* menu
閉じる

観光観光

2020.01.10

白鳥大橋の景色も幻の駅弁も!
エンルムマリーナ室蘭

writer : 石渡裕美

白鳥大橋の南岸からもほど近い、静かな入り江にあるエンルムマリーナ室蘭。北海道では数少ない通年型のマリーナです。陸や浮桟橋にクルーザーが並ぶ景観のほか、建物前や2階ベランダから望む白鳥大橋や大黒島、対岸真正面の工場群の景観も見事です。
白鳥大橋
室蘭駅や母恋(ぼこい)駅などの売店で売り切れ続出、幻の駅弁とも呼ばれる「母恋めし」の製造元「母恋めし本舗」も1階に。2階には「港の貝の博物館」があります。

白鳥大橋の穴場ビュースポットでもあるマリーナ

JR室蘭駅または道央道室蘭ICから車で約12分ほど、美しい景観で知られる白鳥大橋の南岸近くにあるのがエンルムマリーナ室蘭です。会員のみならず、一般の人も自由に利用できる施設なのです!
エンルムマリーナ室蘭
センターハウスに入ってまず目を引かれるのは、ロビーに飾られている木造ヨット・エンルムⅠ世号。エンルムとはアイヌ語で「突き出た」という意味で、ここから車で10分ほどの景勝地「絵鞘(えとも)岬」とも同じ語源です。
木造ヨット・エンルムⅠ世号

最高の景観! 橋のほか工場や噴火湾、駒ケ岳まで

建物からマリーナ側に出ると、浮桟橋にはクルーザーやヨットが! 潮風に吹かれて眺める景色は爽快そのものです。
浮桟橋
右手には白鳥大橋、正面には対岸の崎守地区工場群、左手には大黒島や噴火湾の景観がノビノビと広がります。晴れた日には正面遠方に羊蹄山や有珠山、昭和新山、左手には道南の駒ケ岳までが見えるんです!
景観

海に遊ぶ魚たち。ほっこり優しい気持ちになれます!

白鳥大橋記念館からすぐ近くであるにもかかわらず、記念館前から見るのとは一味違うさらに開放感のある景色が見られて、なんだかお得な気分。キレイに澄んだ海水をよく見ると、チカやアイナメなどの魚が泳いでいて、何時間過ごしても飽きません。
開放感あふれる風景
夏は午後6時、冬は午後5時に閉館するため、橋や工場の夜景を見ることはできませんが、季節とタイミングによっては夕暮れ時の絶景に出合えます。

世界的人気。「幻の駅弁」の作り手はココなんです

建物1階には喫茶ブロートンがあります。このお店のまたの名は「母恋めし本舗」。完全手作りのため1日40食限定、JR室蘭駅や母恋駅などで販売され、連日早い時間に売り切れる人気駅弁「母恋めし」(1,188円)を作っているのはここなのです。
「母恋めし」(1,180円)
食事もできます。一番人気は、母恋めしのご飯にバターの風味をプラスし、ホッキだしのスープを合わせた「大黒島と夕日」(サラダ・オレンジジュース付きで1,400円)。噛むほどにじみ出るホッキの甘さとバターの香りが絶妙です。
「大黒島と夕日」(サラダ・オレンジジュース付き)1,400円
親切で面倒見のよいオーナー、関根勝治さん・久子さん夫妻との会話に心がほっこりと温まります。手が空いている時を見計らって、ホッキのこと、室蘭のこと、観光スポットのことなども質問してみましょう。いろいろと親身に教えてくれます。
オーナーの関根勝治さんと久子さん夫妻

世界の貝を展示する壮大な博物館にも感激!

関根さん夫妻は、貝・銀細工の工芸作家でもあり、さらに勝治さんは約30年をかけて世界中の貝・数万点を収集した貝博士でもあります。勝治さんが館長を務める2階の「港の貝の博物館」では、貝の種類の豊富さ、多彩さに思わず驚愕! 深海開発に関する展示も興味深いものばかりです。
港の貝の博物館
深海開発に関する展示
白鳥大橋のビューポイントとしては「穴場」とも言えるエンルムマリーナ室蘭。潮風に吹かれて海に浮かぶ船を眺めたり、絶品・母恋めしに舌鼓を打ったり、めずらしい貝に親しんだり。忘れられないひと時が過ごせること、うけあいですよ!
エンルムマリーナ室蘭からの眺め

※こちらは、公開日が2016年11月14日の記事となります。更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

スマートポイント

  • マリーナ1階では季節により、ホエールウォッチングやナイトクルージングも受け付けています。詳細はお問い合わせを。
  • エンルムマリーナ室蘭は北海道では数少ない通年営業のマリーナ。夏の爽快な景観も素敵ですが、橋や工場に雪が降り積もる冬の景色も荘厳な美しさです!
  • 「母恋めし」を販売するのはマリーナのほか、JR室蘭駅、東室蘭駅、母恋駅、道の駅みたら室蘭。午前中に売り切れるので、前日までの予約がベターです。

ライターのおすすめ

マリーナのお隣は日帰り入浴施設のむろらん温泉ゆらら。白鳥大橋記念館(道の駅みたら室蘭)、室蘭水族館、屋台村も徒歩圏です。合わせて訪れて楽しみましょう!

石渡裕美

東京下町から札幌に移住して早20年。北海道LOVE、特に日高・十勝・函館が大好きです。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0