* menu
閉じる

おみやげおみやげ

2016.03.11

[久米島]海洋深層水
ふれあい館で特別なお土産探し

writer : 糸数麻美

久米島には、たくさんの名産品があります。数が多いだけに、何を買おうか迷ってしまう、そんな方は、久米島海洋深層水アンテナショップ「ふれあい館」へ。
ふれあい館外観
ちょっと旅の自慢がしたくなる、久米島ならではのお土産がズラリとそろっています。

ショッピングを楽しむ

久米島海洋深層水アンテナショップ「ふれあい館」は、商品の販売以外にも、ミニ観光案内所として、島の情報などを発信しています。
ミニ観光案内所の看板
商品の販売
お店を利用した全国各地のお客さんからは、続々とお礼の手紙や写真が届いているそうです。
お礼の手紙や写真
こんなに多くのお客さんから親しまれている。それには、こんな理由がありました。
この場所は、ふれあいをとても大切にしているのです。

店内で取り扱っている商品は、すべてオーナーさん自らが実際に使って、納得した商品のみ置かれています。
例えば、久米島の海洋深層水から作られた、女性に人気の化粧品も、すべてオーナーさんが実際に使用しているので、悩んでしまいがちな化粧品選びも、親身になってアドバイスしてくれます。
海洋深層水から作られた化粧品
実は、久米島で作られているお塩だけでも、数種類発売されています。
久米島で作られているお塩
お塩
「製造工程によって、味も舌触りもおもしろいように違ってくるのよ」と、商品ごとの良さを教えてくれたオーナーさん。うれしいことに、お塩の味比べができるので、自分好みのお塩を見つけられるかもしれません。

中でも、このくめじまマース。
くめじまマース
新月と満月の満潮の時にくみ上げるというこだわりのお塩。島内でも限られたお店でしか販売していないレアなお塩だそうです。月のリズムに合わせ、お塩を使い分けるのもまたおもしろそうです。

アットホームな雰囲気の店内は、また久米島に来たら寄りたくなる。
久米島の旅が更に楽しくなる、そんなお店でした。

実は、ランチも楽しめます。

海洋深層水アンテナショップ「ふれあい館」では、平日11時45分~12時30分までの時間帯は、ランチバイキングをOPENしています。島野菜をふんだんに使った家庭的な料理は、連日常連客に好評で、12時過ぎには、すでに完売という日もあるそうです。

バイキング形式なので、自分の好きな物を食べたい分だけトレーに詰めていきます。このまま、お店で食べても、テイクアウトしてもOK。なんといっても、1g1円の量り売りは魅力的です。
ランチバイキング
量り売り
また、ランチタイム以外の時間は、ふれあいカフェとして営業中。トロピカルマンゴーやパインジュースなどのドリンクが店内で飲めるので、休憩にも最適。海洋深層水で淹れたコーヒーは、まろやかな味わいで、何も入れずに飲むのがオススメだそうです。私も、オーナーさんオススメのフレッシュハーブティーをいただきましたが、生のレモングラスは、とても香り豊か。ちょっとリッチなティータイムになりました。
フレッシュハーブティー

周辺を散策してみよう

周辺散策にピッタリな地図
海洋深層水アンテナショップ「ふれあい館」の周辺散策にピッタリな地図を店内で発見しました。
真謝(まじゃ)や美崎(みさき)周辺は、昔ながらの久米島の民家も多く、久米島紬の織子さんもいる地区です。ユイマール館やチュラ福木など観光名所もあるので、じっくりと歩いて回るのも楽しいですよ。もしかすると、地図に書いてあるキジムナーにも会えるかもしれませんね。

お土産選びや、島のことで迷ったら、是非海洋深層水アンテナショップ「ふれあい館」をのぞいてみてくださいね。

スマートポイント

  • 毎年6月に開催している海洋深層水イベントや年末年始に、店内で取り扱っている島コスメが、なんと20%OFFで販売されるそうです。
  • 平日ランチは、なくなり次第終了になるので、大人数で利用の場合は、前日までにご予約を。
  • 2名以上であれば、土・日・祝日は、事前予約の方専用に予算に合わせたお任せランチも承っているそうです。まずは、お電話にてお問い合わせください。

ライターのおすすめ

久米島ならではのお土産を探してみたい、そんな方の強い味方になってくれるお店です。ふれあい館周辺は、カフェや飲食店もないので、観光中の休憩にもピッタリな場所ですよ。

糸数麻美

東京出身。元旅行代理店カウンター勤務。島で唯一のベビーシッターが、魅力いっぱいの久米島をご案内します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+