* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.11.30

おいしいパンケーキといえば
C&C BREAKFAST

writer : 福田展也

C&C BREAKFAST
「旅先で食べるおいしい朝食」をコンセプトに、ハワイでポピュラーなメニューを提供しているC&C BREAKFASTは沖縄在住の外国人や海外からの旅行者に人気が高い。実際のところ、「沖縄本島でおいしい朝食を食べられる店は?」と内地に住む友人にたずねられた時、まず思い浮かぶのは北中城のローズガーデンかこの店だ。
幅広いメニュー
パンケーキにフレンチトースト、エッグベネディクト、そしてサンドイッチにオムレツなどなど。人気メニューは友人に聞いても人それぞれ。いろんな好みに対応できているということなのだろう。

沖縄は朝が楽しい

店内の様子
C&C BREAKFAST
お店があるのは沖縄の胃袋を支える公設市場のすぐ近く。昭和の面影が残るエリアに、北欧スタイルのおしゃれなお店。沖縄だとこの組み合わせが妙に絵になる。でも、なぜ沖縄でハワイの朝食なのだろう?
オーナーの宮島修さんにたずねてみたらこんな答えが返ってきた。

「ハワイの朝はとっても早いし、どの店も朝食がおいしい。旅行して印象的だったのは、朝食の豊かさです。そういう朝食の文化をハワイと共通点が多い沖縄で提供してみたいと思ったんです」
まだほの暗い時間帯の沖縄
沖縄も朝はとっても気持ちいい。冬でも手がかじかむほど気温が下がることはないから、早起きすることは苦にならないし、まだほの暗い時間帯に
グレーブルーな世界に飛び出すと、独り占めしてるみたいで得した気分を楽しめる。長い夏の間だと、太陽が昇った途端に殺人的な南国の太陽が照りつけるから、朝は屋外で心地良く過ごす貴重な時間になる。

グラノーラもコンビーフも自家製

住んでいてもそうなのだから、旅行で来ているみなさんにとって、早起きして楽しむ沖縄の朝はさらにご機嫌な時間に違いない。

気分よく早起きした朝は、当然お腹がグーッと鳴くのが早いだろうし、ボリュームもいつもより大きいはず。そんな朝にぴったりなのが丁寧に料理されるこの店の朝食なのだ。
公設市場のすぐ近くにあるから新鮮な食材やフルーツには困らない。おいしいパパイヤはこのお店、ゴーヤーはその店と、お気に入りの八百屋が何軒かあるそうだ。

ソースやドレッシングはもちろん、グラノーラやパストラミビーフ、コンビーフに至るまで作れるものは可能な限りC&C BREAKFASTのオリジナル。そして、スパイスやハーブを魔法のように上手に使う。こだわりはそれだけではない。

100点満点の完璧な朝食!

キッチンを担当する鈴木賀月(かづき)さんたち
「朝食のボリュームって個人差があるじゃないですか。朝からがっつり食べる人もいれば、スープ1杯で済ませちゃう人もいますよね」

キッチンを担当する鈴木賀月(かづき)さんは朝日のように眩しい笑顔でそう語る。
オリジナルスープ
そう、この店にはいろんな人に対応するメニューがそろっているのだ。一杯のスープですませたい人には、細かく挽いたレンズ豆と玄米をメインにトマトとハーブで味付けしてコトコト煮たオリジナルスープ(¥486/食事とセットの小サイズは¥216)。
ルーベンサンドウイッチ
ファーマーズサラダ
モリモリ食べたい人には自家製のコンビーフとザワークラウトをサンドした「ルーベンサンドイッチ」(¥918)。スープは体の内側が隅々まで浄化されるような温かい味がするし、コンビーフからは塩漬けした牛肉をじっくり数日寝かせているせいか、優しい味わいがする。付け合わせのポテトといったら絶品だ。ミックスハーブとガーリックがカリッとした食感と奏でているハーモニーは沖縄で一番かもしれない。季節の島野菜とパパイヤのボリューミーな「ファーマーズサラダ」(¥918)を合わせれば100点満点の完璧な朝食を味わえる。

なんといってもスフレパンケーキ

そして、ぜひ食べてほしいのがスフレパンケーキ。厚みがあってふわふわした食感のパンケーキはC&Cの自慢のメニュー。「ふわふわ」と文字にするのは簡単だけど、完成形にたどり着くまでは困難の連続だったいうのがよく分かる初めての食感。
フルーツスペシャル
子どものころ、「青空に浮かぶふわふわの雲を食べたらどんな味がするかなあ?」と想像してみたことがある人は多分少なくはないでしょう。そう、あの空想上の「食べられる雲」のような、舌で転がすとフルフルと揺れて溶けてく感じ。それがスフレパンケーキのふわふわ感だといったら、いい過ぎになるだろうか?

イチオシのフルーツスペシャル(¥1,512)はキャラメリゼしたリンゴに、バナナ、ブルーベリー、ストロベリー、オレンジとフルーツのオンパレード。

サワークリーム系の隠し味で仕上げたホイップクリームは甘すぎないから、食欲のない時や、お酒を飲み過ぎた次の朝に食べても、すーっと喉を通ってくれるはず。

論より証拠、とにかく他では味わえないオリジナリティをお試しあれ。

「1日のスタートをおいしい朝食で楽しんでほしい」

ジンジャーバジルレモネード
ホームメイドグラノーラ
お口直しはツブツブした生姜にバジルとレモンが加わって大人の世界を感じさせる「ジンジャーバジルレモネード」(¥648)。そしてデザートにもおすすめなのが沖縄で話題急上昇中のLittle GREEK Kitchenの濃厚なギリシャヨーグルトとフレッシュフルーツ、カカオニブをトッピングした「ホームメイドグラノーラ」(¥864)。自家製のグラノーラとクリームチーズのようにリッチなヨーグルトのマリアージュはなかなかのもの。

「1日のスタートをおいしい朝食で楽しんでほしい」という鈴木さんの言葉通り、C&C BREAKFASTの「朝食」は食べる人を元気にする。せっかく沖縄に来るのなら、さんさんと降り注ぐ南の島の太陽と、ミネラルたっぷりの大地が生み出すエネルギーをおいしく味わってみてはいかがだろうか。

スマートポイント

  • 朝ごはんと一緒にごくごく飲めるようにと、試行錯誤を重ねてでき上がった香り豊かでシャープな味わいのオリジナルコーヒー(¥432)をぜひお試しください。
  • 自慢の「ホームメイドグラノーラ」は初めはミルクやフルーツソースは控えめにしてギリシャヨーグルトの味わいを楽しんでください。
  • お土産にはオリジナルのグラノーラ(¥950~)を。

ライターのおすすめ

お店の周辺では昔ながらの沖縄の商店街の雰囲気を楽しめます。食前または食後に、のんびり散歩を楽しんでみてください。特に市場通りの筋道がオススメです。野菜や惣菜、乾物を売るおばさんたちと会話を楽しみながらショッピングを楽しめますよ。

福田展也

目下の趣味はサーフィン・沖縄伝統空手・養蜂。心で触れて身体で書けるようになることが10年後の目標。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+