* menu
閉じる

沖縄おもしろ情報沖縄おもしろ情報

2015.03.22

楽しく単位が取れる美ら島
大学で女子旅を満喫

writer : 中本岩郎

女子会、女子力、女子旅など、
女性ならではの言葉が定着している昨今。
女性同士、仲の良い友人たちと気兼ねなく旅を楽しみたい。
家族やカップル、異性の友人とは違う、
「楽しみたい」女性だけの旅を楽しみたい方も多いのでは。
本島南部にある八重瀬町では、
そんな女性を応援してくれる体験型の女子旅プランがある。
方向を表した柱
参加者は、ちゅら島大学に入学するという設定で、
単位を取りながら卒業を目指す。
体験ごとに1~3と単位数が決まっており、
12単位を取ると卒業することができる。
料金は12単位で1万円となっており、
それぞれの体験プランを個別で受けることもできるが、
複数のプランを受けるのであれば美ら島大学に
入学した方が断然お得である。
“ちゅら”とは沖縄の言葉で美しいという意味で、
沖縄の美しい景色、文化、食を思う存分楽しめる企画になっている。

女子力をアップするなら

今回はモニターツアーということで、
9種類の体験コースから4種類をご紹介。
まずは、日替わりの果物や野菜を選び、
効能や味を考えて作るスムージー体験。美容・健康志向か、
美味しさ重視でデザートとして楽しむか、
自分だけのスムージーをご賞味あれ。
時期によっては地元の八重瀬町や近隣の市町村で
取れた野菜や果物を味わえる。
フルーツ
色合いや味を考えて食材を選ぶが、
ジューサーにかけて完成するまで分からないので、
考えている時間もまた楽しい。
シェーク
色鮮やかなスムージー、想像していた味わいになったかな?
みんなで食べると会話も弾む。
スムージーで体とキモチの女子力がアップしたら、
次は外側もアップしよう。自分の好みの匂いを作れる、
アロマ・香水作り体験。
ビーズ
香りの相性、バランスを考えながら分量を加減する。
気分に合わせて香りをチョイス。
体験を通じて単位を取るほどに、
女子力がアップしているように思えてくる。

自然を体験するなら

工作やインテリアが好きなら、
ランプシェード作りがおススメ。
海岸で取れた貝殻、サンゴ、シーグラスを組み合わせ、
世界に一つだけのランプシェードを作る。
貝殻アート
ハートのカタチをした貝殻は一つまで。
光が洩れるように、適度に隙間を残すのがコツなんだとか。
一つ一つ、個性的なカタチを紡ぐように作る。
貝殻アート2
同じ形はない、自然の個性が集まり一つの作品になっていく。
〈ランプシェードで使っている貝殻やサンゴは近くの海岸で
取れるとのこと。海岸までの道の散歩道の自然探索も単位に
なるというので、散歩をしながら次は海まで行くことにした。〉
〈具志頭遊歩道という〈約600m〉程度の道を30分程度かけて歩いて
いくのだが、遊歩道がある森には100種類もの草木や昆虫が生息している
ので、ガイドさんの説明があれば一層深く楽しむことができる。〉
山道は少し急な階段や、狭い場所もあるので歩くときは慎重に。
風景2
10分ほどすると山道を抜け玻名城ビーチに出る。
天然ビーチなので、監視員やシャワーなどの施設が無いかわりに、
〈手付かずの〉自然の中に貝殻やサンゴを見ることができる。
山道を歩かなくとも別の道から車で行ける〈ので、歩くのが億劫な方でも大丈夫。〉
風景1

女子旅の可能性

ちゅら島大学で沖縄や八重瀬町の自然、文化、食を体験し、
入学から卒業まで1日~2日間という短い在籍期間ではあるが、
自分に合ったメニューを存分に楽しむことができる。
自然の橋「ハナンダー」
琉球石灰岩で出来ている自然の橋「ハナンダー」
体験していくと八重瀬町の魅力を大切に生かしている
ことに気づかされる。
楽しいだけでなく、地域の魅力を再発見しながら、
自分磨きもできる女子旅の可能性。
これから目が離せなさそうだ。今回紹介した体験のほかに、
宿泊施設や飲食店で使える割引クーポンや
シーカヤック体験、シーサー巡り、まち歩きもあるので
是非参加してみたいものだ。

ご紹介した内容は、2015年2月21日に行われたモニターツアーの様子です。
コースの詳細や参加方法については、下記連絡先からご確認ください。
男女同伴での参加は可能です。
男性のみでの参加は受け付けておりませんが、
別の体験メニューがございますので、事前にご確認ください。

中本岩郎

地域の青年会に所属し、エイサーを通し真心溢れる沖縄の人々の虜に。地域に根付く文化の深部を発信する。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0