* menu
閉じる

おみやげおみやげ

2015.07.25

[伊良部島]伊良部大橋開通!
島のスーパーに行ってみた!

writer : ほりかわくみ

2015年1月31日、宮古島と伊良部島の間を結ぶ伊良部大橋が完成しました。

全長3,540メートルの通行料金を徴収しない橋としては日本最長の長さになります。

橋が繋がるまで島へはフェリーでしか行き来することができませんでしたが今ではいつでも気軽に車で横断することが可能になりました。

これから夏に向けて島を訪れる観光客が多くなります。せっかくだったら沖縄や地元の物に見て触れて欲しい。

ということで、地元の物に気軽に出会える場所といえばここ。
まるきスーパー1
島の人たちが普段から利用しているスーパーです。一体、島のスーパーにはどんなものが売られているのか?

今回は伊良部大橋を渡ってから車で約10分ほどの場所にあるまるきスーパーさんに取材に行ってきました。

新鮮な魚の種類が豊富

では早速、島ならではの物を探してみよう!ということで生鮮食品の売り場へと向かいました。

すると真っ先に目についたのはこれ。
まるきスーパー2
まるきスーパー3
まるきスーパー4
まるきスーパー5
島で獲れた鮮魚の刺身の数々。

馴染みのある魚もありますがマチとイラブチャって何の魚かわかりますか?

ちなみに、マチとはフエダイ科・ハマダイ亜科・チビキ科・ムツ科などの魚の総称でイラブチャはアオブダイのことです。

こんなにもたくさんの種類の魚が揃うのは海に囲まれた島ならでは。

ちなみにどれもその日に獲れた新鮮なものばかりです。

沖縄の魚は淡白であまり美味しくないというイメージがありますが私個人的に言うと、脂がのっているとそんなに量が食べられないので淡白なくらいが好みです。

島豆腐は袋入り

沖縄の豆腐といえば島豆腐。

豆腐なんて日本全国どこでも見かけるものだと思いますが島の豆腐の珍しいところはプラスチックなどのパッケージに入ったものではなくビニール袋に入ったものが売られています。

島豆腐は本土のように豆腐を水で冷ましてからではなく出来立ての熱い状態のものを売り出します。熱い状態で袋の封を閉じて販売すると豆腐が腐ってしまうので冷ますためにも袋を開けた状態で売っているのだとか。(冷めたら封を閉じるようです)
まるきスーパー6
出来立て熱々の島豆腐はとてもふわふわな食感で味が濃厚で美味しいんですよ。

伊良部島の人気商品

島には2件のパン屋さんがあります。

パンの種類も豊富でその中でも特に人気なのがまるそうさんのうずまきサンドです。
まるきスーパー7
うずまきになったパンの間にバタークリームが挟まっているのですがそのクリームの中に砂糖が溶けずにそのまま残っているのでジャリジャリとした食感が楽しめます。
まるきスーパー8
その他にもいろいろ種類がありました。

さらにこんなものもありました。
まるきスーパー9
「伊良部げんまい」と名のつくピンク色の物体。

書いてある通り、もち粉と砂糖と水を混ぜたものに食紅で色がつけられたドリンクです。

飲んでみると味は想像していたよりも甘くないのですが見た目の色に抵抗があり、もち粉が入っているのでとろみがあってグビグビ飲むことはできませんでした。

島では昔から飲まれているそうですがでもなぜピンクなんだろう。

興味のある方はチャレンジしてみてくださいね。

その他、島や沖縄ならではの商品も多数揃います

まるきスーパー10
島には泡盛の酒造所がありそこで造られた泡盛ももちろん販売しています。

これは一升瓶が包装され2本1組になったもの。お祝いの多い島なので、このように2本1組になった泡盛をご祝儀として持って行きます。
まるきスーパー11
左がアイスボンボン、右がアイスケーキ

このアイスも島で作られていて島の子供達にとても人気があるそうです。

暑い島の夏にぴったり。

島人(しまんちゅ)の温かさに感動

というわけで今回は伊良部島ならではの商品だけに関して取材をしましたが宮古島の人口の約1割ほどしか住んでいない島なのに意外に種類が多いと感じました。

これはあくまで私の推測ですが今まで島から宮古島へはフェリーでしか行き来できなかったこともあり台風などの悪天候で欠航になると長期間に渡り物流が滞り宮古島や沖縄本島から商品を仕入れることができなくなるため島だけの独自の生産・販売ルートで成り立っていた商品が数多く存在するのではないかと思いました。

商品について、店員のお姉さんや買い物に来ていた島の人に質問をしてみたのですがみなさんとてもフレンドリーで優しく色んなことをとても丁寧に教えてくださいました。

スーパーに行って島の物に触れるだけでなく島人と交流するのも、島へ遊びに行く楽しみのひとつだと思いました。

橋が繋がったこの機会に伊良部島へ訪れてみてはいかがですか?

スマートポイント

  • 島限定の商品が豊富で、お土産にも最適
  • 惣菜やお弁当なども売っているので、買って近くのビーチで海を見ながら食べるのも良い
  • 2階のレストラン入江では島の食材を使った定食などが味わえる。中でも近海で獲れた新鮮な島魚が食べられる刺身定食がおすすめ

ライターのおすすめ

島のスーパーはとてもローカル感があふれていて、宮古島にある大手のスーパーにはない温かさを感じました。島人とのふれ合いも旅の思い出になると思うので、島に行くことがあればぜひ立ち寄って欲しい場所です。

ほりかわくみ

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+