* menu
閉じる

沖縄おもしろ情報沖縄おもしろ情報

2016.11.19

八重山諸島の玄関口を徹底的に
活用、石垣港離島ターミナル

writer : 小川研

大人気の竹富島に、広大な西表島、日本最南端の波照間。そして、黒島、小浜島、鳩間島など…。八重山諸島各離島へのアクセスは、いうまでもなく石垣島からの船舶が基本です。発着の拠点となる「石垣港離島ターミナル」では、4基の浮桟橋を擁し、3社(以下情報すべて2016年10月現在)が高速船や貨客船(=フェリー。ただし乗船場は異なる)を運航。年間を通して、各島住民はもちろん観光客やビジネスマンなど、多くの利用者で賑わいます。ターミナル内には、小ぶりながらも食堂や売店も軒を連ねるため、ランチなどで待合時間を有効に使えます。また、コインロッカーやATMも設置され、ちょっとした用足しにも困りません。もちろん、港を象徴するモニュメント「具志堅用高の銅像」との記念撮影は必須です!
石垣港離島ターミナル

2007年近代的に生まれ変わった八重山各島への玄関口

新石垣空港からおよそ15km。石垣港離島ターミナルは、石垣島の中心部、南岸の美崎町に位置します。かつて「離島桟橋」という名称で親しまれていましたが、2007〜’08年に全面的に改修され、現在のモダンな大型ターミナルに生まれ変わりました。
石垣港離島ターミナル外観
まずは以下、案内図をどうぞ。

ハード情報としては、1階建て鉄筋コンクリート造、延床面積は約5,000m²。200席のベンチが設置された待合ロビーを中心に、北側に観光総合案内カウンター、海運業者の事務所や旅行代理店が窓口を構えています。運航は、古株の安栄観光と八重山観光フェリーに加え、石垣島ドリーム観光の3社。また、平田観光でも3社のチケットを購入できます。
待合ロビー
南側、浮桟橋出入り口から外の通路も屋根付きなので、雨の日も安心です。外国語対応のデジタルサイネージなども整備され、運行状況などを、簡単に確認できます。
石垣港離島ターミナル海側外観

乗船チケットは各社あれこれ便利な仕様に…

沖縄本島周辺のフェリーなどとは異なり、各社、乗船券購入に際して、乗船名簿はなく、連絡先などの記入も必要ありません。当然のことながら、各社、片道券より往復券のほうが割安です。また、往路は指定便で復路はオープンというのが、各社デフォルトのため、使いやすさも◎。
フェリー
なお、安栄観光と八重山観光フェリーに関しては、両社が運航する航路は“共同”です。どちらかのチケットでもう一社の船に乗れる点も覚えておきましょう。ちなみに、時刻表は「八重山、船の時刻表」で素早くチェックできます。
また、会社によっては、事前のネット予約で割引になる場合も。その他、数日間乗り放題のフリーパスなど、各社それぞれ独自のメニューを展開しているので、旅程に合わせてご活用を。
桟橋

待ち時間には手軽にランチ&お土産購入も♪

ターミナル内の東西それぞれに、売店や飲食店などが、大小さまざまに計12店舗ほどが営業しています。東側には、こぢんまりしたお店が所狭しと連なり、常に賑やかな様相。四つ並ぶ飲食店は、カウンター形式がほとんどで、八重山そばや、地元食材を用いた定食などを提供。いずれも、ワンコイン程度のお手ごろ価格なので、急ぎのランチにも困りません。
ターミナル内売店
また、食品やお土産店では、マンゴーやパイナップルなど、八重山産の旬な果物が、格安の卸価安で購入できる場合も! 船内でいただく弁当やスイーツはバラエティ豊富。ジューシーや油味噌など定番おにぎりはもちろん、ソフトクリームなどのスイーツも(ただし、客室での食事が禁止されている船舶もありますのでご注意を)。加えて、衣料、マリングッズや釣具もそろうので、旅先用のお買い物にも便利♪
その他、お土産用に目を凝らすと、ちょっと珍しいアイテムに出合えるかもしれませんよ。
お土産店

ロッカーにATM&展望台にモニュメントまで総チェック!

もちろん、旅人にうれしいファシリティも充実。コインロッカーは4箇所、大小合わせて計100個程が設置されています。料金は大500円、中400円、小(2種類)300円。ただし、各会社、300〜500円程度で、手荷物預かりサービスも便利です。
ターミナル内
ATMに関しては、ターミナル内には「JAバンク」、「沖縄銀行」、「セブン銀行」の端末が設置(なお、各離島には、ゆうちょ以外のATMはほぼありません)。

また、ターミナルの3階はちょっとした展望台風になっています。西側のトイレの前にあるスロープから登れるのでのぞいてみましょう。
ターミナルの3階からの眺め
そしていよいよ乗船!…の前に、浮桟橋入り口にてお見送りしてくれるのが、ターミナルの象徴的モニュメント! そう、かの有名な「具志堅用高の銅像」は、2013年12月26日、石垣島出身の元プロボクシング世界チャンピオンで現在はタレントの具志堅用高氏本人を迎えて、除幕式が行われた銅像です。さあ、燦然と輝く黄金の銅像脇で記念撮影を済ませたら、離島へ、いざ!
具志堅用高の銅像

スマートポイント

  • 待合所では無料Wi-Fiが使えるので、ネットで各島の事前情報をしっかりゲット! 何故なら、八重山の各離島では、石垣島ほどに電波状況は芳しくありません。場所によっては、完全な「圏外」も…
  • 港内の旅行代理店で、唯一「Tポイント」を使えるのが「平田観光」。他社の乗船チケットも購入可能なので、ユーザーはチェック! ちなみに「JALカード」、「楽天カード」も使用可な他、無料の荷物預かりサービスも。
  • 空港からのアクセスは、タクシー(所要約30分・料金約2,700円)と、バス2社(所要30〜45分・料金500円前後/15〜30分間隔)が運行。最も割安は、「カリー観光バス」の、往復割引チケット(900円)。なんと使用期限なし!

ライターのおすすめ

ランチ処で、個人的にオススメは、漁師直営の「くわっちぃー食堂 具志堅」。獲れたて近海マグロ料理が充実。ありそうでなかった、八重山そば+魚肉オンの「ツナそば」(650円)がお気に入り♡(電話/0980-82-0781)

小川研

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0