* menu
閉じる

カフェ・スイーツカフェ・スイーツ

2016.08.26

富良野でドラマの世界を体感
森の素敵空間、珈琲 森の時計

writer : 石渡裕美

ラベンダーをはじめ、色とりどりの花々や緑に囲まれた観光地として、また、数々のドラマのロケ地としても人気が高い富良野。2005年1~3月に放送されたフジテレビ系ドラマ「優しい時間」の撮影で実際に使用されたカフェが、新富良野プリンスホテル敷地内にある「珈琲 森の時計」です。
店内
富良野の自然に包まれ、森の中の隠れ家のような空間で、心癒やされるひと時を過ごしてみませんか。
森の中にあるカフェ

提供写真:新富良野プリンスホテル

富良野の森にそっと溶け込むようにたたずむカフェ

JR富良野駅から車で約10分ほどの新富良野プリンスホテル。メインの建物から敷地内の森の中の散策路を5分ほど歩くと、木々の間に静かに溶け込むようにしっとり落ち着いたカフェが姿を見せます。
外観
扉を開けると、そこに広がるのはドラマの世界そのもの! そう、富良野になじみ深い倉本聰さんが原案・脚本を担当し、寺尾聰さんや大竹しのぶさん、二宮和也さんらが出演した「優しい時間」です。
エリート商社マンである主人公と、母(主人公の妻)を死なせてしまった息子との確執、そして富良野・美瑛の自然の中で彼らが絆を再生していく姿を、倉本聰ならではの人間愛あふれる視線で描き上げ話題となりました。カフェはドラマ撮影終了直後の2005年3月から営業しています。
ドラマで見たあの風景
木と土壁の温もりを大切に倉本さんがプロデュースした店内は、大きな窓に一面の緑が広がる心落ち着く空間。店の中にいても、森の中で過ごすようなくつろぎと安らぎを感じます。

ドラマの世界そのまま! ゆったり時が流れる世界へようこそ

一番人気はカウンター奥の窓際、ドラマで大竹しのぶさんが座っていたあの席です。この席に座りたくて、順番待ちをする人も多いそう。窓に飾られたカスミソウもドラマの世界そのまま。ここにはあの「優しい時間」がそのままに流れているのです。
カウンター奥の席
カウンター席でコーヒーを注文すると、優しい声の店長さんが「ご自分で豆を挽かれますか?」とニッコリ。ミルを回す手ごたえや音、ふわりと立ち上る香りも楽しみましょう。自分で挽いた挽き立ての豆で、ネルドリップで丁寧にコーヒーを淹れてもらえます。
珈琲を挽く様子
店長さん
こちらはオリジナルの「ブレンドコーヒー」(600円)。挽き立てならではの香りで、マイルドで柔らかな飲み口。カップも一人ひとり違う柄の陶器で出していただけるんですよ。
ブレンドコーヒー
挽きたてのコーヒー

味わい深いカレーや富良野らしさあふれるケーキも味わって!

スパイシーな「森のカレー」(1,030円)もぜひ味わいたい一品です。チキンがホロホロになるまで煮込み、ゴロンゴロンのニンジンは甘みがあって柔らか。油をほとんど使わずに仕上げた上品な味わいで、ご飯はもちろん道産米を使っています。
森のカレー
ケーキも見逃せません。初冬をイメージした「初雪」、真冬をイメージした「根雪」、早春をイメージした「雪解け」があります。こちらは「雪解け」。スポンジが雪を、チョコレートクリームが大地を表現しています。各780円。コーヒーとのセットは1,240円です。
ケーキ「初雪」
ふと天井を見上げると、どっしりした梁と高い天井が。不思議なほどに「帰って来た」ような懐かしさを感じさせてくれます。
高い天井

夏はテラス席も人気。四季折々の素晴らしさが楽しめます

夏季にはテラス席もオープン。カラマツやシラカバに囲まれ、野鳥や時にはエゾリスの訪問も受けながら進む「森の時計」の時間は、どこまでも優しくゆったり。ここだけでしか過ごせない、思い出深いひと時を過ごせます。ドラマファンもそれ以外の人もぜひ訪れてほしい、大人の隠れ家カフェです。
テラス

スマートポイント

  • 自分で豆を挽けるカウンター席は大人気。予約は不可で、並んで待つことも多いため、余裕を持ってお出かけを。夜が比較的空いています。
  • 新富良野プリンスホテル駐車場から徒歩5分程度。ニングルテラスの「ドラマ館」横に散策路入口があります。ドラマ館では、森の時計で使用しているコーヒー豆やミルも販売しているのでチェックしてみて。
  • 豊かな自然のなかでくつろげる散策路やテラス席ですが、自然ゆえに虫がいるのは仕方ない! 気になる人はホテル売店で虫よけやミントスプレーを入手してからお出かけを。

ライターのおすすめ

大竹しのぶさんになり切って、カウンター奥の窓際席で過ごすひと時は格別。ドラマを見ていない人でも十分に思い出深く楽しめますが、見てから行けばより一層楽しめます!

石渡裕美

東京下町から札幌に移住して早20年。北海道LOVE、特に日高・十勝・函館が大好きです。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0