!神宮外苑花火大会

writer : 木舩なお

神宮外苑花火大会
夏の風物詩である花火大会。東京近郊の花火大会は実はとっても多いんです。中でも都心の真ん中で楽しめる神宮外苑花火大会は、東京ならではの花火大会。特にメイン会場の神宮球場は間近であがる大迫力の花火あり、有名アーティストやお笑い芸人達のライブもありのお楽しみが満載!日中は表参道でお買い物やランチ、夕方には外苑付近の散策も楽しめます。神宮外苑花火大会の楽しみ方をご紹介します。

約50年の歴史ある神宮外苑花火大会

神宮外苑花火大会は昭和55年(1980年)8月1日、明治神宮鎮座60年記念の一環として神宮球場で開催されたのが始まりです。その後、毎年恒例の花火大会となり、今年で38回目を迎える、都会のど真ん中であがる花火は東京の夏の楽しみの一つとして定着しました。現在は神宮球場をはじめ計4会場で開催されています。
東京の夏の風物詩

2017年は8月20日(日)に開催決定!

神宮球場で開催される神宮外苑花火大会はプロ野球の試合の関係上、年によって日程が変わります。毎年5月下旬に主催である日刊スポーツの紙面やホームページで開催日やチケットの発売日が発表されます。花火の打ち上げ数は約12,000発。 打ち上げ時間は午後7時30分~8時30分で、基本的に雨天決行。荒天時は翌日に順延となります。
打ち上げ花火

目的やメンバーに合わせて会場をチョイス!

「神宮球場」をはじめ、「秩父宮ラグビー場」、「神宮軟式球場」、「東京体育館敷地内」計4会場で開催されます。メイン会場の「神宮球場」は目前であがる花火はもちろん、打ち上げ前は豪華アーティストのライブが楽しめます。「神宮軟式球場」は露店も並びお祭りの雰囲気満点。「秩父宮ラグビー場」は駅から近く移動しやすい会場で大スクリーンでライブ映像も楽しめる会場です。「東京体育館敷地内」は花火が見やすく指定席でゆっくり鑑賞できる穴場です。
夜空に輝く華やかな花火

チケットは早めに入手を!

それぞれの会場への入場はチケットが必要です。毎年6月中旬から下旬にチケットが発売されます。購入方法はチケットぴあのウェブや電話予約、また全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクスでも購入可能です。5月中旬~下旬に日刊スポーツの紙面やホームペ-ジで毎年の発売日や購入方法が掲載されますので、チェックしましょう。
色とりどりの輝き

花火会場の近くのお勧めスポットや楽しみ方

神宮外苑の周辺には、表参道、原宿、赤坂などのショッピングやグルメが楽しめる観光スポットや、明治神宮・豊川稲荷別院などのパワースポット、外苑銀杏並木付近にはカフェやレストランがたくさんあります。都会とは思えない緑いっぱいのビアガーデン「森のビアガーデン」、「神宮プール」などデートでもファミリーでも楽しめるスポットが盛りだくさん。表参道などでゆかたの着付けレンタルするのも粋な楽しみ方ですね。ただし、花火の開催日はどこもかなり混雑するので、事前に問い合わせるなどの準備が必要ですよ!
フィナーレ

スマートポイント

  • 当日は交通規制が敷かれますので車での移動はご注意を。青山近辺をタクシーで移動はおすすめしません。
  • 会場ごとに最寄り駅が違います。駅から会場までかなり混雑するので人並みに飲まれると思っていない方向に向かってしまうことも。事前に経路をチェックしておきましょう。
  • 青山2丁目交差点付近のいちょう並木は外から花火が見れる穴場ではありますが、とにかく混雑するので、もし花火鑑賞をするつもりでいるなら、疲れない靴や荷物を小さくするなど気をつけた方が良いでしょう。

ライターのおすすめ

会場に入れない方へのおすすめは、東京タワーや六本木ヒルズなどの高い建物が穴場の鑑賞スポットです。会場とはまた違う、東京のきらめく夜景の中にあがる花火もとても魅力的です。ただ、事前に方向はチェックしてみてくださいね。

木舩なお

東京都出身。ホテル関係の仕事を経て、ヨーロッパの食品輸入商社に勤務し20年たらず。趣味のドライブや旅行、料理を通して楽しい記事をお届けしたいと思います。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0