* menu
閉じる

季節特集季節特集

2018.01.09

雪と氷と寒さで遊べ!
流氷あいすらんど共和国

writer : 金子 美里

流氷あいすらんど共和国
流氷の町として知られる紋別市。流氷あいすらんど共和国は、極寒の2月に紋別市内に開国する雪と氷の共和国です。オホーツクの海を見渡せるガリヤ地区に毎年約1ヶ月間存在するこの国では、冬だからこそ体験できるアクティビティや、寒さを楽しむイベントなどが、さまざま企画されています。北国の冬を思いっきり満喫したいなら、流氷あいすらんど共和国の国民になっちゃおう!

紋別への愛にあふれた流氷あいすらんど共和国

紋別市はオホーツク海に面した北海道東部の港町。札幌や旭川と高速バスで繋がっているだけでなく、市内にはオホーツク紋別空港があるほか、女満別空港も利用できて、道内・道外から観光客が訪れるスポットです。
流氷あいすらんど共和国看板
観光のオンシーズンである2月に、紋別市内に開国する楽しい共和国があります。流氷あいすらんど共和国と名付けられたこの国がスタートしたのは、1985年。郷土を愛する人たちが、流氷のシーズンを楽しく過ごせるように、とアイディアを出し合ったのが建国のきっかけです。
流氷あいすらんど共和国を運営する人達
2月1日の開国日

提供写真:流氷あいすらんど共和国

約一カ月限定の国家でありながら、大統領や副大統領など、国を運営するリーダーをしっかりと決め、北ヨーロッパの北大西洋上にあるアイスランド共和国とも日本領事館を通じて交流を行うほど本格的!

毎年2月1日の開国日には、流氷あいすらんど共和国の旗とともに、北欧のアイスランド共和国の国旗も掲揚し、開国を祝います。国際的にも認められた(?)この雪と氷の国で、思いっきり紋別の冬を満喫しちゃいましょう!

昼は巨大迷路で遊んで、夜はライトアップでロマンチックに

共和国があるのは、オホーツクの海に面したガリヤ地区と呼ばれるエリアです。近くには、流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱの乗り場になっている海洋交流館や、オホーツクタワー、北海道立オホーツク流氷科学センターなど観光名所が集まっています。冬の紋別観光とともに限定国家でも遊べちゃいますよ。
雪で作った巨大迷路

提供写真:流氷あいすらんど共和国

目玉の一つは、雪で作った巨大迷路。仮設迷路とあなどるなかれ、実は大人でも迷ってしまうほどの超難関迷路になっているんですよ。
大人でも迷ってしまうほどの超難関迷路
高さ約3mという巨大さに圧倒されながら、迷路へ入っていくと、高い壁に囲まれた細い通路は、スリルいっぱい! 
迷ったときの連絡先
本当に迷って出口までたどり着けないという人もいて、通路のところどころに迷ったときの連絡先が掲げられていることからも、迷路の難解さがわかりますね。
ライトアップされる共和国
日が暮れると、共和国全体がライトアップされてロマンチックな雰囲気に。氷のステージや氷で作られたレストランなどに、赤や青の光がキラキラ輝くようすは幻想的です。ステキな記念写真も撮れちゃいますよ。

雪や氷と戯れるイベントも目白押し!

開国期間中には、さまざまなイベントも企画されていて、雪や氷と楽しく戯れることができますよ。当日参加もOKのイベントが多いので、観光で訪れても、日程と時間さえ合えば、すぐに遊べるところがうれしいですね。
迷路タイムトライアル

提供写真:流氷あいすらんど共和国

メイン施設・巨大迷路を使ったイベントは、いかに早く迷路を抜けられるかを競う「迷路タイムトライアル」と、迷路内で宝探しをする「巨大迷路大宝さがし」。とくに、宝さがしの商品は毎年豪華で参加者も大喜び! 参加者分のプレゼントが用意されているのもうれしいですね。
バナナボートやスノーモービルなどで遊べるスペース
近くの広場は、週末になるとバナナボートやスノーモービルなどで遊べちゃうスペースに早変わり。楽しそうな歓声が響きます。
野外で陶器を焼く流氷野焼き
ほかにも、もんべつ流氷まつりに合わせて、野外で陶器を焼く流氷野焼きを開催。市民や市外有志の人たちの作品を、野焼きにします。巨大な炎を見つめていると、不思議と心穏やかに。どこか神聖で、ずっと眺めていたいような気持ちになりますよ。
ほかにも、雪中パークゴルフなど、ユニークな催しが目白押しです。

熱気むんむん! オホーツクまるかじりパーティー

共和国最大の催しといえば、オホーツクまるかじりパーティー! この盛大な焼き肉パーティーは、建国の1985年から続く伝統の行事。流氷まつりの開催中、2月上旬の土曜日の午後6時からスタートします。
オホーツクまるかじりパーティー

提供写真:流氷あいすらんど共和国

屋外は流氷も訪れる氷点下。寒さは厳しいですが、会場は熱気に満ち溢れています。ずらりと並ぶ炭焼き台では、焼き肉がじゅうじゅう焼かれ、おいしそうな香りが!
「まるかじりセット」付きの参加チケットを購入

提供写真:流氷あいすらんど共和国

ジンギスカンなどが入った「まるかじりセット」付きの参加チケット(1,500円)を買って入場。会場では、殻付きカキや生ビール、日本酒など食材や飲み物も販売しています。さらに、鉄砲汁(カニ汁)の無料コーナーもあって、紋別や北海道の味覚を存分に堪能できますよ。
クライマックスの花火大会

提供写真:流氷あいすらんど共和国

クライマックスは花火大会! 真冬の夜空に咲く花火は、とてもきれいで、きっと忘れられない思い出になるはずです。

寒さと雪を楽しめちゃうあいすらんど共和国。期間限定の共和国で、冬だからこその楽しい、うれしい、おいしいを思いっきり味わいましょう!

スマートポイント

  • 開国中には、もんべつ流氷まつりや氷灯りの街もんべつなどのイベントも開催されます。タイミングを合わせて、いろいろなイベントを一緒に楽しみましょう。
  • 共和国があるガリヤ地区は、ガリンコ号Ⅱの乗り場やオホーツクタワー、北海道流氷科学センターなど、紋別の観光施設が徒歩圏内にあって、紋別観光も楽しめます。
  • 共和国には、氷のレストランがあって、なかでいつでも焼き肉が味わえますよ。また迎賓館の建物では、温かい飲み物や軽食を扱う売店があるので、ひと休みに便利です。

ライターのおすすめ

開国中の夜は、いつでもライトアップとイルミネーションが施されます。雪や氷に赤や青の電飾が輝いて、ロマンチックな雰囲気を味わえます。カップルで見に行けば、ムード満点ですよ。

金子 美里

フリーランスライター。地元情報誌の編集として勤めたのち独立。現在は観光情報誌や旅行雑誌などに執筆。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0