* menu
閉じる

沖縄おもしろ情報沖縄おもしろ情報

2018.03.02

まだまだ人気のナイトプール
オクマナイトプールが帰ってきた!

writer : 編集部

2017年に大流行、好評だった「オクマ ナイトプール by BACARDI」が今年も帰ってくる!
GWは沖縄で、オクマで女子会決定!
日中は沖縄の青空とエメラルドグリーンの海、夜はナイトプールとインスタ映えする写真が撮りまくれること間違いなしです!

オクマ

オクマ

「オクマ ナイトプール by BACARDI」は日が沈み暗くなった頃からスタート!

沖縄は日本列島の中でも西に位置するので、 普段住まわれている関東地方などよりも日の入りが遅いんです。
GW期間中は午後7時前後が日の入り時間です。
日中はティダカンカンな南シナ海を十分に満喫したり、レンタカーで観光地を回ったりと思い思いに過ごして、早めにホテルに戻り、プライベートビーチでサンセットをパチリ。

オクマ

オクマ

日の入りとともにナイトプールスタートです!

オクマ

オクマのナイトプールは、ただ夜にプールを開放するだけではないです。
JAZZの生演奏とオリジナルカクテルで南国リゾートムードを演出。

オクマ

入場料は無料で宿泊者限定なので、都会のナイトプールのように人であふれかえることもありません!

日焼けを気にせずにナイトプールを楽しんだ後は、お部屋で楽しく語らってください!
オクマ プライベートビーチ&リゾートは、通常の大きな建物にお部屋が並んでいるようなホテルではなく、広大な敷地内に点在するコテージが客室。
酔い覚ましに気軽に外に出ることができます。

オクマ

もちろん共有スペースやお部屋での大騒ぎはNGですが、南国のコテージだと解放的になりますよね!

スポット名
住所 〒905-1412 沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
備考 開催日:2018年 4月28日(土)・29日(日)
5月3日(木)・4日(金)・5日(土)
時間:18:30~21:00
※雨天時は中止となります。
※ドリンクは別途有料です。
オクマ プライベートビーチ&リゾートの詳細を見る

オクマ プライベートビーチ&リゾート

オクマ

車で約120分、沖縄本島北部、やんばるにあるリゾートホテルであるオクマ プライベートビーチ & リゾートは、 背には亜熱帯の森、目の前は1kmも続く白浜のロングビーチが広がるリゾートホテルです。
実は沖縄には天然ビーチが少ないんです。 オクマのビーチは貴重な天然ビーチ、そして水質は最高ランク(水質AA)。ビーチだけでも贅沢なロケーション!

オクマ

さらにホテルの敷地は約10万㎡と広大!広大な敷地内にコテージが点在しています。

オクマ

お部屋をご紹介!

グランドコテージ

一番のおすすめルームがグランドコテージです。 グランドコテージの宿泊者だけのVIP待遇がたまらない! チェクイン時は専用カウンターでお手続き、ウエルカムドリンクを飲みながら、フロントの混雑を尻目にゆったりとチェックインの手続きができます。 更に、滞在中のレンタカーの管理はホテルにお任せ。ホテルスタッフが移動してくれますので、お出かけの際も駐車場まで歩く必要がありません。 また、専用ラウンジ「潮風のラウンジ」が利用できます。 このラウンジはグランドコテージ宿泊者専用で、朝食、ティータイムの特性スイーツ、バータイムのアルコールやアンティパストが全て無料で利用できます。 グレードアップルームとなりますが、特別な旅行に、非日常の贅沢な時間を過ごせること間違いなしです。

オクマ

ガーデンヴィラ

広大な敷地内の緑の中に佇む戸建てタイプのお部屋です。 ホテルのメイン建物、ビーチに近く、移動が便利。 建物が独立しているので、隣の音が気にならない。 仲間同士、家族同士でゆっくり寛ぐことのできるグレードアップルームです。

オクマ

メインコテージ

こちらも基本のお部屋です。ホテルのメインの建物やビーチからは少し離れていますが、その分お部屋の周りは閑静で過ごせます。 荷物の移動などはカート送迎を頼めるのでご安心を。 48㎡以上の広さがあり、ベッドは正規のベッド3台が常設されています。 3名旅行の場合、1台はエキストラベッドやソファーベッドになってしまう場合が多いですが、このお部屋を選べばそんな心配はいりません。 また、洗面スペースも押したいポイントです。 洗面台が2つあるんです。 女性同士の旅行の際の洗面スペースの順番待ちって結構ストレスですよね。 メインコテージを選択すると、朝の支度時間がスムーズですね。

オクマ

パームコテージ

基本のお部屋です。駐車場、レストランやビーチに近いコテージなので、広大な敷地内の移動が少ないのがメリットです。 2008年6月にリニューアルオープン。マリンブルーとホワイトを基調とした明るい室内で、カジュアルな雰囲気で過ごせます。 白いウッドテラスでのんびり過ごすのがおすすめ!

オクマ

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0