* menu
閉じる

観光観光

2016.09.29

世界自然遺産「知床」の懐へ!
感動のカムイワッカクルーザー

writer : 藤本誠一郎

北海道の最北東の知床半島。東側の羅臼からも、西側のウトロからも陸路で行ける道はなく、文字通り最果ての地です。人の侵入を拒むような荒海に浸食された断崖絶壁の海岸が続く半島の核心部へ、海上から気軽にアクセスできるのが観光船です!
美しい海
なかでも小型のクルーザーは、小回りが利き、奇岩や滝が連続する断崖絶壁の海岸線にかなり近づけるので迫力満点! 大自然の風を全身で感じながら、船からでしか見ることのできない、原始の姿を残す素晴らしい光景の広がる「知床」を楽しみましょう!

カムイワッカクルーザーで知床の海へ! 目指すは遥か知床岬

カムイワッカクルーザー
今回ご紹介するのは、知床半島の西側に位置するウトロ港から就航しているゴジラ岩観光の小型観光船「カムイワッカクルーザー」の知床岬コース。往復約3時間のクルーズです。他にもカムイワッカコース、ヒグマウォッチングコースがあります。チケット売り場・待合所は国道からウトロ港方面へ入ったすぐのところにあり、無料駐車場も完備しています。
小型船『カムイワッカ88』
待合所から港へはスタッフに先導されて徒歩5分ほど。写真の船は「カムイワッカ88」。総トン数19トン、長さ16m、最高速度20ノット、定員82名、男女別トイレ完備の小型船です。予約順に乗船しますが、全席自由席で航行中いつでも船内を自由に移動できるのでご心配なく。
オープンデッキ席
船内は1階前部に室内席、1階後部と2階はすべてオープンデッキ席。天気が良い日は視界が広がる2階オープンデッキがオススメ! 船長の楽しいガイド(船内マイクアナウンス)を聞きながら、いざ出航!

連続する迫力の断崖絶壁! 数々の滝と奇岩に歓声も!

断崖絶壁の海岸
ウトロ港を出航して右手に知床連山を眺めながら進むと、間もなく断崖絶壁の海岸に近づいていきます。断崖の入江の奥に「フレペの滝(乙女の涙)」「男の涙」という名の滝が連続して現れます。
染み出す滝
川から豪快に流れるような滝ではなく、断崖からひっそりと水がしみ出すように流れ出ている、知床ならではの珍しい滝。仰ぎ見るほどの迫力で、滝のある断崖絶壁を堪能できます。
象のような岩
象の形にそっくりの微笑ましい象岩や柱状節理、こけし岩などの奇岩が続き、オーバーハングした迫力の知床五湖の断崖では、五湖から地中に入った水が岩肌から湧き出ています。知床ならではのダイナミックな景観に、乗船客の歓声も響きわたります!
断崖絶壁
そして硫黄山が近くに見えてくると、有名なカムイワッカ湯の滝が見えてきます。強い硫黄の成分を含んだ滝は、このあたりの海水の色まで変えるほど! 硫黄山から一直線に流れてくる豪快なこの滝の景観は、知床八景のひとつになっています。
カムイワッカ滝

ルシャ湾周辺はヒグマたちの楽園

カムイワッカ湯の滝を過ぎると、ヒグマ生息エリア! なかでもルシャ湾はかなりの確率で遭遇できるスポット。船上から見つけるのは素人には困難ですが、元漁師のカムイワッカクルーザーの船長はさすがプロ! すぐに見つけて教えてくれます。
ヒグマ
小型船ならではの機動力で、ヒグマを刺激しない範囲で、肉眼でもしっかり確認できる距離まで近づいてくれます。船長の滑らかな口調の楽しいガイドを聞きながら、ゆっくり観察&撮影タイム。
ヒグマの親子
今回遭遇したのはヒグマの親子でしたが、近くで見るとやはり凄い存在感! 陸上ではできれば会いたくないですが、こうやって安全な船から見ていると、のびのびと走り回っている子熊など、微笑ましく感じてしまいます。 
オジロワシ
また、この海域は海鳥の宝庫でもあります。切り立った断崖は海鳥たちの住処となっていて、船のすぐそばまでやってくるウミウやケイマフリなどを観察できます。ときにはオジロワシが現れることも!

草原の広がる穏やかな最果ての地 知床岬

カシュニの滝
ルシャ海岸を過ぎ、岩場を豪快に流れ落ちるカシュニの滝を過ぎると、海岸もしだいになだらかな段丘に変わり、緑がまぶしい草原が見えてきます。いよいよ最終目的地の知床岬はすぐそこです。
美しい草原と海 
特別保護地域に指定されているため、もちろん上陸はできません。しかし、荒々しい断崖絶壁の連続の後に見る草原は、美しく穏やかに感じることでしょう。晴天時には遠く国後島を望むこともできますよ!
船からの様子
知床岬を沖合から思う存分眺めたら、ウトロへと引き返します。復路ではやや沖合を航行するため、知床連山などの遠景を楽しめます。運が良ければイルカなどに遭遇することもあり、最後まで楽しみが続きます。
知床半島
陸からは見ることの出来ない断崖絶壁の海岸、奇岩や滝の景観!そしてヒグマなどの野生動物に遭遇するチャンスも! 日本最後の秘境「知床半島」を海上から満喫する、感動の「カムイワッカクルーザー」の旅をぜひ一度体験してみませんか。

スマートポイント

  • 最果ての知床、斜里側の玄関口ウトロまでのアクセスは、公共交通機関ではJR知床斜里駅からバスもありますが、利便性を考えると、マイカーや各空港などからレンタカーで、知床までのドライブも楽しむ方がベター。
  • ゴジラ岩観光では、乗船は予約順なので、電話やWEBサイトから早めに予約しましょう。サイトには割引券もありますよ!また当日朝から運航情報が掲載されるので要チェック!防寒、船酔い、紫外線対策も忘れずに。
  • ご紹介した夏のウトロクルーズの他にも、冬の流氷ウォーク、また半島の東側の羅臼では、夏のラウスクルーズや冬の流氷クルージングなど、季節ごとに知床の海を楽しめます。詳しくはオフィシャルサイトで!

ライターのおすすめ

ヒグマを見たい方は知床岬コースかヒグマウォッチングコースを選びましょう。夏場は90%以上の確率で遭遇できます!また見所は海岸に近づく往路では進行方向右側なので、右側の席をぜひゲットして!

藤本誠一郎

網走在住のグラフィックデザイナー。道東オホーツクから、とっておきの観光スポット情報をお届けいたします!

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0