* menu
閉じる

沖縄おもしろ情報沖縄おもしろ情報

2016.02.23

卵焼きがのった沖縄そば
各店舗で違う味「いしぐふー」

writer : miya-nee(みやねえ)

沖縄本島の北部・名護市に本店を持つ沖縄そば専門店「いしぐふー」。県内に全9店舗(2016年2月現在)を持ち、本店に限っては土日限定で営業しています。沖縄そばのだしが店舗ごとに違い、地鶏・アグー豚・鰹節・ブレンドなど各店舗ごとにオリジナルの味で提供している「いしぐふー」。
いしぐふー外観
那覇市の那覇新都心公園の一角にある「いしぐふー新都心公園内店」は、広い公園の片隅にポツンとあり、ひっそりと営業しています。

「ひっそりと営業してるつもりはないんですが。笑」と話すのは店長の伊波竜一さん。

2007年10月17日、沖縄そばの日に開店した「新都心公園内店」。実はお昼時ともなると満席状態になる人気店だったのです。緑に囲まれたテラス席など、その意外な人気に迫ります。

那覇新都心公園の食事処「いしぐふー新都心公園内店」

いしぐふー新都心公園内店店内
大衆食堂の趣がある店内はカウンター席と三つのテーブル席があり、大人数過ぎると入りきらない計算です。
そこで外のスペースに設けてしまったテラス席。これが室内よりも席数が多く、実は人気の席だったのです、夏場以外は。
テラス席
赤いテントを張ったテラス席。緑の観葉植物に囲まれ、アウトドアな空気を漂わせています。

安定の定番メニュー「炙りソーキそば」

炙りソーキそば
卵がのった「いしぐふーそば」に「炙りソーキ」をセットした定番メニューの「炙りソーキそば」。沖縄そばのだしはアグー豚を使用しています。
いしぐふーそばのアップ
「いしぐふーそば」に卵焼きをのせたキッカケには由来があり、事実上元祖の沖縄そばとされる「ベェーラーそば」に卵のヒラヤーチーがのっていたことから、それをヒントにアレンジを加えたメニューだそうです。
炙りソーキ
トロットロに煮込んだソーキの表面をバナーで炙って焦げ目を付け、辛子やわさびをつけながら食べる「炙りソーキ」。そばの上にのせて食べるもよし、小ぶりながら厚みがあり食べ応えのある軟骨ソーキです。
断面が四角く厚みのある麺
この店のオリジナル麺は、断面が四角く厚みのある麺。一般的な沖縄そば麺と比較するとモチッとした食感があります。
ブラウンの器やお皿
そしていしぐふーで使用している茶色やお皿。これはいしぐふーのオーナーさんが趣味で手作りしている焼き物で、全店舗のすべての器をオーナー自ら制作しているそうです。

よく見ると、縁が歪んだ器に人間味を感じますね。

現在9店舗を営業する「いしぐふー」。各店舗で30個ずつの器を使用すると考えた場合、全部で270個の器が必要となります。そこに小皿や調味料入れ、卓上の箸置きセットの焼き物まであり、この数を全てひとりで制作しているオーナーさん。いったいいつどこで制作しているのか、そして睡眠時間はちゃんと取れているのか心配です。

100円の「温泉たまごかけご飯」がイリュージョン

温泉たまごかけご飯
特別な卵ではないけれど、温泉卵と白ご飯がセットになった「温泉たまごかけご飯」。一般的なTKG(卵かけご飯)とは少し違い、いしぐふーオリジナルの食べ方があるというので食べ方を伝授してもらいました。

これより、「温泉たまごかけご飯」を実食!
温泉卵
温泉卵を箸でつつくとトロリとした黄身が「こんにちわ!」と豪快に顔を出し、もうこれだけで満足しそうになります。
卵とご飯を混ぜている様子
青ネギとともに卵をむらなく白ご飯と混ぜ、全体に浸透させます。あまり時間をかけずに手早く混ぜるのがコツ。温泉卵は生卵と違ってゆでてある分、卵全体の水分がご飯に吸い取られていくからです。
2等分にして均等に小皿に振り分け
2等分にして均等に小皿に振り分けます。このあとどちらかの皿が
醤油をかけたTKGになり、もう1皿は「いしぐふーオリジナル」になれます。TKG同士に緊張の瞬間が走ります。

「いしぐふーオリジナルとは何か!?」

それはTKGに「いしぐふーそばのだし」をかけて食べること。つまり「いしぐふーそば」を注文し、その後沖縄そばのダシを残しておかなければ叶えられないTKGの革命!
いしぐふーオリジナル
そして大皿のTKGにダシが入りました!見事な「いしぐふーオリジナル」の
完成です。

スープの熱さで卵が少し固形化し、アグー豚が効いたダシ。おいしくないわけがありません。なんでしたら、小分けせずにす全ていしぐふーオリジナルで食べたいくらいです。

「これがたったの100円」

サイドメニューの名わき役どころか、メインディッシュに推薦したいほど大物ぶりのアピール。ただし残念ながら、いしぐふーそばを注文しなければ、このいしぐふーオリジナルTKGは成立しません。

「やはり主役は…沖縄そばだったのか」

サイドメニューから永遠に抜け出せない「温泉たまごかけご飯」の悲しい運命。そして「いしぐふーそば」の卵焼きと合わせてダブル卵攻撃にハマる背徳感といい、一度食べたら病みつきになりそうです。

食べ方はスタッフさんが優しく伝授してくれるのでお気軽にお声がけ
ください。
スタッフさん

スマートポイント

  • 各店舗ごとに沖縄そばのだしやメニューが違い、店ごとの味が楽しめます。
  • サイドメニューの1日限定20食の「特製水餃子」は皮から手作りしています。(店舗によって取り扱いなし。新都心公園内店では販売中)
  • 麺は丸麺に変更可能(数量限定)。

ライターのおすすめ

那覇新都心のオアシス的存在の「那覇新都心公園」で緑に囲まれながら熱々の沖縄そばを食べる。胃袋が喜びながら心穏やかなひと時の時間を過ごせます。ひと味違う沖縄そばをご堪能あれ。

miya-nee(みやねえ)

JTBの元ツアーコンダクター。現在はライターをはじめとして、Web講師、カメラマンなどと多岐にわたる仕事に取組む。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0