* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.07.15

素材と味のアレンジが絶妙
「上本町富喜」の和食

writer : 松田きこ

正面玄関
若者に人気のYUFURAや、歌舞伎ファンに馴染みの大阪新歌舞伎座がある上本町は、昔ながらの商店街と新しい商業施設が混在する賑やかなエリアだ。なんばや天王寺にも電車で2駅という便利さから、界隈のホテルを利用する旅行者は多い。飲食店も多く選ぶのに迷ってしまうが、穴場店としてチェックしておきたいのが、近鉄上本町駅から南へすぐ、表通りから数メートル入った場所にある「上本町富喜」。繁華街にあることを忘れるような静かな和食の店なのだ。

肉厚のタチウオと極太のアスパラを組み合わせた一品

太刀魚とアスパラ
スタートは魚料理。春から初夏にかけて出回る極太のアスパラに、タチウオの身を巻き付けて焼いたアスパラのタチウオ巻き(2,000円)。ゆっくりとローストしたタチウオに醤油ベースのタレ、アスパラの淡白な味がよく合う。刺身用の新鮮なタチウオをあえて野菜と組み合わせて焼く、ぜいたくなメニューは意表をつくおいしさだ。

旬の食材をシンプルにかき揚げに

かきあげ
旬のものを組み合わせたかき揚げは、シンプルなだけに素材の味と組み合わせが大きなポイント。春の一時期に出回る桜エビと島ラッキョのかき揚げ(1,200円)は、まろやかな辛みの大人の味。別の季節にどんなかき揚げが登場するのか再来店したくなる。

和食の料理人が作るカレーパンとは

カレーパン
オープンから6年、この店の名物の一つがカレーパン(600円)。中に入っているキーマカレーは、たっぷりの野菜の旨みが溶け出したマイルドな辛さがポイント。お酒のあとのシメに食べたくなるのだ。
自家製パン
もともとはタンシチューとセットで出していた自家製パン(1袋300円)。あまりにも好評でテイクアウトができるようになった。ただし数に限りがあるので早いもの勝ち。

種類豊富な地酒たち

日本酒と
日本酒好きにはたまらない銘柄が並ぶ。料理に合わせて様々な地酒を味わってみたい。
店主さん
店主の吉田さんは、和食の道に進んで20年以上。素材の良さで勝負したいと、積極的に生産者とつながりを作っている。鮎は富山の鮎釣り名人から、ジビエは丹波篠山産のものなど、信頼できるところから仕入れるのだ。なかでも猟期となる冬は猪、鹿、時には熊肉も登場する。白い脂身の部分に天然の栄養を蓄えた熊肉は、だししゃぶでさっぱりといただくのがベストだそう。
シンプルな店内
看板照明

スマートポイント

  • 大阪上本町駅から3分ほどの便利な場所ながら静かな一角にある店は、落ち着いて食事やお酒を楽しめる。
  • 近隣にホテルがいくつもある便利なエリア。カウンター席もあるので、ちょっと優雅な一人ごはんにも利用できる。人気店なのでなるべく予約を。
  • 造り、焼物、天ぷらといった正統派の割烹メニューに加えて、サラダやカレーパンなど、洋のテイストを取り入れた料理が楽しめる。

ライターのおすすめ

大阪のミナミで店を任され、独立して上本町に店を構えた吉田さん。その味のファンとなり、長いお付き合いのお客さんも多い。近くの劇場に出演する役者さんたち御用達の店でもある。

松田きこ

おいしいものを食べるのも作るのも大好き、お酒はもっと好き。取材の旅先で酒蔵や温泉を訪ねるのが趣味です。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+