* menu
閉じる

観光観光

2016.11.01

[西表島]を東から西へ…
気ままにドライブ&お立ち寄り

writer : 小川研

八重山随一の、ダイナミックかつディープな大自然で知られる、“東洋のガラパゴス”西表島。人工的な観光スポットはほとんどありませんが、ちょっとした見所は随所に点在しています。東の大原港から北の上原港を経由して、車で行ける西の終点・白浜港まで。周遊道路の県道215線をドライブがてら、絶景や名所、ランチどころなど、ちょっとしたお立ち寄りポイントを気ままにご紹介♪
西表島

自然が織りなす絶景に心を奪われる東部

まずは大原集落から車で5分ほど、「古見のサキシマスオウノキ群落」に向かいます。この大迫力の植物は、奄美諸島以南に自生する常緑高木。屏風とでもいえそうな、波打つ板根が特徴です。
サキシマスオウノキ
波打つ板根
右手の「由布島」を過ぎると、すぐに西表島最東端の「野原崎(のばるざき)」に到着です。マンタの通り道である「ヨナラ水道」を挟んで小浜島、石垣島を展望台から一望できます。
野原崎
少し北上すると、「大見謝(おおみじゃ)ロードパーク」が見えてきます。八重山の島々を見渡せる展望台と、マングローブ林の中に伸びる遊歩道が整備されています。また、橋の下にでは小さな動物達を観察できる他、海辺に降りることも♪
川
海辺
東岸には、他にも多くの川や橋があるので、各々絶景スポットを見つけてみましょう。
絶景スポット
東岸の海側の絶景

ランチどころに宿☆ 最も賑わう北部は旅の要衝

続いて、両側を海に囲まれた「船浦橋」を渡って、島で最も栄える北部エリアでランチタイム♪
北部エリア
上原港の前にある「デンサー食堂」(住所:沖縄県竹富町上原558/☎0980-85-6453)で、定番の「八重山そば(中)」(500円税込)をオーダー。コクの効いたスープが自慢です。
デンサー食堂外観と八重山そば
お腹が満たされたら、島の北端辺り「うなり展望台」をチェックです。数百m先の「トゥドゥマリの浜」など、麗しい海岸線をじっくり堪能しましょう。ちなみにこちらは、夕陽スポットとしても有名です。
うなり展望台
麗しい海岸線
もちろん、北部最大の河川、浦内川もしっかり橋の上から見渡しましょう。
浦内川
なお、宿泊施設も北部が最も充実しています。例えば、高台からの絶景が見事&2匹の馬にも癒やされる「モンスーン」などは人気の宿です。
モンスーン外観や馬

いよいよドライブ旅もクライマックス! 終点・西部へ

北部から西の白浜港への途中、祖納(そない)周辺で目に付くのが「子午線モニュメント」。1997年国土地理院によって東経123度45分6.789秒の子午線が確認されました。それを記念して「子午線資料館」(残念ながら現在は展示などほとんどなし)とともに建立。モニュメントからは毎晩レーザー光線(4~9月 20:30~21:30、10~翌3月 20:00~21:00)が照射され、夜空に白い線が浮かび上がります。
子午線モニュメント
そのすぐ目の前の「前泊の浜」から、500mほど先の海に浮かぶ小島は、古典民謡や舞踏でも知られる「まるま盆山」。祖納湾内を池に見立てると丸い盆石に見えることが名前の由来です。夕陽バックの島影は何ともロマンチック…
まるま盆山
そして終点の「白浜港」に到着。時間があれば、ぜひ「船浮」にも足を運んでみてくださいね。
白浜港
ところで、ドライブがてらの各スポットで、ちょっとだけ細部に目を凝らしてみてください。昆虫や魚、鳥や小動物など、さまざまな野生達と出合えるはずです。何が出るかわからないワンダーなジャングル、それこそが、“東洋のガラパゴス”西表島の醍醐味です。運が良ければ、“あの”天然記念物にも出合えるかもしれませんよ!
花と蝶

スマートポイント

  • レンタカー会社によっては、東部↔北部間で、乗り捨てOKなプランもありますので、旅程に応じて活用をオススメします。ちなみに、繁忙期は空車がなくなりがちなので、早めの予約が必須!
  • 西表島には各種ツアーが豊富! 石垣島からの日帰りツアーに始まり、仲間川や浦内川、ピナイサーラの滝などをカヌーやトレッキングで巡るコンテンツが目白押し。時間がある方は挑戦すべし!
  • 県道215線は、東は南風見田から西の白浜まで、距離にして約53km、車で約70分(40km/h)。実は沖縄県内では最長の県道です。日帰り往復も不可能ではありませんが、ゆっくりお立ち寄りとはいかないため、やはり宿泊が◎!

ライターのおすすめ

西表島といったらやはり滝。ピナイサーラ、マリユドゥ、カンビレーなど有名ですが、個人的なイチオシはマヤグスク! その圧倒的な存在感と美しい造形に心を奪われる事必至…。気になる方は要ディープな検索!

小川研

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0